検索結果

3067件中 141160件を表示 | 表示件数   件

高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

高橋 英夫

著作集最終巻。稀代の本読みだった著者の、偏愛の読書エッセイ集。『忘却の女神』『今日も、本さがし』『わが読書散歩』『本の引越し』などから。帯推薦は堀江敏幸氏。年譜、著書目録も。

  • 単行本 / 432頁
  • 2022.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-70918-5

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
わたしたち

日本文学

わたしたち

落合 恵子

希美学園で中・高を共に過ごした「わたしたち」。少女たちは友情を紡ぎながら、それぞれの「わたし」を生き抜いていく……四人の女たちの1945~ 2021年を描く、心揺さぶる感動作!

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-03044-9

定価1,870円(本体1,700円)

○在庫あり

詳細を見る
私と街たち(ほぼ自伝)

日本文学

私と街たち(ほぼ自伝)

吉本 ばなな

?街に自分だけの歴史が積み重なり、深い色になっていく”(本文より)。子どもの頃に遊んだ街、青春を過ごした街、父の死を見送った道――。東京の「街」をめぐる自伝的エッセイ集。

  • 単行本 / 152頁
  • 2022.06.16発売
  • ISBN 978-4-309-03043-2

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
おいしい沖縄

日本文学

おいしい沖縄
おいしい文藝

池澤 夏樹岡本 太郎酒井 順子下川 裕治向田 邦子与那原 恵

おいしい文藝・ご当地グルメシリーズ第一弾! ソーキそば、豚肉、山羊、チャンプルー、島豆腐、泡盛、サーターアンダギー……沖縄の食文化の魅力を存分に伝えるエッセイ24編を収録。

  • 単行本 / 208頁
  • 2022.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-03038-8

定価1,782円(本体1,620円)

○在庫あり

詳細を見る
さらば、ベイルート

日本文学

さらば、ベイルート
ジョスリーンは何と闘ったのか

四方田 犬彦

中東戦争を撮り続けた知られざる巨匠ジョスリーン・サアブ。世界史的悲劇が凝縮する土地と時代を生きた彼女の生涯を通じて、自由を希求する人間の輝きを描く感動のノンフィクション。

  • 単行本 / 240頁
  • 2022.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-03039-5

定価2,992円(本体2,720円)

○在庫あり

詳細を見る
本とはたらく

日本文学

本とはたらく

矢萩 多聞

本があったから生きてこられた――インド、横浜、京都で、本のデザインをしながら、ラジオ、ワークショップなどを行う装丁家が考える、本ってなんだろう。はたらくってなんだろう。

  • 単行本 / 320頁
  • 2022.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-03041-8

定価2,310円(本体2,100円)

○在庫あり

詳細を見る
老いて今日も上機嫌!

日本文学

老いて今日も上機嫌!
病気知らず86歳名医の健康習慣77

石川 恭三

医者人生60年、86歳名医による日々の健康習慣が満載! 明るく前向きな日常は、上機嫌を習慣にすることから始まる。上機嫌の達人でもある著者の、心身を伸びやかに楽しく整える知恵77。

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.05.25発売
  • ISBN 978-4-309-03040-1

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

詳細を見る
ダンシング玉入れ

日本文学

ダンシング玉入れ

中山 可穂

主人公は殺し屋、ターゲットは宝塚のトップスター! 「宝塚×ノワール」をシリアスかつユーモラスに描いた、著者4年ぶりの最新小説!

  • 単行本 / 212頁
  • 2022.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-03037-1

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
まっとうな人生

日本文学

まっとうな人生

絲山 秋子

ひょんな場合で偶然再会することになった「花ちゃん」と「なごやん」。あの『逃亡くそたわけ』から数十年後、富山県を舞台に、家族を持ったふたりの新たな冒険の幕を開ける。

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.05.19発売
  • ISBN 978-4-309-03036-4

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

詳細を見る
魂に触れて還れ

日本文学

魂に触れて還れ

小林 雅俊

60年代後半の荒れた季節の影響を高校生で受け、政治と詩に明け暮れた精神のハード・ボイルド。かつて存在した詩の本の店「ぱろうる」店長の自伝的小説。

  • 単行本 / 224頁
  • 2022.05.18発売
  • ISBN 978-4-309-92196-9

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア7 藝文遊記

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア7 藝文遊記

高橋 英夫

著者晩年の文学言語の新展開、『藝文遊記』(抄)、『時空蒼茫』(全。歴程賞)。後者は、幼少期からの時空の(文学的・音楽的…)記憶を掘り起こす独自な自己への旅の記録。

  • 単行本 / 454頁
  • 2022.05.16発売
  • ISBN 978-4-309-70917-8

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 丘を越えて編

日本文学

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 丘を越えて編

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

60~超100歳の全国のリアル・シルバーによる川柳傑作選、第18弾! 今回も全国から投稿された爆笑、あるあるの共感作が大集合。老若男女楽しめる味わい深い1冊。毒蝮三太夫氏推薦!

