全集・シリーズ

テツノジダイ

鉄の時代

J・M・クッツェー

くぼた のぞみ

受賞
読売、日経、毎日/第64回毎日出版文化賞(企画部門)受賞 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 266ページ
ISBN:978-4-309-70951-2 ● Cコード:0397
発売日:2008.09.12

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

  • 反アパルトヘイト闘争の激化するケープタウン。黒人への暴力と差別を目の当たりにし、やがて浮浪者に看取られることになる女主人公の苦悩に満ちた遺書。ノーベル賞作家の傑作、初邦訳。

著者

J・M・クッツェー (クッツェー,J・M)

1940年、南アフリカ共和国、ケープタウン生まれ。ケープタウン大学で文学と数学を学び、61年渡英。コンピュータプログラマーとして働きながら同大学の修士号を取得する。65年にはアメリカに渡り、テキサス大学で博士号取得。68年からニューヨーク州立大学で教壇に立つが、71年に南アに帰国。以後ケープタウン大学で教えながら、74年の初小説『ダスクランド』を皮切りに、小説や評論を次々と発表する。南アのCNA賞、フランスのフェミナ賞ほか、世界的文学賞を数多く受賞。83年の『マイケル・K』および99年の『恥辱』で英国のブッカー賞を史上初の2回受賞。90年の本書『鉄の時代』でサンデー・エクスプレス賞受賞。2002年にオーストラリアへ移住し、翌03年にノーベル文学賞を受賞する。

くぼた のぞみ (クボタ ノゾミ)

北海道生まれ。翻訳家、詩人。著書に『鏡のなかのボードレール』等。訳書にアディーチェ『アメリカにいる、きみ』『半分のぼった黄色い太陽』『明日は遠すぎて』、クッツェー『マイケル・K』『鉄の時代』等多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