検索結果

850件中 2140件を表示 | 表示件数   件

お金がない!

日本文学

お金がない!
暮らしの文藝

赤塚 不二夫平松 洋子 著 高野 秀行

古くから作家と切っても切れない「貧乏」。貸し借り、浪費、五百円玉貯金……お金は人を変え、また素にもする。懐は寒くとも心は温かくなる、名作30篇。お金の姿形が変わりゆく今こそ必読!

  • 単行本 / 208頁
  • 2018.12.13発売
  • ISBN 978-4-309-02763-0

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
世界の国境を歩いてみたら…

日本文学

世界の国境を歩いてみたら…

世界の国境を歩いてみたら…取材班

BS11の大人気番組「世界の国境を歩いてみたら…」がついに書籍化! 世界中の国境で、その土地の文化・風俗・絶景をハンティング。おもわず旅に出たくなる一冊。国境には物語がある!

  • 単行本 / 128頁
  • 2018.12.11発売
  • ISBN 978-4-309-02769-2

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
テレビもあるでよ

日本文学

テレビもあるでよ

坪内 祐三

いつも「最近のテレビはつまらない」と言いつつ、テレビばかり観ている著者が、ドラマ、音楽、バラエティ、お笑い、ニュース、討論、相撲、野球などあらゆる番組を鋭く批評する。

  • 単行本 / 248頁
  • 2018.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-02762-3

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の後片づけ

日本文学

人生の後片づけ
身軽な生活の楽しみ方

曾野 綾子

「50代のいつかだったような気がする。私は突然、整理が好きになりうまくなった」。いらないものを捨て、空間を増やし、身軽な暮らしを楽しむ。豊かな老いへの知恵溢れる、身辺整理の極意!

  • 単行本 / 208頁
  • 2018.11.26発売
  • ISBN 978-4-309-02754-8

定価1,080円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる

日本文学

人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる

谷山 洋三

臨床宗教師(宗教・宗派の垣根を越え、公共の場で人々の心のケアをする宗教者)が、今まで多くの「死」と向き合ってきた経験から、後悔しない死の迎え方、おくり方を語る。

  • 単行本 / 200頁
  • 2018.11.21発売
  • ISBN 978-4-309-02752-4

定価1,188円(本体1,100円)

○在庫あり

詳細を見る
猫も老人も、役立たずでけっこう

日本文学

猫も老人も、役立たずでけっこう
NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。

養老 孟司

食う寝る遊ぶ、ときどき邪魔。それでいいじゃないですか。――NHKの人気番組「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」から生まれた、養老センセイと愛猫まるの老老コンビが贈る痛快エッセイ!

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-02747-0

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
超訳 蓮如の言葉

日本文学

超訳 蓮如の言葉
どうせすぐに死ぬんやから、しっかり今日を生きるんや!

上田 賢一

動乱の時代に語られた蓮如の教えが、現代人への救いの言葉としてよみがえる。「いやほんま、幻のような生涯や。一万年を生きた人なんかいてへん。一生なんてあっという間の出来事やで」

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.10.28発売
  • ISBN 978-4-309-02741-8

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
私説 集英社放浪記

日本文学

私説 集英社放浪記
「月刊明星」「プレイボーイ」から新書創刊まで

鈴木 耕

集英社に入社後、「月刊明星」「月刊PLAYBOY」「週刊プレイボーイ」ほか部署移動を繰り返した末、集英社新書の創刊編集長を務めた編集者が語る、出版社ジャーナリズムの黄金時代。

  • 単行本 / 232頁
  • 2018.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02738-8

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
猪木流

日本文学

猪木流
「過激なプロレス」の生命力

アントニオ猪木村松 友視

プロレスを表現にまで高めたアントニオ猪木と、猪木を論じることで作家になった村松友視が、猪木流人生の全軌跡を振り返り、いまだに鮮烈な生命力を放つ過激な名勝負の数々を語り尽くす!

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02740-1

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
にゃんこ天国

日本文学

にゃんこ天国
ごきげん文藝 猫のエッセイアンソロジー

内田 百閒佐藤 春夫 著 佐野 洋子 06857 保坂 和志村山 由佳吉本 隆明

「猫愛」があふれて止まらないエッセイ33篇を精選収録。猫の魅力を余すことなく伝えるこの本は、読んでほっこり、猫がもっと好きになる、きっと猫が飼いたくなる猫アンソロジーの決定版!

