検索結果

40件中 120件を表示 | 表示件数   件

鎌倉殿と13人の合議制(仮)

文庫・新書

河出新書

鎌倉殿と13人の合議制(仮)

本郷 和人

源頼朝亡き後、家督を継いだ頼家の代に導入された「13人の合議制」とは何だったのか。頼朝以前にさかのぼって鎌倉幕府の本質を明らかにしながら、北条時代への移行期の真相に迫る。

  • 新書 / 208頁
  • 2022.01.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63141-7

予価924円(本体840円)

※未刊

詳細を見る
あなたの顔には99%理由がある(仮)

文庫・新書

河出新書

あなたの顔には99%理由がある(仮)
相貌心理学で学ぶ顔のトリセツ(仮)

佐藤ブゾン貴子

「目は内面の苦境を示す」「鼻には本音が表れる」…あなたの顔には、心のすべてが表れていた! 自分を正しく知り、弱みを強みに変えるための完全メソッド。メディアで話題の顔の心理学。

  • 新書 / 224頁
  • 2021.11.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63140-0

予価924円(本体840円)

※未刊

詳細を見る
怒る勇気

文庫・新書

河出新書

怒る勇気

岸見 一郎

理不尽や不正が蔓延するこの時代において、私たちに必要な「真の怒り」=「公憤」とは? 絶望より前にすべきことがある。アドラー心理学の第一人者が贈る、世界を変えるための思考と実践。

  • 新書 / 256頁
  • 2021.10.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63138-7

予価924円(本体840円)

※未刊

詳細を見る
自民党(仮)

文庫・新書

河出新書

自民党(仮)

田原 総一朗

長年にわたり自民党政治家たちの傍で取材し、政権に大きな影響も及ぼした著者が、コロナ禍の今、改めて自民党の歴史を振り返りつつ、なぜ国民は自民党を選択し続けるのかについて迫る。

  • 新書 / 192頁
  • 2021.10.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63139-4

予価891円(本体810円)

※未刊

詳細を見る
教えから学びへ

文庫・新書

河出新書

教えから学びへ
教育にとって一番大切なこと

汐見 稔幸

なぜ教育には「~しなければならない」が多いのか? どうすれば「みずから学ぶ」環境はつくれるのか? 教え方ではなく、子どもの学びの深め方からいま必要な教育の本質を考える。

  • 新書 / 256頁
  • 2021.07.27発売
  • ISBN 978-4-309-63136-3

定価979円(本体890円)

○在庫あり

詳細を見る
日本史の法則

文庫・新書

河出新書

日本史の法則

本郷 和人

日本は一つ、ではない。歴史も一つ、ではない。日本の歴史は、ぬるい……この国の歴史はこういうふうに動いてきた! 研究生活40年を経て辿り着いた6つの法則とは? 本郷日本史の集大成

  • 新書 / 272頁
  • 2021.07.27発売
  • ISBN 978-4-309-63137-0

定価935円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
一日一考 日本の政治

文庫・新書

河出新書

一日一考 日本の政治

原 武史

一日一つ、全366人の文章を選び、その言葉が日本の政治にとってどんな意味を持つか、いまの体制とどう繋がっているかを考える。政治家や研究者のみならず、作家、市井の言葉まで。

  • 新書 / 408頁
  • 2021.06.29発売
  • ISBN 978-4-309-63133-2

定価1,089円(本体990円)

○在庫あり

詳細を見る
挑発する少女小説

文庫・新書

河出新書

挑発する少女小説

斎藤 美奈子

赤毛のアン、若草物語、小公女、あしながおじさん……大人になって読む翻訳少女小説は、子どもの頃には気づかなかった発見に満ちている。懐かしいあの名作はいま、何を教えてくれるのか?

  • 新書 / 276頁
  • 2021.06.29発売
  • ISBN 978-4-309-63134-9

定価946円(本体860円)

○在庫あり

詳細を見る
シン・エヴァンゲリオン論

文庫・新書

河出新書

シン・エヴァンゲリオン論

藤田 直哉

テレビ版の放送開始から26年、ついに完結を迎えた大ヒット作品『エヴァンゲリオン』を詳細に読み解く。それは戦後日本の精神史・文化史であり、オタクの成熟の物語ともなるだろう。

  • 新書 / 248頁
  • 2021.06.29発売
  • ISBN 978-4-309-63135-6

定価968円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
「ことば」に殺される前に

文庫・新書

河出新書

「ことば」に殺される前に

高橋 源一郎

否定の「ことば」に分断された日本へ贈る緊急出版! あの即興連続思考ツイート「午前0時の小説ラジオ」が待望の書籍化。書下ろしに加え、朝日新聞不定期連載「歩きながら、考える」収録。

  • 新書 / 328頁
  • 2021.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-63126-4

定価935円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
サバイバルする皮膚

文庫・新書

河出新書

サバイバルする皮膚
思考する臓器の7億年史

傳田 光洋

生物を外界と隔てる最大のインターフェイス〈皮膚〉はいかにして我々を進化させたのか? 体毛を捨て、巨大な脳を手に入れた激動の歴史を、日本の皮膚研究の第一人者がスリリングに紐解く!

