河出文庫

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

これから出る本

一覧

2017.08.08発売予定

93番目のキミ

山田 悠介

心を持つ成長型ロボット「シロ」を購入した也太は、事件に巻き込まれて絶望する姉弟を救えるのか? シロの健気な気持ちはやがて也太やみんなの心を変えていくのだが……ホラーの鬼才がおくる感動の物語。

2017.08.08発売予定

この世のメドレー

町田 康

生死を乗りこえ超然の高みに達した「余」を、ひとりの小癪な若者が破滅の旅へ誘う。若者は神の遣いか、悪魔の遣いか。『どつぼ超然』の続編となる傑作長篇。

2017.08.08発売予定

美しの神の伝え

萩尾 望都

1977~80年発表のSF小説11編に加え、単行本未収録の2作品やマンガも特別収録。異世界へ導かれる全16編。解説=山上たつひこ。

2017.08.08発売予定

妖櫻記 上

皆川 博子

時は室町。嘉吉の乱を発端に、南朝皇統の少年、赤松家の姫、活傀儡に異形ら、死者生者が入り乱れ織り成す傑作長篇伝奇小説、復活!

2017.08.08発売予定

妖櫻記 下

皆川 博子

阿麻丸と桜姫は京に近江に流転し、玉琴の遺児清玄は桜姫の髑髏を求める中、後南朝の二人の宮と玉璽をめぐって吉野に火の手が上がる…!応仁の乱前夜を舞台に、当代きっての語り手が紡ぐ一大伝奇、完結篇。

2017.08.08発売予定

我が心は石にあらず

高橋 和巳

会社のエリートで組合のリーダーだが、一方で妻子ある身で不毛な愛を続ける信藤。運動が緊迫するなか、女が妊娠し……50年前の高度経済成長と政治の時代のなか、志の可能性を問う高橋文学の金字塔!

2017.08.08発売予定

バビロンの架空園

澁澤 龍彦

著者のすべてのエッセイから「植物」をテーマに、最も面白い作品を集めた究極の「奇妙な植物たちの物語集」。植物界の没落貴族であるシダ類、空飛ぶ種子、薬草、毒草、琥珀、「フローラ逍遥」など収録。

2017.08.08発売予定

こころとお話のゆくえ

河合 隼雄

科学技術万能の時代に、お話の効用を。悠長で役に立ちそうもないものこそ、深い意味をもつ。深呼吸しないと見落としてしまうような真実に気づかされる53のエッセイ。

2017.08.08発売予定

いきどまり鉄道の旅

北尾 トロ

延々と繋がって来たレールの最終地点、“いきどまり”には何がある? 水郡線、真岡鐵道、鶴見線、大井川鐵道…選りすぐりの「いきどまり駅」を巡る、鉄道“奇行”エッセイ! 小坂俊史氏の解説マンガ付。