全集・シリーズ

マクラノソウシホウジョウキツレヅレグサ

枕草子/方丈記/徒然草

酒井 順子

高橋 源一郎

内田 樹

単行本 46変形 ● 534ページ
ISBN:978-4-309-72877-3 ● Cコード:0393
発売日:2016.11.24

定価3,024円(本体2,800円)

○在庫あり

  • 英知とユーモアの傑作、平安の清少納言「枕草子」、鎌倉の激動時代の震災文学、鴨長明「方丈記」、人生訓である吉田兼好「徒然草」。日本三大随筆を現代の名手による新訳・全訳で収録。

    自然や人間の本然を鋭い感性で綴った、現代に通じる三大随筆。斬新な新訳で全訳収録


    随筆とは筆に随うの意である。それで筆がどれほど自在に遠くまで人を連れ出すことか。現代の日本人の感受性はこれらの随筆に由来すると言ってもいい。――池澤夏樹

    <新訳にあたって>
    酒井順子(枕草子)
    枕草子と向き合う時間は、親しい友と語り合うかのように流れてゆきました。千年前にも「気が合う人」はいるという喜びを、読者の皆様にお届けできればと思います。

    高橋源一郎(方丈記)
    「方丈記」は、この国の歴史上、もっとも短くてなおかつ有名な散文だ。乱世と天変地異が続いた動乱の時代に生きて、作者は極限まで「書かない」ことを選んだ。その謎に迫りたい。

    内田樹(徒然草)
    「現代語への翻訳」というときの「現代語」とはどういう言葉を指すのか、考えるとよくわかりません。とりあえず、「自分がふだん使っている言葉」なら現代語だろうと思って訳しています。

    「春はあけぼの……」一条天皇の中宮定子に仕えた宮中での生
    活を英知とユーモアの筆致で綴った平安の清少納言「枕草子」。
    「ゆく河の流れは絶えずして……」波瀾に満ちた人生を送り、
    鎌倉前期の大火や地震などの自然災害や人災に見舞われた体
    験を綴った最初の災害文学・鴨長明「方丈記」。「つれづれなる
    ままに、日くらし硯にむかひて……」鎌倉末期の無常観に基づいた随想や
    人生訓を鋭い洞察で記した兼好「徒然草」。現代の名手による
    新訳・全訳で収録。

    解説=池澤夏樹
    解題=枕草子 藤本宗利
    方丈記・徒然草 浅見和彦
    ◎月報=上野千鶴子・武田砂鉄
    ◎帯写真=花代

著者

酒井 順子 (サカイ ジュンコ)

1966年東京生まれ。エッセイスト。高校在学中にコラムを執筆。立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。著書に『子の無い人生』など。

高橋 源一郎 (タカハシ ゲンイチロウ)

1951年、広島県生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で三島賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎賞を受賞。

内田 樹 (ウチダ タツル)

1950年東京生まれ。思想家、エッセイスト。2007年『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、10年『日本辺境論』で新書大賞2010を受賞。11年伊丹十三賞受賞。著書に『寝ながら学べる構造主義』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