  • 新書 / 264頁
  • 2021.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-63131-8

定価946円(本体860円)

○在庫あり

詳細を見る
クローズアップ藝大

文庫・新書

河出新書

クローズアップ藝大

国谷 裕子東京藝術大学

「最後の秘境(?)」東京藝術大学に潜む「芸術家&専門家」に、国谷裕子がクローズアップ! 今こそ社会に芸術を!! 閉塞した現代を切り拓く最後の鍵=芸術の無限の可能性に迫る。

  • 新書 / 320頁
  • 2021.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-63132-5

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
不機嫌のトリセツ

文庫・新書

河出新書

不機嫌のトリセツ

黒川 伊保子

コロナ禍でギスギス、家族間のイライラ、職場でモヤモヤ、男女間のムカムカ……。史上最悪の不機嫌の時代、到来! この世のお悩み即解決、著者集大成の「不機嫌退散レシピ」!

  • 新書 / 216頁
  • 2021.04.14発売
  • ISBN 978-4-309-63130-1

定価891円(本体810円)

○在庫あり

詳細を見る
日本語の教養100

文庫・新書

河出新書

日本語の教養100

今野 真二

かなと漢字、語の意味と形、音韻と表記、様々な辞書、ことばあそび、詩のことば……1つ1つ読み進めていくうちに日本語の諸要素を網羅的に知ることができる。ユニークな日本文化入門としても。

  • 新書 / 256頁
  • 2021.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-63128-8

定価946円(本体860円)

○在庫あり

詳細を見る
緊張を味方につける脳科学

文庫・新書

河出新書

緊張を味方につける脳科学

茂木 健一郎

緊張は脳の使い方で、敵にも味方にもなる。ビギナーズ・ラック、火事場の馬鹿力、ゾーンを脳科学から解明。アスリートらの正しい緊張から、本番でベストパフォーマンスを出す秘訣を探る!

  • 新書 / 208頁
  • 2021.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-63129-5

定価924円(本体840円)

○在庫あり

詳細を見る
「原っぱ」という社会がほしい

文庫・新書

河出新書

「原っぱ」という社会がほしい

橋本 治

そもそも「社会」とはどういうものだったか? 絶筆となった論考「「近未来」としての平成」を中心とした、橋本流「近代論」集成! 橋本治が理想とした「原っぱの論理」とは何だったのか?

  • 新書 / 224頁
  • 2021.01.22発売
  • ISBN 978-4-309-63127-1

定価924円(本体840円)

○在庫あり

詳細を見る
中国 vs アメリカ

文庫・新書

河出新書

中国 vs アメリカ
宿命の対決と日本の選択

橋爪 大三郎

米中衝突の時代がやってきた。日本はどうする?――中国共産党とは?ナショナリズムとは?香港、台湾は?ありうる軍事衝突のシナリオとは? 知っておきたい重要論点をそもそもから徹底解説。

  • 新書 / 376頁
  • 2020.12.28発売
  • ISBN 978-4-309-63124-0

定価990円(本体900円)

○在庫あり

詳細を見る
仏教の誕生

文庫・新書

河出新書

仏教の誕生

佐々木 閑

二千五百年もの間、「生きることがつらい」と感じる人たちを救い続ける組織がある。仏教である。仏教はなぜ、生まれたのか? なにを私たちに伝えようとするのか。その本質に迫る連続講義。

  • 新書 / 192頁
  • 2020.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-63125-7

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
対立軸の昭和史

文庫・新書

河出新書

対立軸の昭和史
社会党はなぜ消滅したのか

保阪 正康

戦後、最大野党として力を持ちつつも、激しい党内闘争と保守からの切り崩しによって消滅した社会党とは何だったのか。その興亡を検証しながら左派の可能性を問うもうひとつの昭和史。

  • 新書 / 272頁
  • 2020.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-63122-6

定価968円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
あなたの怒りは武器になる

文庫・新書

河出新書

あなたの怒りは武器になる

安藤 俊介

その怒りは正しい。ネガティブなイメージがある「怒り」をポジティブなものとして捉え、適切に使いこなす方法を紹介。日々の生活を良くする原動力となる「怒り」の大切さを実感できる1冊。

  • 新書 / 192頁
  • 2020.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-63123-3

定価880円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る