• このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの最近の記事

スクリーンショット 2021-04-28 123540.jpg本採用は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

下記の通り採用を行います。奮ってご応募ください。


業務内容:
①営業補佐
データ入力、電話対応、請求業務、書籍発送、拡材作成 他
②広報補佐
データ処理(Excel、Photoshop、Illustrator等)、スキャン作業、
記事スクラップ、書架整理、書籍発送、電話対応 他
応募資格:
PC 操作必須(Windows、Mac)
※②はPhotoshop・Illustrator・InDesign等に関する知識をお持ちの方優遇
雇用形態:
契約社員(最長3年)
勤務地:
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:
9:30~17:30
時給:
1,300円~(昇給あり)
待遇:
交通費全額支給、昼食補助制度あり、社会保険完備、保養所あり
休日休暇:
土曜・日曜・祝日、年次有給休暇、5月1日、夏期、年末年始、慶弔他
応募方法:
下記書類2点をご郵送下さい。
A.自筆履歴書(市販A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
B.職務経歴書
※希望業務を備考欄に明記。①②同時応募可
応募先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「契約社員募集」係 宛に郵送
応募締切:
2021年5月23日(日) ※当日消印有効
選考:
書類選考のうえ、5月31日頃応募者全員に結果を通知。
通過者は6月7日(月) に面接予定。
採用の流れ:
書類選考

面接(1回)

採用
※応募書類は必ず郵送して下さい。当社への直接持参は受け付けできません。
※応募書類は返却いたしませんのでご了承下さい。

スクリーンショット 2021-05-06 135056.jpg
長編小説『シブヤで目覚めて』が刊行されたばかりのチェコ生まれの作家、アンナ・ツィマさんによる、特別トーク・イベントを開催します。
2018 年にチェコで刊行されると、その年の国内新人賞を総なめにし大きな話題を呼んだツィマさんのデビュー作『シブヤで目覚めて』。プラハと渋谷を舞台にした本作は、日本文学フリークの主人公・ヤナが、異国への強烈な憧れに振りまわされながらも、ふたつの街での出会いを通じて成長していく、ポップで奇妙な次世代ジャポネスク小説です。
著者のツィマさんは日本在住で、日本文学の研究・翻訳者でもあります。今回、ツィマさんと、本書を翻訳した阿部賢一さん、須藤輝彦さんをお招きし、この作品の魅力について語っていただきます。著者と翻訳者による貴重なトークをぜひお聴きください。


【イベント概要】
日時   2021年5月15日(土) 14:00~15:30
登壇者  アンナ・ツィマ、阿部賢一、須藤輝彦
司 会  ブルナ・ルカーシュ
視聴方法 Youtubeライブ配信

※ライブ配信URLは後日下記ページにて公開します。


参加無料・登録不要

主催:実践女子大学国文学科
協力:河出書房新社


アンナ・ツィマ
1991年、プラハ生まれ。カレル大学日本語学科を卒業後、日本に留学。本書で2018年にデビュー。同書でチェコ最大の文学賞であるマグネジア・リテラ新人賞ほか多数の賞を受賞し、注目を集める。
阿部賢一 (あべ・けんいち)
1972年東京都生まれ。東京大学准教授。著書に『複数形のプラハ』『カレル・タイゲ』、訳書にフラバル『わたしは英国王に給仕した』、オウジェドニーク『エウロペアナ』など。
須藤輝彦 (すどう・てるひこ)
1988年生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。ミラン・クンデラを中心に、チェコと中欧の文学を研究する。論文に「偶然性と運命」、Web連載に「燃えるノートルダム」、短篇小説に「中二階の風景」など。


詳細はこちら



主催・問い合わせ先 実践女子大学国文学科

9784309029610.jpg
桜庭一樹さんの著書『東京ディストピア日記』(河出書房新社)の刊行を記念して、桜庭一樹さんと、翻訳家・斎藤真理子さんによるトークイベント(オンライン配信)を開催いたします。
『東京ディストピア日記』は、桜庭さんが2020年1月~21年1月、コロナ禍の東京で暮らす約1年間の日々を、国内外の出来事を交えながら記録した作品です。
本作は季刊文芸誌「文藝」2021年春季号の特集「夢のディストピア」に2020年1月~10月分が掲載され、「これが現実にあったことだなんて」「追体験からの発見が多数ある」と大反響を呼びました。
刊行にあたり、この日記作品を雑誌掲載時から熱心にお読みくださった韓国文学翻訳者の斎藤真理子さんをお招きし、この1年間のことや、これからのフィクションのありかたについてなど、自由にお話しいただきます。
直接お話をされるのはこの機会が初めてとなるおふたりの、貴重なトークをぜひお聴きください。


