検索結果

176件中 6180件を表示 | 表示件数   件

アメノヒボコ、謎の真相

歴史・地理・民俗

アメノヒボコ、謎の真相

関 裕二

『日本書紀』がその出生を誤魔化したヤマト建国の鍵を握る渡来人アメノヒボコ。彼は武内宿禰だったのか、スサノヲだったのか、その実像に迫る。

  • 単行本 / 184頁
  • 2014.02.23発売
  • ISBN 978-4-309-22608-8

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
東京の地名

歴史・地理・民俗

東京の地名
地形と語源をたずねて

筒井 功

東京には魅力と謎に満ちた地名がたくさんある。山手線、都心部、中央線、下町、武蔵野、奥多摩、伊豆諸島の島々と、全東京都の気になる地名を考える。全国の類似地名との比較も面白い。

  • 単行本 / 212頁
  • 2014.01.22発売
  • ISBN 978-4-309-22605-7

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
白山信仰の謎と被差別部落

歴史・地理・民俗

白山信仰の謎と被差別部落

前田 速夫

白山神社はなぜ被差別部落に多いのか――永遠の疑問に答えようと書かれた本書。白山信仰の中心地であった北陸で、時宗、一向宗にいかに駆逐されていったか、歴史的な推移からもその信仰の実体を追う。

  • 単行本 / 212頁
  • 2013.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-22601-9

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
宮本常一

歴史・地理・民俗

宮本常一
逸脱の民俗学者

岩田 重則

宮本常一は、観察者の位置を踏み越え、とおりいっぺんの民俗学を乗り越え、独創的・横断的な「宮本総合学」の完成に向かった。その生涯の軌跡を追う、初めての学者宮本論。

  • 単行本 / 308頁
  • 2013.08.26発売
  • ISBN 978-4-309-22600-2

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
絵ごよみ 昭和のくらし

らんぷの本

らんぷの本/マスコット

絵ごよみ 昭和のくらし
母たちが子どもだったころ

亀井 三恵子

かわいいイラストでよみがえる! 幼稚園の思い出、家族のくらし、小学校の授業、放課後の遊び、食べ物等。大変だったけれど、こんなに楽しくおかしかった!! 昭和戦前の日々。

  • 単行本 / 112頁
  • 2013.08.22発売
  • ISBN 978-4-309-75001-9

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
海峡を越えた神々

歴史・地理・民俗

海峡を越えた神々
アメノヒボコとヒメコソの神を追って

川村 湊

天孫降臨神話の原型は、「東明王神話」に求められるなど、日韓神話は密接である。騎馬民族説の象徴ともいえるアメノヒボコを追う。

  • 単行本 / 224頁
  • 2013.08.21発売
  • ISBN 978-4-309-22596-8

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
神道と風水

歴史・地理・民俗

神道と風水

戸矢 学

道教、陰陽道と密接な神道の原型を形作った、天文・地理風水術の原理をわかりやすく説明し、仏教以前の古神道の理念を説き明かす。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.08.21発売
  • ISBN 978-4-309-22599-9

定価1,944円(本体1,800円)

△2週間~

詳細を見る
宮本常一

歴史・地理・民俗

KAWADE道の手帖

宮本常一
旅する民俗学者

佐野 眞一 責任編集

日本全国津々浦々を歩きぬいた宮本常一の魅力の全貌を、講演や採話などからたどる。対談は、谷川健一×佐野眞一。増補資料は、「土佐源氏」幻のポルノ版「土佐乞食のいろざんげ」。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.07.17発売
  • ISBN 978-4-309-74050-8

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
猿まわし 被差別の民俗学

歴史・地理・民俗

猿まわし 被差別の民俗学

筒井 功

中世以前、猿は信仰され、馬の守り神でもあったが、猿に関わる人はなぜ差別されるようになったのか、猿まわしからさかのぼり、各地の猿地名と「呪的能力者」から探る。

  • 単行本 / 236頁
  • 2013.07.11発売
  • ISBN 978-4-309-22594-4

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
少女たちの昭和

らんぷの本

少女たちの昭和

小泉 和子

「少女」をとおして「昭和」という時代を概観する。都市下層、農村、植民地、また戦時に、少女たちは何を学び、何を楽しみ、どう生きたのか? 貴重写真満載!

