検索結果

1810件中 2140件を表示 | 表示件数   件

横溝正史が選ぶ日本の名探偵 戦前ミステリー篇

文庫・新書

横溝正史が選ぶ日本の名探偵 戦前ミステリー篇

横溝 正史

ミステリー界の大家・横溝正史が選んだ、日本の名探偵が活躍する短篇9篇を収めたミステリー入門にも最適のアンソロジー【戦前篇】。探偵イラスト&人物紹介つき。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2022.06.07発売
  • ISBN 978-4-309-41895-7

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
横溝正史が選ぶ日本の名探偵 戦後ミステリー篇

文庫・新書

横溝正史が選ぶ日本の名探偵 戦後ミステリー篇

横溝 正史

ミステリー界の大家・横溝正史が選んだ、日本の名探偵が活躍する短篇10篇を収めたミステリー入門にも最適のアンソロジー【戦後篇】。探偵イラスト&人物紹介つき。

  • 河出文庫 / 344頁
  • 2022.06.07発売
  • ISBN 978-4-309-41896-4

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
犬の記憶

文庫・新書

犬の記憶

森山 大道

「路上にて」「壊死した時間」「街の見る夢」―現代写真界のレジェンドの原点を示す唯一無二、必読のエッセイ的写真論。写真約60点を収録し、入門的一冊としても。新規解説=古川日出男。新装版。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2022.06.07発売
  • ISBN 978-4-309-41897-1

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
旅の終りは個室寝台車

文庫・新書

旅の終りは個室寝台車

宮脇 俊三

「楽しい列車や車両が合理化の名のもとに消えていくのは淋しいかぎり」と記した著者。今はなき寝台特急「はやぶさ」など、鉄道嫌いの編集者を伴い、津々浦々貴重な路線をめぐった乗車記。新装版。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2022.06.07発売
  • ISBN 978-4-309-41899-5

定価990円(本体900円)

△2週間~

詳細を見る
犬の記憶 終章

文庫・新書

犬の記憶 終章

森山 大道

「パリ」「大阪」「新宿」「武川村」「青山」―現代写真界のレジェンドの原点を示す唯一無二、必読の半自伝。写真約50点を収録し、入門的一冊としても。新規解説=古川日出男。新装版。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2022.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41898-8

定価1,045円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
生命式

文庫・新書

生命式

村田 沙耶香

夫も食べてもらえると喜ぶと思うんで――死んだ人間を食べる新たな葬式を描く表題作のほか、村田沙耶香自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる12篇。文学史上、最も危険な短編集!

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2022.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41887-2

定価693円(本体630円)

○在庫あり

詳細を見る
一の糸

文庫・新書

一の糸

有吉 佐和子

文楽の天才三味線弾きで、美貌の露沢清太郎が弾く一の糸の響きに魅せられた造り酒屋の箱入り娘・茜だが、清太郎には家庭があった――。芸道一筋に生きる男と愛に生きる女。波乱万丈の二人の人生を描く。

  • 河出文庫 / 520頁
  • 2022.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41888-9

定価1,089円(本体990円)

○在庫あり

詳細を見る
生きてしまった 太宰治×ミステリ

文庫・新書

生きてしまった 太宰治×ミステリ

太宰 治

人間が生まれながらに持つ「原罪」とは何か? 生と死の狭間で揺れ動く人々を描いたミステリアスな傑作15篇。『文豪ミステリ傑作選 太宰治集』を改題復刊。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2022.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41890-2

定価792円(本体720円)

○在庫あり

詳細を見る
我が尻よ、高らかに謳え、愛の唄を

文庫・新書

我が尻よ、高らかに謳え、愛の唄を

浅暮 三文

戦時下のヨーロッパ、芸人ピップは自由と平等を求めて、人並み外れた放屁の力を今日も放つ。ドラゴンも放つ。三馬鹿も宇宙で放つ。南海の島で放つ。奇才が放つ愛と感動と奇想の物語。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 2022.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-41891-9

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
かか

文庫・新書

かか

宇佐見 りん

うーちゃん、19歳。母(かか)を救うため、ある無謀な祈りを胸に熊野へ。第56回文藝賞、第33回三島賞受賞。世代を超えたベストセラー『推し、燃ゆ』著者のデビュー作。書下し短編「三十一日」収録。