【イベント概要】
日時  2021年5月14日(金)19:30~21:00
場所  オンライン
主催  ブックファースト新宿店
問合せ 03-5339-7611
定員  最大500名


【参加方法】
下記いずれかをご購入
〇イベント視聴券:1,500円(税込)
〇サイン入り書籍+イベント視聴券:3,392円(税込)
(書籍代1,892円+イベント視聴券1,000円+配送料500円いずれも税込)

■購入方法
PASSMARKETにてお支払い 

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/020vw56scyj11.html

 


【登壇者】

桜庭一樹(さくらば・かずき)
1971年島根県生まれ。1999年、ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。2007年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞受賞。2008年『私の男』で直木賞受賞。近刊に『小説 火の鳥 大地編<上・下>』、『東京ディストピア日記』。


斎藤真理子(さいとう・まりこ)
翻訳家。訳書に、パク・ミンギュ『カステラ』、チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』、ハン・ガン『回復する人間』、チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』、イ・ラン『アヒル命名会議』、ファン・ジョンウン『ディディの傘』、パク・ソルメ『もう死んでいる十二人の女たちと』等。




9784309300023.jpg
死ぬまでに見たい景色や描きたい絵、書きたい物語や伝えたいことは何ですか?
ヒーラーとして私は死が近い人々とも交流します。
その中で気づくのは、誰もが何らかの創作や創造を切望してきたということです。
それはきっと、生まれた時から、ずっと。
その切望はどこから生まれ、どうやって実現するのか。
実現できないでいるとすれば、なぜなのか。
元NASA物理学者バーバラ・ブレナンが提唱するヒーリングサイエンスの観点から、
アートやパフォーマンス、恋愛や仕事における創造のしくみをご説明します。


イベント詳細はこちら


【会場】BAG ONE(渋谷区松濤1丁目4−8)
【日時】2021年4月17日(土)
開場:13時30分
開演:14時00分
終演:15時30分予定


【登壇者】シカ・マッケンジー


【料金】会場チケット:4,000円
オンライン配信チケット:4,000円
書籍(上下巻)付きオンライン配信チケット:8,000円 *イベント終了後発送

 

★チケットご購入者全員に、イベント終了後
1週間限定で視聴可能なアーカイブURLを配布いたします。
当日ご覧になれない場合も是非ご利用ください。

 
 

チケットのご購入はこちら:https://core-light-healing.peatix.com

主催・問い合わせ先 BAG ONE
定員 リアル会場20名、オンライン制限なし
共鳴する未来%E3%80%80カバー.jpg

私たちの世界は、コロナ禍を経てどこへ向かうのか。

社会が求めるスタンダードに合わせるのではなく、
一人ひとりの多様な価値観をもとに生きるには、どうすればよいか。

 

昨年9月刊行の河出新書で『共鳴する未来』で、ビッグデータで変わりゆく自由、プライバシー、貨幣といった「価値」を問い直し、個人の生き方を原点に共に生きる社会を提言した宮田裕章さんと、多様な人がつながり共にある場の在り方を探り、『未来をつくる言葉』(新潮社、2020年)などを書かれているドミニク・チェンさんが、テクノロジーを用いてよりよい社会へと変わる未来はどんな形で開けているか、語り合います。

注目のお二人、初めての対談です。

※本イベントは、オンラインのみでの開催です。

 

日時:3/30()19時-21

料金:

・イベント参加券 1,300円(税込)

・書籍『共鳴する未来』(河出書房新社・924円/税込)+イベント参加券(1,000円/税込)+送料(500円/税込) セット 2,424(税込)

開催:Zoomウェビナー機能を利用したオンラインライブ配信

主催:代官山蔦屋書店

 

イベント詳細、ご予約はこちらからお願いいたします。

https://store.tsite.jp/daikanyama/event/humanities/18789-1520160222.html

 

 

登壇者プロフィール

宮田裕章 みやた・ひろあき

専門はデータサイエンス、科学方法論。慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授。東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。専門医制度と連携したNCDLINE×厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」など、科学を駆使し社会変革を目指す研究を行う。2025年日本国際博覧会テーマ事業プロデューサーも務める。

 

ドミニク・チェン

博士(学際情報学)、早稲田大学文化構想学部・准教授。人間社会とテクノロジーのより良い関係の在り方を研究している。認定NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(現・コモンスフィア)、公益財団法人Well-Being for Planet EarthNPO法人soar理事。現在、展示ディレクターを務める企画展「トランスレーションズ展――『わかりあえなさ』をわかりあおう」が21_21 DESIGN SIGHTで開催中(20216月まで)主な著書に『未来をつくる言葉――わかりあえなさをつなぐために』(新潮社、八重洲本大賞2020受賞)。監訳書に『ウェルビーイングの設計論』(BNN新社)など。

