検索結果

316件中 121140件を表示 | 表示件数   件

「在日特権」の虚構

政治・経済・社会

「在日特権」の虚構
ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ

野間 易通

在特会はなぜ生まれたのか? 在特会が主張する「在日特権」とは何か? 膨大な資料と現地取材によってその虚構性を暴き出す、「レイシストをしばき隊」創設者による言論しばき。

  • 単行本 / 208頁
  • 2013.11.21発売
  • ISBN 978-4-309-24638-3

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
性と柔

政治・経済・社会

河出ブックス

性と柔
女子柔道史から問う

溝口 紀子

バルセロナ五輪柔道銀メダリストにして気鋭のスポーツ社会学者が、女性史と柔道史をロジカルにかけあわせる。不祥事が相次ぐ柔道界、その根にある古びた性差を歴史の縦軸から解き明かす。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-62464-8

定価1,540円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
完全履歴消去マニュアル

政治・経済・社会

完全履歴消去マニュアル

フランク・M・アハーンアイリーン・C・ホラン 著 寺西 のぶ子

ストーカーや探偵からの身の隠し方から、国外逃亡、死亡偽装といった失踪方法まで、ネット時代のプライバシーや個人情報の守り方を、その道のプロが教える決定版!

  • 単行本 / 240頁
  • 2013.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-24639-0

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
毒婦たち

政治・経済・社会

毒婦たち
東電OLと木嶋佳苗のあいだ

上野 千鶴子信田 さよ子北原 みのり

なぜ女は殺し、殺されたのか? 東電OLから「平成の毒婦」木嶋佳苗まで、頻発する〈女の事件〉を私たちが語り直す。その底にある女と男をめぐる社会の矛盾と闇、女たちの絶望と希望とは。

  • 単行本 / 208頁
  • 2013.10.25発売
  • ISBN 978-4-309-24634-5

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
福島第一原発収束作業日記

政治・経済・社会

福島第一原発収束作業日記
3・11からの700日間

ハッピー

汚染水問題、東電の工程表の欺瞞……今起きていることは全て予見されていた。3.11からほぼ毎日のようにツイッター上で綴られた、福島第一原発作業員による事故の収束作業日記。

  • 単行本 / 256頁
  • 2013.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-24636-9

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
宗教と学校

政治・経済・社会

河出ブックス

宗教と学校

橘木 俊詔

なぜ宗教家は学校をつくることに熱心なのか。無宗教の日本人が宗教系の学校を好む理由とは。仏教系・キリスト教系・新興宗教系……宗教教育の発展と無節操な宗教観とのかかわりとは。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.10.15発売
  • ISBN 978-4-309-62463-1

定価1,430円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る
特別授業 “死”について話そう

政治・経済・社会

14歳の世渡り術

特別授業 “死”について話そう

島田 裕巳川口 有美子酒井 順子

死について、何を学び、これから先をどう生きるのか――。いじめや自殺など、思春期を迎え、生きることの難しさに直面する10代に向けて、全18教科、豪華教授陣が誌上特別授業を開講。

  • 単行本 / 240頁
  • 2013.09.18発売
  • ISBN 978-4-309-61681-0

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人

政治・経済・社会

アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人

KEI

口コミだけで累計1万部を突破した『KEI チカーノになった日本人』第2弾! KEIの少年期から米刑務所時代のエピソード。HOMIEを通じての日米チカーノ・カルチャー交流等々。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.09.13発売
  • ISBN 978-4-309-90997-4

定価1,650円(本体1,500円)

×品切

詳細を見る
増補新版 永山則夫

文藝別冊

増補新版 永山則夫
独りで誕まれて来たのでありとある日独りで死んで逝くのだ

河出書房新社

死刑執行から15年をすぎてもなぜ永山則夫は人びとに衝撃を与え続けるのか。永山を多様な視点からとらえた処刑直後の総力特集に森達也、関係者の貴重な証言などを増補した決定版。

  • ムック / 296頁
  • 2013.08.26発売
  • ISBN 978-4-309-97808-6

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
「若者」とは誰か

政治・経済・社会

河出ブックス

「若者」とは誰か
アイデンティティの30年

浅野 智彦

消費社会の到来、個性尊重教育の登場、オタクの浮上、多元化する自己……若者たちは自らのアイデンティティをいかに探求し、大人たちは若者たちをどのように捉えようとしてきたのか――。

  • 単行本 / 240頁
  • 2013.08.13発売
  • ISBN 978-4-309-62461-7

定価1,650円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
冤罪放浪記

政治・経済・社会

冤罪放浪記
布川事件 元・無期懲役囚の告白

杉山 卓男

再審無罪から2年、「布川事件」冤罪被害者が全てを激白。ニセ自白強要、賠償金目当てのオンナ、“凶悪犯罪者”との獄中交友録……獄中生活30年、殺人犯の汚名を着せられた男の恨み節!