  • 河出文庫 / 168頁
  • 2022.04.27発売
  • ISBN 978-4-309-41880-3

定価594円(本体540円)

○在庫あり

詳細を見る
ここから先は何もない

文庫・新書

ここから先は何もない

山田 正紀

小惑星探査機が採取してきたサンプルに含まれていた、人骨化石。その秘密の裏には、人類史上類を見ない、密室トリックがあった……! 巨匠・山田正紀がおくる長編SF。

  • 河出文庫 / 456頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41847-6

定価1,078円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
成功者K

文庫・新書

成功者K

羽田 圭介

ある朝突如有名人になったK。夢のように一変した日々だったが、それは不気味な迷宮への入口だった…成功者の恍惚と不安を“ありのまま”書いて取扱注意の危険作! “とんでもない小説”行定勲(解説)

  • 河出文庫 / 368頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41881-0

定価924円(本体840円)

○在庫あり

詳細を見る
もぐ∞

文庫・新書

もぐ∞

最果 タヒ

最果タヒが「食べる」を綴ったエッセイ集が文庫化! 「パフェはたべものの天才」「グッバイ小籠包」「ぼくの理想はカレーかラーメン」etc.+文庫版おまけ「最果タヒ的たべもの辞典(増補版)」収録。

  • 河出文庫 / 184頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41882-7

定価627円(本体570円)

○在庫あり

詳細を見る
弱法師

文庫・新書

弱法師

中山 可穂

能楽をモチーフとした、著者最愛の作品集(「弱法師」「卒塔婆小町」「浮舟」を収録)。河出文庫版の新規あとがきも掲載。

  • 河出文庫 / 312頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41883-4

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
折れない心を育てる仏教語

文庫・新書

折れない心を育てる仏教語
悩みが気づきに変わる80のヒント

枡野 俊明

人生を変えるヒントは、目の前にある。大丈夫、有り難い、自由、覚悟、どっこいしょ…。毎日の暮らしに溶け込んだ意外な仏教由来の言葉を、生きる支えとなる禅僧の教えとともに80語紹介。

  • 河出文庫 / 200頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41884-1

定価715円(本体650円)

○在庫あり

詳細を見る
たけくらべ 現代語訳・樋口一葉

文庫・新書

たけくらべ 現代語訳・樋口一葉

松浦 理英子藤沢 周阿部 和重井辻 朱美

夭折の天才作家・樋口一葉の名作が、現代語訳で甦る! 「たけくらべ」=松浦理英子、「やみ夜」=藤沢周、「うもれ木」=井辻朱美、「わかれ道」=阿部和重。現代文学を代表する作家たちによる決定版。

  • 河出文庫 / 248頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41885-8

定価858円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
にごりえ 現代語訳・樋口一葉

文庫・新書

にごりえ 現代語訳・樋口一葉

伊藤 比呂美島田 雅彦多和田 葉子角田 光代

豪華作家陣による現代語訳で、一葉の名作を味わいつくす。「にごりえ・この子・裏紫」=伊藤比呂美、「大つごもり・われから」=島田雅彦、「ゆく雲」=多和田葉子、「うつせみ」=角田光代。新装復刊。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2022.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41886-5

定価858円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
灯をともす言葉

文庫・新書

灯をともす言葉

花森 安治

「美」について、「世の中」について、「暮し」について、「戦争」について――雑誌「暮しの手帖」創刊者が、物事の本質をつらぬく。時代を超えて、今こそ読み継がれるべき言葉たち。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2022.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-41869-8

定価869円(本体790円)

○在庫あり

詳細を見る
あなたが私を竹槍で突き殺す前に

文庫・新書

あなたが私を竹槍で突き殺す前に

李 龍徳

日本初の嫌韓女性総理が誕生し、ヘイトクライムが激化していくなか、立ち上がった一人の若者。彼と仲間が画策する禁断の「反攻」計画とは?第42回野間文芸新人賞受賞作。(解説:保坂和志)

  • 河出文庫 / 464頁
  • 2022.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-41874-2

定価1,155円(本体1,050円)

○在庫あり

詳細を見る
大河への道

文庫・新書

大河への道

立川 志の輔

映画「大河への道」の原作本。立川志の輔の新作落語「大河への道」からの文庫書き下ろし。伊能忠敬亡きあとの測量隊が地図を幕府に上呈するまでを描く悲喜劇の感動作!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2022.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-41875-9

定価748円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る