9784309028736.jpg
朝吹真理子さんのエッセイ『だいちょうことばめぐり』刊行を記念し、情報学者のドミニク・チェンさんをお迎えしたインスタライブトークをゆるっと開催します。
朝吹さん(mariko_asabuki)、ドミニクさん(dominique_hl_chen)、弊社(kawadeshobo)各々のインスタアカウントから同時配信予定です。
なにぶん初めての試みですのでお見苦しい点もあるかもしれませんが、あたたかく見守りいただければ幸いです。


日時=3月26日(金)20時くらいから配信開始
・朝吹真理子さん(ID: mariko_asabuki
・ドミニク・チェンさん(ID: dominique_hl_chen
・河出書房新社(ID: kawadeshobo

それぞれのインスタグラムアカウントから配信予定です。
アカウントのフォローをお願いいたします。


ドミニク・チェン
博士(学際情報学)、早稲田大学文化構想学部・准教授。人間社会とテクノロジーのより良い関係の在り方を研究している。認定NPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(現・コモンスフィア)、公益財団法人Well-Being
for Planet Earth、NPO法人soar理事。現在、展示ディレクターを務める企画展「トランスレーションズ展――『わかりあえなさ』をわかりあおう」が21_21
DESIGN SIGHTで開催中(2021年6月まで)主な著書に『未来をつくる言葉――わかりあえなさをつなぐために』(新潮社、八重洲本大賞2020受賞)。監訳書に『ウェルビーイングの設計論』(BNN新社)など。

朝吹真理子
1984年東京都生まれ。2009年、「流跡」でデビュー。2010年、同作で第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を最年少受賞。2011年、「きことわ」で第144回芥川賞を受賞。近刊に、小説『TIMELESS』(2018年)、エッセイ集『抽斗のなかの海』(2019年)がある。その他の作品に、2012~14年、国東半島アートプロジェクトにて発表された飴屋法水(演出・美術)による演劇「いりくちでくち」のテキストを担当し、共同制作。
9784309409054.jpg

 江戸川乱歩「D坂の殺人事件」、小栗虫太郎「黒死館殺人事件」、夢野久作「押絵の奇蹟」、横溝正史「八つ墓村」......。日本ミステリー史上に燦然と輝く傑作の数々を生み出した雑誌「新青年」は、1920年(大正9)に創刊され、1950年(昭和25)までに400冊が刊行されました。創刊当初、「新青年」は地方の青年たちの啓発を目指した雑誌でしたが、歴代の編集者の手腕により、ミステリー・ファッション・スポーツの最先端を誌面に展開し、昭和初年には時代を牽引する雑誌へと躍進を遂げました。その精神は、現代の出版界にも大きな影響を与えています。

 創刊101年を記念する本展では、「新青年」を舞台に活躍した作家たちの軌跡を約600点の資料によってたどり、日本の大衆文化史上に一時代を築いた「伝説の雑誌」に迫ります。


【会期】
2021年3月20日(土・祝)~5月16日(日)
休館日:月曜日(5月3日は開館) 

【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

【会場】
神奈川近代文学館第2・3展示室

【観覧料】
一般700円(500円)、65歳以上/20歳未満及び学生350円(250円)、高校生100円(100円)、中学生以下は無料
*( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方は、手帳もしくは、ミライロIDの提示で無料(詳しくはお問い合わせください)。

【編集委員】
浜田雄介

【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会

【協力】
成蹊大学図書館、二松学舎大学、立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター

【後援】
一般社団法人日本推理作家協会、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk

【協賛】
河出書房新社、光文社、国書刊行会、筑摩書房、東京創元社、博文館新社、京急電鉄、相模鉄道、東急電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会

【広報協力】
2019文豪ストレイドッグス製作委員会、KAAT 神奈川芸術劇場

 
*新型コロナウイルスの感染拡大状況により開催日時等を変更する場合があります。また、感染予防のためご来館の際にはマスクの着用などにご協力をお願いいたします。その他の注意事項はお知らせに掲載してあります。ご来館前に必ずご参照ください。詳しくはお問い合わせください。

【お問合せ】公益財団法人神奈川文学振興会
        231-0862 横浜市中区山手町110 県立神奈川近代文学館内
        TEL045-622-6666 FAX045-623-4841