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-02732-6

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
鎌倉の家

日本文学

鎌倉の家

甘糟 りり子

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、縁側からは庭に咲き誇る四季の花々、摘み草料理の食卓……。風情ある鎌倉の日本家屋で育った著者が、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描く長篇エッセイ。

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.09.26発売
  • ISBN 978-4-309-02728-9

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
ぼくは本当にいるのさ

日本文学

ぼくは本当にいるのさ

少年アヤ

自身の過去やセクシャリティと向き合ってきた少年アヤが、なにもかも捨て、骨董品屋で働いていた日々を私小説として描く。「ぼく」が、ものや人を通じて「生」を組み立てていくものがたり。

  • 単行本 / 208頁
  • 2018.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-02727-2

定価1,566円(本体1,450円)

○在庫あり

詳細を見る
変わらない店

日本文学

変わらない店
僕らが尊敬する昭和 東京編

井川 直子

人が生きるための糧、一瞬で消えてしまう味。そこに人生を懸ける人たちは祖父母の時代から孫の時代にわたり共感している――今、東京でいちばん旬な店を作る人が尊敬するすごい「昭和」を紹介。

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-02729-6

定価1,998円(本体1,850円)

○在庫あり

詳細を見る
辺境の路地へ

日本文学

辺境の路地へ

上原 善広

北は北海道道北から、南は沖縄まで、さまざまな辺境・路地裏、津々浦々を体験レポート。やり手のおばちゃん、行きずりのおねえさん……ぎりぎりで生きる生の声。

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.08.23発売
  • ISBN 978-4-309-02726-5

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
君の唇に色あせぬ言葉を

日本文学

君の唇に色あせぬ言葉を

阿久 悠

時代を超え、人々の心に深く刻まれる阿久悠の言葉には、未来への希望が溢れている。いかに自分らしく生き、今日とは違う明日へつなげるか。人生に悩める全ての人に捧ぐ、感動の箴言集。

  • 単行本 / 200頁
  • 2018.08.16発売
  • ISBN 978-4-309-02725-8

定価1,242円(本体1,150円)

○在庫あり

詳細を見る
人生を変えるアニメ

日本文学

14歳の世渡り術

人生を変えるアニメ

河出書房新社

楽しいアニメ、悲しいアニメ、美しいアニメ、悩ましいアニメ……人生に必要なことは、すべてアニメが教えてくれる! アニメ監督、声優、小説家etcが中高生に本気で薦める決定版アニメガイド。

  • 単行本 / 212頁
  • 2018.08.14発売
  • ISBN 978-4-309-61714-5

定価1,458円(本体1,350円)

○在庫あり

詳細を見る
小岩へ

日本文学

小岩へ
父敏雄と母ミホを探して

島尾 伸三

「死の棘」の「舞台」となった小岩、およびミホが入院することになる場所を含めたその周辺の土地、そして神戸へ。彼らの子どもにその思い出はその場所は、どう立ち上がるのか。

  • 単行本 / 224頁
  • 2018.08.13発売
  • ISBN 978-4-309-02723-4

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
山の彼方の棲息者たち

日本文学

森林官が見た
山の彼方の棲息者たち

加藤 博二

山の奥深くに住んだ、サンカや炭焼きや山女の物語。哀しくもまた愛らしい、純情な人びとの世界。山には山の憂いあり、そこは郷愁の、心休まる魂の世界。全24話。

  • 単行本 / 232頁
  • 2018.08.09発売
  • ISBN 978-4-309-22742-9

定価1,566円(本体1,450円)

○在庫あり

詳細を見る
あぁ、くたびれた。

日本文学

あぁ、くたびれた。

高峰 秀子

高峰秀子単行本未収録エッセイ集成。20代から最晩年まで。恩師の話、ファッションの話、女優について、成瀬監督の思い出、志賀直哉への手紙……暮らしと生き方への思い。

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.07.26発売
  • ISBN 978-4-309-02712-8

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
IKEAマニアック

日本文学

IKEAマニアック

森井 ユカ

他に追随を許さない雑貨コレクターの森井ユカが、自らの原点「IKEA」をさらにさらに究極までディープに極めたコンプリートブック登場! IKEAの魅力がすべてこの一冊に。

  • 単行本 / 128頁
  • 2018.07.25発売
  • ISBN 978-4-309-02716-6

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る