  • 単行本 / 144頁
  • 2022.05.13発売
  • ISBN 978-4-309-03042-5

定価1,150円(本体1,045円)

○在庫あり

詳細を見る
くるまの娘

日本文学

くるまの娘

宇佐見 りん

17歳のかんこたち一家は、久しぶりの車中泊の旅をする。思い出の景色が、家族のままならなさの根源にあるものを引きずりだす。50万部突破の『推し、燃ゆ』に続く奇跡とも呼ぶべき傑作。

  • 単行本 / 160頁
  • 2022.05.12発売
  • ISBN 978-4-309-03035-7

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
人は2000連休を与えられるとどうなるのか?

日本文学

人は2000連休を与えられるとどうなるのか?

上田 啓太

人生に行き詰まりを感じ仕事を辞めた男・上田。至福の日々も束の間、迫りくる不安に対抗すべくもがきはじめるが――内省と実験の果てに訪れるまさかの「哲学的」展開とは? 衝撃の体験談!

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.04.27発売
  • ISBN 978-4-309-03034-0

定価1,628円(本体1,480円)

○在庫あり

詳細を見る
私語と

日本文学

私語と

尾崎 世界観

「クリープハイプ」の尾崎世界観初歌詞集。「言葉」に向き合い厳選した75曲の歌詞に加え、「帯」「はじめに」「おわりに」という名の「歌詞」を書き下ろし。

  • 単行本 / 280頁
  • 2022.04.18発売
  • ISBN 978-4-309-03033-3

定価1,870円(本体1,700円)

○在庫あり

詳細を見る
柳田國男先生随行記

日本文学

柳田國男先生随行記

今野 圓輔

太平洋戦争開戦1か月前に、柳田國男の九州講演に同行した17日間の貴重な電車旅行記。「随行後記」と「先生との対話抄」も収録。

  • 単行本 / 214頁
  • 2022.03.28発売
  • ISBN 978-4-309-03031-9

定価2,475円(本体2,250円)

○在庫あり

詳細を見る
副音声

日本文学

副音声

大林 利江子

視覚障がい者を声で補助する「副音声」制度で繋がる男女。光を失った「彼女」と、未来が見えない「僕」。ただ、同じ視界を共有するだけのふたりが育む、もっとも純粋な恋愛小説!

  • 単行本 / 304頁
  • 2022.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-03032-6

定価1,782円(本体1,620円)

○在庫あり

詳細を見る
御伽の国のみくる

日本文学

御伽の国のみくる

モモコグミカンパニー

アイドルの夢破れ、メイド喫茶でバイトの日々。裏切り、妬み、失望の果てに、友美が見つけた答えとは? 大人気グループBiSHのモモコグミカンパニーが贈る、感動の小説デビュー作!

  • 単行本 / 264頁
  • 2022.03.19発売
  • ISBN 978-4-309-03030-2

定価1,375円(本体1,250円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア6 ブルーノ・タウト

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア6 ブルーノ・タウト

高橋 英夫

日本にも滞在し、相互に影響を与えあった表現主義建築の大家タウトの文化観と、ゲーテ、ヘルダーリン、シュティフターらドイツ文学の巨峰の魅力とその受容への欲求、憧れ、悦び、安らぎ。

  • 単行本 / 420頁
  • 2022.03.15発売
  • ISBN 978-4-309-70916-1

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
眼球達磨式

日本文学

眼球達磨式

澤 大知

無為な日々を過ごす「彼」は、移動式の監視カメラ「アイ」を手に入れた。極小眼球型の機体で街を疾走するが、ある日、なんとアイが勝手に自走をはじめ――。第58回文藝賞受賞作。

  • 単行本 / 108頁
  • 2022.03.14発売
  • ISBN 978-4-309-03013-5

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る