河出文庫

最新刊

一覧

これから出る本

一覧

2020.04.07発売予定

鴎外の恋 舞姫エリスの真実

六草 いちか

予期せぬことが切っ掛けではスタートした「舞姫」エリスのモデル探し。文豪・森鴎外がデビュー小説に秘めた、日本文学最大の謎がいま、明かされる! 謎解き「舞姫」、待望の文庫化。

2020.04.07発売予定

ベートーヴェン

吉田 秀和

「ベートーヴェンの音って?」から、ソナタ、協奏曲、交響曲について、さまざまな指揮者、演奏家の解釈を通じて、ベートーヴェンとは何かを味わう。文庫オリジナル編集。

2020.04.07発売予定

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々

ジェレミー・マーサー 著 市川 恵里

文学と恋と人生――。パリ・左岸にある伝説のシェイクスピア&カンパニー書店に偶然住みつくこととなった、カナダから来た元新聞記者による回想記。本好きにはこたえられない奇跡の書店の物語。

2020.04.07発売予定

フランス怪談集

日影 丈吉

奇妙な風習のある村、不気味なヴィーナス像、死霊に憑かれた僧侶、ミイラを作る女たち……。フランスを代表する短編の名手たちの、怪奇とサスペンスに満ちた怪談を集めた、傑作豪華アンソロジー。

2020.04.07発売予定

韓国ナショナリズムの起源

朴 裕河 著 安 宇植

韓国の歴史認識がいかにナショナリズムに傾いたかを1990年代以降の状況を追いながら、嫌韓でもなく反日でもなく一方的な親日でもない立場で冷静に論理的に分析する名著。

2020.04.07発売予定

生物はなぜ誕生したのか

ピーター・ウォードジョゼフ・カーシュヴィンク 著 梶山 あゆみ

生物は幾度もの大量絶滅を経験し、スノーボールアースや酸素濃度といった地球環境の劇的な変化に適応することで進化しつづけてきた。宇宙生物学と地球生物学が解き明かす、まったく新しい生命の歴史!

2020.04.25発売予定

僕はロボットごしの君に恋をする

山田 悠介

近未来、主人公は警備ロボットを遠隔で操作し、想いを寄せる彼女を守ろうとするのだが――本当のラストを描いたスピンオフ初収録! ミリオンセラー作家が放つ感動の最高傑作が待望の文庫化!

2020.05.07発売予定

ブルーヘブンを君に

秦 建日子

ハング・グライダー乗りの蒼太に出会った高校生の冬子はある日、彼がバイト代を貯めて買った自分だけの機体での初フライトに招待される。そして10年後――年月を超え淡い想いが交錯する大人の青春小説。

2020.05.07発売予定

最高の盗難

深水 黎一郎

時価十数億のストラディヴァリウスが、若き天才ヴァイオリニストのコンサート会場から消えた! 超満員の音楽ホールで起こったあまりに「芸術的」な盗難とは? ハウダニットの驚くべき傑作を含む3編。

2020.05.07発売予定

ドレス

藤野 可織

美しい骨格標本、コートの下の甲冑……ミステリアスなモチーフと不穏なムードで描かれる、女性にまといつく”決めつけ”や”締めつけ”との静かなるバトル。わかりあえなさの先を指し示す格別の8短編。

2020.05.07発売予定

井村雅代 不屈の魂

川名 紀美

東京オリンピック、最後の戦いへ! シンクロ(現アーティスティックスイミング)に人生の全てを賭けた、日本代表コーチ・井村雅代の執念の軌跡を描いたノンフィクション。加筆の上、待望の文庫化。

2020.05.07発売予定

本当の自分とつながる瞑想

山下 良道

心に次々と湧く怒り、悲しみ、不安…。その苦しみから自由になり、「本当の自分」と出会うための瞑想。過去や未来へ飛び回るネガティブな思考を手放し、「今」を生きるための方法。宮崎哲弥氏・推薦。

2020.05.07発売予定

居酒屋道楽

太田 和彦

街を歩き、歴史と人に想いを馳せて居酒屋を巡る。隅田川をさかのぼりはしご酒、浦安で山本周五郎に浸り、幕張では椎名誠さんと一杯、横浜と法善寺横丁の夜は歌謡曲に酔いしれる――味わい深い傑作、復刊!

2020.05.07発売予定

画狂人北斎

瀬木 慎一

北斎生誕260年、映画化も。北斎の一生と画風の変遷を知る最良の一冊。古典的名著。謎の多い初期や、晩年の考察もていねいに。

2020.05.07発売予定

鉄の時代

J・M・クッツェー 著 くぼた のぞみ

反アパルトヘイトの嵐が吹き荒れる南アフリカ。末期ガンの初老の女性カレンは、庭先に住み着いたホームレスの男と心を通わせていく。差別、暴力、遠方の娘への愛。ノーベル賞作家が描く苛酷な現実。