河出文庫

編集者のことば

「読み継げば、どこへだって行ける」。
知的好奇心に満ちた電車に乗り、ジャンルを超えてどこまでも旅を続けられる――そんな河出文庫。
皆さんもぜひ河出文庫という切符を手に、新しい旅に出かけてみてください。

これから出る本

一覧

2017.03.07発売予定

あなたを奪うの

彩瀬 まる窪 美澄千早 茜花房 観音宮木 あや子

絶対にあの人がほしい、何をしても、何が起きても――。今最も注目される女性作家・窪美澄、千早茜、彩瀬まる、花房観音、宮木あや子の五人が「略奪愛」をテーマに紡いだ、書き下ろし恋愛小説集。

2017.03.07発売予定

私が語り伝えたかったこと

河合 隼雄

これだけは残しておきたい、弱った心をなんとかし、問題だらけの現代社会に生きていく処方箋を。臨床心理学の第一人者・河合先生の、心の育み方を伝えるエッセイ,講演。インタビュー。没後十年。

2017.03.07発売予定

皇室の祭祀と生きて

高谷 朝子

戦中に十九歳で拝命してから、混乱の戦後、今上陛下御成婚、昭和天皇崩御、即位礼など、激動の時代を「祈り」で生き抜いた著者が、数奇な生涯とベールに包まれた「宮中祭祀」の日々を綴る。

2017.03.07発売予定

恋する原発

高橋 源一郎

ファック震災! 被災者を救うベくチャリティAVを企画した男たちの奮闘記。正しさとは?愛とは?死を悼むとは? 不謹慎上等、原発事故直後に発表され大議論を巻き起こした問題作。「震災文学論」収録。

2017.03.07発売予定

みだら英泉

皆川 博子

文化文政期、美人画や枕絵で一世を風靡した絵師・渓斎英泉。彼が描いた婀娜で自堕落で哀しい女の影には三人の妹の存在があった――。爛熟の江戸を舞台に絡み合う絵師の業と妹たちの情念。幻の傑作、甦る。

2017.03.07発売予定

見たのは誰だ

大下 宇陀児

誠実だが、無理をしているアプレ学生が殺人容疑で捕まった。仁侠弁護士探偵・俵岩男が事件の究明に乗り出す。真犯人は? ある種の倒叙法探偵小説の白眉。没後五十年、待望の初文庫化。

2017.03.07発売予定

デカメロン 上

ボッカッチョ 著 平川 祐弘

ペストが蔓延する十四世紀フィレンツェ。郊外に逃れた男女十人が面白おかしい話で迫りくる死の影を追い払おうと、十日の間語りあう百の物語。不滅の大古典の全訳決定版、第一弾。

2017.03.07発売予定

植物はそこまで知っている

ダニエル・チャモヴィッツ 著 矢野 真千子

見てもいるし、覚えてもいる! 科学の最前線が解き明かす驚異の能力! 視覚、聴覚、嗅覚、位置感覚、そして記憶――多くの感覚を駆使して高度に生きる植物たちの「知られざる世界」。

2017.03.21発売予定

鳥の会議

山下 澄人

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしに殴られたら仕返しに向い、学校での不条理には暴力で反抗する日々。ある晩、神永は親父を殺してしまい……新芥川賞作家が描く最高の青春小説!

2017.03.21発売予定

砂漠ダンス

山下 澄人

北国に住むわたしは、ある日、アメリカの小さな街へ砂漠を見に向かったのだが……新芥川賞作家の飛躍作!