• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/17 遠藤周作の日記を読む~『遠藤周作全日記』刊行を終えて~(長崎県長崎市、遠藤周作文学館)

9784309026367.jpg

今年刊行、遠藤周作の日記をまとめた『遠藤周作全日記1950-1993』(河出書房新社、2018)。その解説を担当された今井真理さん、企画・編集を担当した太田美穂(河出書房新社)で、日記を通して浮かび上がる、遠藤周作の実像に迫る講座を開催します。『全日記』刊行までの編纂秘話が聞けるのも今回の講座ならでは!
    
    ――遠藤は、作家の芸術体験、読書体験こそが、作家の「大きな養分」になっていると指摘した。
    つまり、遠藤が生きた歴史と同様に、彼の読書体験も又「作家遠藤周作」の原点であり、
    その手がかりとしてもこの日記は重要な視点となる。
     今井真理(本書解説より)
    
    
    [日 時] 2018年11月17日(土) 13:30~15:30
    [場  所] 遠藤周作文学館(思索空間アンシャンテ)
    [住  所] 長崎県長崎市東出津町77番地
    [定  員] 40名(先着順) 
    [参加料] 無料
    [講  師] 今井真理氏(文芸評論家)、太田美穂(河出書房新社・編集者)
    [申込み]FAXにイベント名、人数、氏名、年齢、電話番号を明記の上、文学館まで。
         電話でも可。11月15日(木)〆切。
         遠藤周作文学館  
         TEL:0959-37-6011
         FAX:0959-25-1443
    
    文学館のイベントページは、こちらです。