  • 単行本 / 152頁
  • 2013.06.25発売
  • ISBN 978-4-309-75000-2

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
口語訳 遠野物語

日本文学

口語訳 遠野物語

柳田 国男 著 後藤 総一郎 監修 佐藤 誠輔 12363 笹村 栄一 挿画 小田 富英 注釈

発刊100年を経過し、いまなお語り継がれ読み続けられている不朽の名作『遠野物語』。柳田国男が言い伝えを採集し簡潔な文語でまとめた原文を、わかりやすく味わい深い現代口語文に。

  • 単行本 / 228頁
  • 2013.02.18発売
  • ISBN 978-4-309-02158-4

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
今和次郎と考現学

歴史・地理・民俗

KAWADE道の手帖

今和次郎と考現学
暮らしの“今”をとらえた〈目〉と〈手〉

民家研究、バラック装飾社、路上採集……著作集未収録コレクションも。【対談】藤森照信×黒石いずみ【エッセイ他】川添登、南伸坊、井上章一、梅棹忠夫、川端康成、吉阪隆正、荻原正三他

  • 単行本 / 192頁
  • 2013.01.15発売
  • ISBN 978-4-309-74048-5

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
東北の再発見

歴史・地理・民俗

東北の再発見
民衆史から読み直す

色川 大吉

宮沢賢治から無名の先人まで、東北で語り継がれてきた人々の姿を軸に、東北土着の歴史を浮かびあがらせる。民衆史の第一人者が、東北復興の思いを込めて編んだ、東北民衆史の決定版。

  • 単行本 / 264頁
  • 2012.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-22587-6

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
いま、柳田国男を読む

歴史・地理・民俗

河出ブックス

いま、柳田国男を読む

石井 正己

柳田が生涯をかけて確立した民俗学は何を目指していたのか――。没後50年、古典となりつつある碩学の仕事に、未来を考えるための問いと、現代社会の諸問題と向き合うための知恵を読む。

  • 単行本 / 232頁
  • 2012.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-62451-8

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
三種の神器

歴史・地理・民俗

三種の神器
〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源

戸矢 学

天皇とは何か、神器はなぜ天皇に祟ったのか!? じつはよく知られていない、天皇を天皇たらしめる三種の神器の歴史と実際を掘り下げ、日本の国と民族の根源を解き明かす。

  • 単行本 / 204頁
  • 2012.12.05発売
  • ISBN 978-4-309-22583-8

定価1,836円(本体1,700円)

×品切・重版未定

詳細を見る
知れば恐ろしい日本人の風習

歴史・地理・民俗

知れば恐ろしい日本人の風習
「夜に口笛を吹いてはならない」の本当の理由とは――

千葉 公慈

「なぜ夜に口笛を吹いてはいけないのか」……など、日本に古くから伝わるタブー、風習、行事、童歌、昔話に隠された「恐怖」の謎解きをしながら、日本人のメンタリティを浮かび上がらせる。

  • 単行本 / 208頁
  • 2012.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-22585-2

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
モダンガール大図鑑

らんぷの本

モダンガール大図鑑
大正・昭和のおしゃれ女子

生田 誠

大正・昭和初期、新しい仕事につき、モダンな洋服姿の女性が街を闊歩した。モダンガール(モガ)の登場である。化粧品、デパート、カフェ 。モガの暮らしも紹介。未発表図版満載!!

  • 単行本 / 128頁
  • 2012.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-72798-1

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
武内宿禰の正体

歴史・地理・民俗

武内宿禰の正体
古代史上最もあやしい謎の存在

藤井 耕一郎

神功皇后「三韓征伐」の進言者? 渡来人の指導者? 古代史最大の謎を解く鍵は「ウチ」にある。海部の総帥的存在として捉え、壮大なスケールと緻密な考証で挑む。

  • 単行本 / 204頁
  • 2012.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-22582-1

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
サンカの起源

歴史・地理・民俗

サンカの起源
クグツの発生から朝鮮半島へ

筒井 功

関東の箕直し集落調査を続けてきた第一人者が、箕と筬を手がかりにクグツに遡り、さらにサンカの起源を朝鮮白丁に到り着く決定的な論考。

  • 単行本 / 356頁
  • 2012.06.18発売
  • ISBN 978-4-309-22578-4

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
サンカとともに 大地に生きる

歴史・地理・民俗

サンカとともに 大地に生きる

清水 精一

名家に生まれたが社会に疑問を抱き、禅僧修行を経て天王寺周辺のサンカ乞食の集落に身を沈め、サンカを内部から体験した唯一の記録。

  • 単行本 / 250頁
  • 2012.05.18発売
  • ISBN 978-4-309-22575-3

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る