• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/13 『わたしの身体はままならない: 〈障害者のリアルに迫るゼミ〉特別講義』刊行記念トークイベント

9784309290935.jpg
「わたし(あなた)の生きづらさは、あなた(わたし)にどう映るのか?」 
『わたしの身体はままならない: 〈障害者のリアルに迫るゼミ〉特別講義』(河出書房新社)刊行記念 トークイベント

「そっちの世界、どうなってるの?」
 
 そんな疑問に、「こんなふうに生きてるよ」と答える、15人の当事者の声が集まった書籍『わたしの身体はままならない: 〈障害者のリアルに迫るゼミ〉特別講義』の刊行を記念して、トークイベントを開催します。
 お話いただくのは、本書の執筆者のなかから、一般社団法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さん、中核地域生活支援センターがじゅまるで相談支援員をされている今井出雲さん、筑波大学 人間総合科学研究科 大学院生の石田祐貴さんの3名。
  障害者の性の問題、ジェンダー/セクシュアリティの抑圧、見た目の問題と見えない苦労etc......
答えがまた問いになり、他者の存在が「他人ごと」でなくなるような、自分の「ままならなさ」がどこかに着地できるような、想像力を与えてくれる2時間。ライブ配信ですのでどこからでもご参加いただけます。どうぞお見逃しなく! 

※本イベントはオンライン配信のみでご参加いただけるイベントです。詳細につきましては以下をご覧ください。


【出演者】 坂爪真吾さん×石田祐貴さん×今井出雲さん

【日 時】 2020年11月13日(金) 19:00~21:00

【開催場所】 本屋B&B(オンライン配信開催)
      〒155-0033 東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

【定 員】 なし

【参加申込】 peatixチケット販売ページ https://peatix.com/event/1682930/

【配信について】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

【書籍付きチケットのご案内】
・書籍『わたしの身体はままならない』を、イベントの配信チケットとセットで販売いたします。
・書籍はイベント後の発送となります。
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用しません。
・書籍は、B&Bさんからの発送となります。

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください。

※ご利用、お支払などについてはこちら
http://bookandbeer.com/ticket-info/ をお読みください。

【出演者プロフィール】
坂爪真吾(さかつめ・しんご)
一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。1981年新潟市生まれ。東京大学文学部卒。
2008年、「障害者の性」問題を解決するための非営利組織・ホワイトハンズを設立。
新しい「性の公共」を作る、という理念の下、重度身体障がい者に対する射精介助サービス、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談事業「風テラス」など、社会的な切り口で現代の性問題の解決に取り組んでいる。
近著は『性風俗シングルマザー 地方都市における女性と子どもの貧困』(集英社新書)『「許せない」がやめられない』(徳間書店)など。
 
石田祐貴(いしだ・ゆうき)
1992年、大阪府生まれ。特徴的な見た目と聴覚障害や口蓋裂を併せ有するトリーチャーコリンズ症候群の当事者。小・中学校は地元の普通学校、高校は聴覚特別支援学校に通った経歴をもつ。現在は筑波大学大学院人間総合科学研究群障害科学学位プログラム博士後期課程に在籍し、聴覚障害児・者の心理や教育に関する研究活動を行う。大学院で学ぶかたわら、「障害」や「見た目問題」を取り巻く環境の変化を目指して、啓蒙活動にも精力的に取り組む。講演活動に加えて、書籍『顔ニモマケズ』(水野敬也、文響社)など、複数のメディアへの掲載実績がある。
 
今井出雲(いまい・いずも)
中核地域生活支援センターがじゅまる コーディネーター。1995年東京都生まれ、東京大学文学部卒。中高時代、「女子」と名指される自身の性別に疑問を覚え、現在は様々なゆらぎを抱えつつもトランスジェンダー、ノンバイナリージェンダーとして歩む。大学で「障害者のリアルに迫る」ゼミの運営に携わったことをきっかけに福祉や障害の世界に興味を持ち、在学中から千葉県の社会福祉法人一路会に就職し、現在、新人ソーシャルワーカーとして、対象を定めない包括的相談支援に従事している。


【主催・問合せ】 本屋B&B 03-6450-8272





月別 アーカイブ