• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ: 2019年8月の記事一覧

去る8月22日(木)明治記念館にて、選考委員・磯﨑憲一郎氏、斎藤美奈子氏、町田康氏、村田沙耶香氏により、第56回文藝賞の選考会がおこなわれました。
その結果、受賞作が宇佐見りん「かか」、遠野遥「改良」の2作に決定いたしました。
受賞作・選評・受賞の言葉は、10月7日(月)発売の「文藝」冬季号に掲載されます。

尚、授賞式は、10月中旬、明治記念館にて執りおこないます。
受賞者には、正賞として記念品、副賞として賞金50万円が贈られます。




受賞作「かか」宇佐見りん
(400字×139枚)

宇佐見りん(うさみ・りん)
1999年、静岡県生まれ。
20歳。現在学生。神奈川県在住。

【内容紹介】
《かか、かか、憎いくらいかあいそうなかか。
 うーちゃんが救ってあげるかんね。》


19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになってしまった。脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位 自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。
彼女はある祈りを抱え、熊野へと旅立つ――。

20歳の野性味あふれる感性が生み出す、独特の語り。
人が人として生まれ生きることの核心に立ち向かった、痛切な愛と自立の物語。



受賞作「改良」遠野遥
(400字×122枚)

遠野遥(とおの・はるか)
1991年、神奈川県生まれ。
28歳。慶応義塾大学法学部卒業。東京都在住。

【内容紹介】
《どうして、私は美しくないのだろう。
 女の格好をして、私はなぜ美しくなりたいのだろう。》


お気に入りのウイッグ、ニット、スカートを身につけ、「美しく」なるためのメイクに勤しむ大学生の私。
メイクが上達してゆくにつれ、ある欲望が芽生える。このまま外に出ても男だとわからないのではないか? コールセンターのバイト仲間のつくねと、いつも指名するデリヘル嬢のカオリ――希薄な人間関係にすがりながら、美への執着心の果てにもたらされた暴力とは ......。

冷徹な文体で、現代を生きる個人の孤独の淵を描き出す。男であること、そして女であることを決めるのは何か?
新世代のダーク・ロマン、誕生。
宮部みゆき著『さよならの儀式』 の重版(2、3刷)におきまして、一部書籍に乱丁が発生いたしましたので、お詫びして訂正いたします。


【乱丁内容】
392頁が抜けており、390頁が重複している。


なお、ご購入された書籍が乱丁本の場合には、新しい書籍と交換いたしますので、お手数ですが料金着払いにて下記交換本係までご送付くださいますようお願い申し上げます。

この度は、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
今後、このようなことのないよう十分に留意してまいります。
今後とも小社刊行物をどうぞよろしくお願いいたします。


●交換本の送付先
河出書房新社 営業部 交換本係
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
電話:03-3404-1201
FAX:03-3404-6167


●本件に関してのお問い合わせ先
河出書房新社 営業部 交換本係
電話:03-3404-1201(平日9:30〜17:30)


欠落した392頁はこちらから確認できます。

お知らせ: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