河出文庫

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

これから出る本

一覧

2016.10.06発売予定

史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

飲茶

最高の真理を求める男たちの闘い第2ラウンド! 古代インド哲学から釈迦、孔子、孟子、老子、荘子、そして日本の禅まで東洋の“知”がここに集結。真理(結論)は体験によってのみ得られる!

2016.10.06発売予定

はじめての短歌

穂村 弘

短歌とビジネス文書の言葉は何が違う? 共感してもらうためには? 「生きのびる」ためではなく、「生きる」ために。いい短歌は、いつも社会の網の目の外にある。読んで納得!穂村弘のやさしい短歌入門。

2016.10.06発売予定

井伊直虎と戦国の女城主たち

楠戸 義昭

2017 NHK大河ドラマの主人公直虎と、信長の叔母、立花宗茂の妻、光秀の妻ら、14人の戦国時代の女城主たちの活躍を描く書き下ろし読み物。図版多数。

2016.10.06発売予定

小林カツ代のおかず道場

小林 カツ代

著者がラジオや料理教室、講演会などで語った料理の作り方の部分を選りすぐりで文章化。「調味料はピャーとはかる」「ぬるいうちにドドドド」など、独特のカツ代節とともに送るエッセイ&レシピ74篇。

2016.10.06発売予定

私の方丈記

三木 卓

人生の原点がここにある!混迷の時代に射す一条の光、現代語訳「方丈記」。満洲からの引揚者として激動の戦中戦後を生きた著者が、自身の体験を「方丈記」に重ね、人間の幸福と老いの境地を見据えた名著。

2016.10.06発売予定

熊本城を救った男 谷干城

嶋岡 晨

幕末土佐藩の志士・谷干城は、西南戦争で熊本鎮台司令長官として熊本城に籠城、薩軍の侵攻を見事に食い止めた。反骨・憂国のリベラリスト国士の今日性を描く。

2016.10.06発売予定

アメリカの友人

パトリシア・ハイスミス 著 佐宗 鈴夫

簡単な殺しを引き受けてくれる人物を紹介してほしい。こう頼まれたトム・リプリーは、ある男の存在を思いつく。この男に死期が近いと信じこませたら……いまリプリーのゲームが始まる。名作の改訳新版。

2016.10.06発売予定

哲学史講義 Ⅱ

G・W・F・ヘーゲル 著 長谷川 宏

自然とはなにか、人間とはなにか、いかに生きるべきか――二千数百年におよぶ西洋哲学を一望する不朽の名著、名訳決定版第二巻。ソフィスト、ソクラテス、プラトン、アリストテレスらを収録。