  • 単行本 / 192頁
  • 2013.07.29発売
  • ISBN 978-4-309-02198-0

定価1,540円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
カッパ・ブックスの時代

政治・経済・社会

河出ブックス

カッパ・ブックスの時代

新海 均

前代未聞のベストセラー10か条とは!? 戦後最大の出版プロデューサー神吉晴夫とその右腕たちの奮闘から見る新しい出版文化史。知の大衆化を進めたベストセラー編集部の全貌が明らかに!

  • 単行本 / 272頁
  • 2013.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-62459-4

定価1,650円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ルポ 産ませない社会

政治・経済・社会

ルポ 産ませない社会

小林 美希

「産めない」のではなく、社会が「産ませない」のだ。孤立する母親、妊娠解雇、ベルトコンベア化するお産、商業化し消費される妊娠……出産に前向きになれない社会に光を探す痛切なルポ。

  • 単行本 / 304頁
  • 2013.06.24発売
  • ISBN 978-4-309-24622-2

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
柔道事故

政治・経済・社会

柔道事故

内田 良

この29年間で118名の中高生が学校柔道で死亡。なぜこの暴力的文化が放置されてきたのか。事故データの検証、被害者家族・全柔連らへの取材を通じ、「事故ゼロ」への道を探る。

  • 単行本 / 256頁
  • 2013.06.24発売
  • ISBN 978-4-309-24623-9

定価1,650円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
アルビノを生きる

ノンフィクション

アルビノを生きる

川名 紀美

白い髪に白い肌。弱視で紫外線に弱い「アルビノ」。彼らの多くは学校や地域社会、そして親族からも除け者にされてきた。「見た目」から来る差別に晒され続けた人々の葛藤に寄り添ったルポ。

  • 単行本 / 368頁
  • 2013.06.20発売
  • ISBN 978-4-309-02191-1

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
踊ってはいけない国で、踊り続けるために

政治・経済・社会

踊ってはいけない国で、踊り続けるために
風営法問題と社会の変え方

磯部 涼 編著

風営法問題が社会的関心を集める中、法は本当に改正されるのか? 社会に対して個人は何ができるのか? 大きな話題を呼んだ『踊ってはいけない国、日本』の実践編。小熊英二×東浩紀ほか。

  • 単行本 / 240頁
  • 2013.04.24発売
  • ISBN 978-4-309-24615-4

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「拉致疑惑」と帰国

政治・経済・社会

「拉致疑惑」と帰国
ハイジャックから祖国へ

よど号グループ 著 鳥越 俊太郎 その他

今なお暮らす北朝鮮からの肉声。6名全員が綴る、決断の手記。なぜ今、日本への帰還を望むのか。そして日本人拉致疑惑にいかに答えるのか。鳥越俊太郎による現地取材。平壌での座談会収録。

  • 単行本 / 296頁
  • 2013.04.23発売
  • ISBN 978-4-309-24619-2

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
さよなら、韓流

政治・経済・社会

さよなら、韓流

北原 みのり

なぜ日本の女たちは、こんなにも狂おしく韓流を求めるのか――? 女の欲望としての「韓流」で見えてくる、韓国と日本の女と男の姿。上野千鶴子他、8人の女性たちとの対談も収論。

  • 単行本 / 208頁
  • 2013.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-02160-7

定価1,430円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ベースボール労働移民

芸術・芸能

河出ブックス

ベースボール労働移民
メジャーリーグから「野球不毛の地」まで

石原 豊一

出稼ぎ、バケーション、自分探し……メジャーだけではわからない、グローバルレジームに飲み込まれる世界プロ野球。ワールドベースボールクラシックの見方も変わる全く新しい野球-社会論。

  • 単行本 / 208頁
  • 2013.02.21発売
  • ISBN 978-4-309-62454-9

定価1,540円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
つくられた放射線「安全」論

政治・経済・社会

つくられた放射線「安全」論
科学が道を踏みはずすとき

島薗 進

3.11直後から迷走した放射線の健康被害をめぐる情報。「専門家」とはどんな人たちで、何を根拠に語っていたのか? 東大教授が「安全神話」の淵源を探り、日本の科学技術の暗部を衝く。

  • 単行本 / 272頁
  • 2013.02.20発売
  • ISBN 978-4-309-24613-0

定価3,080円(本体2,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る