河出書房新社は正社員を募集します。下記要項をよくお読みになり、奮ってご応募ください。

業務内容:
編集業務 雑誌(『文藝』)、書籍(ノンフィクション、新書、サイエンス、人文・歴史、実用書、翻訳書等)
応募資格:
編集経験2年以上、即戦力として働ける方
雇用形態:
正社員
勤務地:
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:
9:30~17:30(10:00~18:00・10:30~18:30の勤務も可)
給与:
当社規定による
昇給・賞与:
昇給 年1回、賞与 年2回
諸手当:
住宅手当、家族手当、交通費全額支給、昼食費補助制度あり
休日休暇:
土曜・日曜・祝日、年次有給休暇、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇 他
福利厚生:
社会保険完備、保養所あり、リフレッシュ休暇制度あり
応募方法:
下記書類3点をご郵送下さい
A.自筆履歴書(A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
B.職務経歴書(これまでに手掛けた企画と内容詳細)
C.入社後に手掛けたい書籍の企画書3本
応募先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「編集経験者募集係」宛
応募締切:
2021年3月7日(日)※当日消印有効
選考:
書類選考の上、3月中旬に応募者全員へ結果を通知、
通過者は3月25日(木)に面接予定
採用の流れ:
書類選考

面接(3回)

採用
※応募書類は必ず郵送して下さい。当社への直接持参は受け付けできません。
※応募書類は返却いたしませんので予めご了承下さい。



9784309619989.jpg

シモーヌ・ヴェイユ、今村純子訳『神を待ちのぞむ』河出書房新社

刊行記念トーク・ セッション


映画を撮ること、言葉を紡ぐこと

今村純子(訳者)× 江畠香希(映像作家)


シモーヌ・ヴェイユが誕生して111年目の年に刊行された新訳『神を待ちのぞむ』を、神や宗教という言葉から離れて、芸術家が作品を創造するように、わたしたちが自らの生を創造するものとして捉えたとき、どのような可能性がひらかれるでしょうか。映画『女として生きる』(2011年)を監督された江畠香希さんをゲストにお迎えして、考えてみたいと思います 。


日時: 202136日(土)18:3020:30

Zoomによるオンライン開催(参加無料)


参加方法:

Zoomによるオンライン開催です。以下の参加フォームにより、35日(金) までにお申込みください。お申込みくださった方のメールアドレス宛に、当日正午までに参加URL等を記した案内メールをお送りいたします(当日正午までに案内メールが届かない場合、下記の問い合わせ先メールアドレスにご連絡ください)。

https://forms.gle/HWgcaL8nDymytEiZ7

 

主催:シモーヌ・ヴェイユ研究会

後援:河出書房新社

問い合わせ先: imajun@aol.jp(今村純子)


(以下、クリックで別ウィンドウに画像表示されます)

『神を待ちのぞむ』トーク・セッション詳細

『神を待ちのぞむ』トーク・セッション【最終版】_ページ_1.jpg

『神を待ちのぞむ』トーク・セッション【最終版】_ページ_2.jpg



9784309029405.jpg 2020年、自身初の中篇『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』が話題を呼び、今年127日に芸人青春小説『おもろい以外いらんねん』を発売した大前粟生さん。
 幼馴染のお笑いコンビAマッソとして人気を博し、初エッセイ『イルカも泳ぐわい。』が増刷を重ね、現在発売中の「文藝2021年春季号」掲載の短編小説も注目を集める加納愛子さん。

 大前さんの『おもろい以外いらんねん』は、コロナ禍でお笑い芸人として活動する2人とそれを遠くから見守る主人公という3人組の物語で、"笑い"が持つ希望と危うさの両方を鋭く描いています。

 大前さんはAマッソのネタが以前から大好きで単独ライブにも足を運んでおり、加納さんは本作を読んで「エグい小説。全芸人が読むべき」と即座に感想をくださいました。お互いの作品をリスペクトしてきながら、直接お話をするのは今回が初めてであるお二人。これから笑いはどうなっていくのか? おもろいとは何なのか? 笑いを小説で書くことについて――貴重な公開対談です。

<開催日時>
2021年2月17日(水)
19:30~21:00
※イベント終了後1週間のアーカイブ配信があります。

<販売期間>
販売開始:2021年1月27日(水)10:00
販売終了:2021年2月17日(水)18:30

<開催方法>
ZOOMによる配信となります。
ご購入いただくと、配信URLの記載されたPDFファイル(URL_20210217.pdf)をダウンロードしていただくことができます。
また、当日ご覧になられない場合、一週間のアーカイブ視聴を用意しておりますので、そちらもご利用ください。


ご購入・詳細はこちら

イベント: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