検索結果

176件中 161176件を表示 | 表示件数   件

落語にみる江戸の性文化

歴史・地理・民俗

落語にみる江戸の性文化

旅の文化研究所

「錦の袈裟」をはじめ、落語の中には、遊里の遊び、不倫など、当時の「性」意識がみられるものが数多くある。民俗学、社会学、精神医学などの立場から、江戸の性について考察する。

  • 単行本 / 240頁
  • 1997.08.11発売
  • ISBN 978-4-309-24194-4

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
霊感少女論

歴史・地理・民俗

霊感少女論

近藤 雅樹

空中浮揚、予知夢、コックリさん、かなしばり、学校の怪談。私たちの周囲には、神秘的な体験をする「霊感少女」たちがいる。その背景にあるものは。民俗学が切りこむ現代日本の精神世界。

  • 単行本 / 256頁
  • 1997.07.18発売
  • ISBN 978-4-309-24192-0

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
日本の年中行事百科 セット

歴史・地理・民俗

日本の年中行事百科【全5巻】

日本の年中行事百科 セット
民具で見る日本人の暮らしQ&A

岩井 宏實

日本人の精神的・物質的生きようが現れている年中行事。全国各地の年中行事とそれに関わる民具を訪ねる。

  • 単行本 / 0頁
  • 1997.04.01発売
  • ISBN 978-4-309-60980-5

定価16,200円(本体15,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
【100問100答】世界の民族

歴史・地理・民俗

【100問100答】世界の民族

「月刊みんぱく」編集部

モンゴルの乳飲料はどのようなものか。ブッシュマンは今でも狩猟で生活しているのか。――世界の民族の生活や習慣の違いに対する疑問に答え解説する。異文化を理解するための一冊。

  • 単行本 / 276頁
  • 1996.09.20発売
  • ISBN 978-4-309-22298-1

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
クニオとクマグス

歴史・地理・民俗

クニオとクマグス

米山 俊直

二人の巨人――柳田國男と南方熊楠。その生い立ち、そして出会いと別離の経緯、その後の歩みを追う。ついに交わらなかった双曲線をたどり、彼らが日本の民俗学・民族学に残した遺産を探る。

  • 単行本 / 292頁
  • 1995.12.15発売
  • ISBN 978-4-309-24165-4

定価2,516円(本体2,330円)

×品切・重版未定

詳細を見る
落語にみる日本の旅文化

歴史・地理・民俗

落語にみる日本の旅文化

旅の文化研究所

江戸の中・後期から庶民の旅は大きな発達をとげた。その様子は、落語の中にうかがうことができる。「大山詣り」「三人旅」など旅を演じた落語を素材に、旅の習俗を探る。

  • 単行本 / 216頁
  • 1995.12.15発売
  • ISBN 978-4-309-24175-3

定価2,412円(本体2,233円)

×品切・重版未定

詳細を見る
幸せの招き猫

歴史・地理・民俗

幸せの招き猫

藤田 一咲村上 瑪論

招き猫はいつ何処で生まれたのか? 本当に福を招くのか? 信仰と関係があるのか? 知りたくても知らないことの多すぎた招き猫の、誕生から歴史的背景、形態と分布、その謎に迫った決定版!

  • 単行本 / 156頁
  • 1995.05.20発売
  • ISBN 978-4-309-26242-0

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
百姓の国

歴史・地理・民俗

百姓の国

神崎 宣武

瑞穂の国といわれてきた日本だが、山がちの地勢では農業だけで暮らしが成り立つはずもなかった。農業のかたわら、やきものを作り、酒を醸してきた人々を訪ね、社会の成り立ちを考える。

  • 単行本 / 240頁
  • 1995.02.10発売
  • ISBN 978-4-309-24157-9

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る
おんな紋

歴史・地理・民俗

おんな紋
血縁のフォークロア

近藤 雅樹

「女紋」。それは文字どおり女性が使用する紋章である。母から娘へ受け継がれてきたこの紋章の背後にはどのような秘密が隠されているのだろうか。気鋭の民俗学者が、その謎にせまる。

  • 単行本 / 260頁
  • 1995.01.20発売
  • ISBN 978-4-309-24156-2

定価2,097円(本体1,942円)

×品切・重版未定

詳細を見る
民具の博物誌

歴史・地理・民俗

民具の博物誌

身の回りにあるかずかずの道具を「食べる」「装う」「住まう」「祈る」など7つのジャンルに分け、その起源・使われ方の歴史・象徴的意味を探り、日本人の生活の原像に迫る。

  • 単行本 / 200頁
  • 1994.02.25発売
  • ISBN 978-4-309-24148-7

定価2,516円(本体2,330円)

×品切・重版未定

詳細を見る
南方熊楠、独白

歴史・地理・民俗

南方熊楠、独白
熊楠自身の語る年代記

南方 熊楠 著 中瀬 喜陽 編著

熊楠の残したさまざまな文章を時代順、テーマ別に配列し、さらに新発見資料である中学時代の日記や詳細な補注、多数の貴重な写真図版を付した“彼自身”の言葉による決定版南方熊楠年譜。

  • 単行本 / 256頁
  • 1992.01.24発売
  • ISBN 978-4-309-24128-9

定価2,097円(本体1,942円)

×品切・重版未定

詳細を見る
観光民俗学への旅

歴史・地理・民俗

観光民俗学への旅

神崎 宣武

日本人はなぜ団体旅行をするのか? なぜみやげ物を買い漁るのか? なぜ宴会が好きなのか? 日本人の旅の習俗を台湾のガイドの眼を通して考察する民俗学の新たな試み。

  • 単行本 / 216頁
  • 1990.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-24119-7

定価1,782円(本体1,650円)

×品切・重版未定

詳細を見る
南海漂白

歴史・地理・民俗

南海漂白
土方久功伝

東京は人間の生きるところではない。南海の孤島に独り旅立って十数年、自然と太陽の下で自由に生きた彫刻家の生涯を、残された膨大な民俗観察記と日記によって描く感動の秀作。

  • 単行本 / 216頁
  • 1990.08.30発売
  • ISBN 978-4-309-22177-9

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
民具が語る日本文化

歴史・地理・民俗

民具が語る日本文化

やきものや織機、石臼などの民具について民俗学、工学、産業史の研究者が7つの視点からそれぞれ新たな光をあてる。わが国に伝えられてきたモノを通して再発見する日本文化。

  • 単行本 / 256頁
  • 1989.05.25発売
  • ISBN 978-4-309-24110-4

定価2,097円(本体1,942円)

×品切・重版未定

詳細を見る
包丁人英造の修業時代

歴史・地理・民俗

包丁人英造の修業時代

神崎 宣武

使い走りに始まって、真板になるまでの十年余。老舗での住みこみ修業から旅修業へ。京料理に生きる男を追って、日本の料理文化の本質に迫る。料理のフォークロア。

  • 単行本 / 208頁
  • 1988.11.24発売
  • ISBN 978-4-309-24108-1

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
怪異の民俗学

歴史・地理・民俗

怪異の民俗学【全8巻】

怪異の民俗学

小松 和彦 責任編集

憑きもの、妖怪、河童、鬼、天狗――新たな民俗学大系の全貌が明らかに!

  • 単行本 / 420頁
  • -発売
  • ISBN 978-4-309-61390-1

定価33,696円(本体31,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る