• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年8月の記事一覧

ディスタント』著者のミヤギフトシさんが、
文学をテーマに掲げた展覧会「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」に参加いたします。

会場=国立新美術館 企画展示室1E
   〒106-8558
   東京都港区六本木7-22-2

会期=2019年8月28日(水)~11月11日(月)

●ホームページはこちら
去る8月22日(木)明治記念館にて、選考委員・磯﨑憲一郎氏、斎藤美奈子氏、町田康氏、村田沙耶香氏により、第56回文藝賞の選考会がおこなわれました。
その結果、受賞作が宇佐見りん「かか」、遠野遥「改良」の2作に決定いたしました。
受賞作・選評・受賞の言葉は、10月7日(月)発売の「文藝」冬季号に掲載されます。

尚、授賞式は、10月中旬、明治記念館にて執りおこないます。
受賞者には、正賞として記念品、副賞として賞金50万円が贈られます。




受賞作「かか」宇佐見りん
(400字×139枚)

宇佐見りん(うさみ・りん)
1999年、静岡県生まれ。
20歳。現在学生。神奈川県在住。

【内容紹介】
《かか、かか、憎いくらいかあいそうなかか。
 うーちゃんが救ってあげるかんね。》


19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになってしまった。脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位 自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。
彼女はある祈りを抱え、熊野へと旅立つ――。

20歳の野性味あふれる感性が生み出す、独特の語り。
人が人として生まれ生きることの核心に立ち向かった、痛切な愛と自立の物語。



受賞作「改良」遠野遥
(400字×122枚)

遠野遥(とおの・はるか)
1991年、神奈川県生まれ。
28歳。慶応義塾大学法学部卒業。東京都在住。

【内容紹介】
《どうして、私は美しくないのだろう。
 女の格好をして、私はなぜ美しくなりたいのだろう。》


お気に入りのウイッグ、ニット、スカートを身につけ、「美しく」なるためのメイクに勤しむ大学生の私。
メイクが上達してゆくにつれ、ある欲望が芽生える。このまま外に出ても男だとわからないのではないか? コールセンターのバイト仲間のつくねと、いつも指名するデリヘル嬢のカオリ――希薄な人間関係にすがりながら、美への執着心の果てにもたらされた暴力とは ......。

冷徹な文体で、現代を生きる個人の孤独の淵を描き出す。男であること、そして女であることを決めるのは何か?
新世代のダーク・ロマン、誕生。
Unknown.jpeg

夢のつかみ方、挑戦し続ける力-元宝塚トップスターが伝える-』(河出書房新社)の刊行を記念し、早霧せいなさんのイベントを開催いたします。


場所:西武池袋本店 別館8階=池袋コミュニティ・カレッジ 4番教室
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店
日時:2019年8月25日 (日) 
   ①12:00~(トーク&サイン本お渡し会)
   ②13:00~(サイン本お渡し会)
   ③15:00~(トーク&サイン本お渡し会)

8月2日(金)から、三省堂書店のWEBでご予約を受け付けます。
イベントの詳細・ご予約方法は下記特設サイトをご確認ください。


主催:三省堂書店 池袋本店
早霧せいな(さぎり・せいな)
長崎県佐世保市出身。2001年宝塚歌劇団に入団、宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台。同年宙組に配属。09年雪組に組替え。14年9月雪組トップスターに就任。主演作品に『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』『星逢一夜/ La Esmeralda』『るろうに剣心』など。17年7月『幕末太陽傳/Dramatic "S"!』で宝塚歌劇団を退団。その後は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『るろうに剣心』『まほろば』などの舞台や、テレビなどで幅広く活躍中。


★9月8日(日)、関西某所でトーク&お渡し会を開催予定です。
 詳細は8月16日(金)告知いたします。

81CDzQgEgFL-1.jpg

5月に『はっとりさんちの狩猟な毎日』を刊行した 服部小雪さんと、
その夫・服部文祥さんによる夫婦対談!
横浜の住宅街ど真ん中で、
ニワトリを飼い、シカを解体し、獲った生き物を食べて暮らす、
5人家族「はっとりさんち」は、どんな日々を過ごしているのでしょう?


今回のイベントでは、自らも狩猟免許の取得を目指して勉強中の
「ターブル・オギノ」の荻野伸也シェフが、
服部家の食材を調理し、皆さんに提供してくださいます!

■日時:8月25日(日)11時〜12時30分
■場所:湘南 蔦屋書店

<参加費>
①書籍付き参加券 1,500円(税抜)
 └『はっとりさんちの狩猟な毎日』(河出書房新社)
②書籍なし参加券 700円(税抜)
<申込方法>
■電話受付 湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
※お申し込みの際にイベントの日時とタイトルをお伝えください。
※店頭でのお申し込みの場合は2号館1階BOOKカウンターまでお越しください。
■オンライン受付
湘南 蔦屋書店オンラインショップにてお申し込みください。

詳細は、湘南蔦屋書店HPをご覧ください。
9784309227665.jpg

小熊英二先生の4か月連続新刊刊行を記念して、講演会「30年で変わったこと、変わらなかったこと」とサイン会のイベントを8/9(金)19:00より、ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペースにて開催いたします。



【日時】8月9日(金)19:00開演/18:30開場
【会場】ブックファースト新宿店 地下2階 Fゾーンイベントスペース
【定員】先着50名様  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
【参加方法】ブックファースト新宿店にて整理券(500円税込)をご購入をされた方
サイン会の対象書籍は、下記の4点に限らせて頂き、当日に会場にて販売いたします。
※すでにご購入の方は、下記の4点の中からお1人様1冊まで、当日ご持参頂ければ、サインを致します。
【対象書籍】
①『私たちの国で起きていること』/小熊英二/朝日新聞出版社(朝日新書)/本体930円+税
②『平成史【完全版】』/小熊英二/河出書房新社/本体3,000円+税
③『地域をまわって考えたこと』/小熊英二/東京書籍/本体1,600円+税
④『日本社会のしくみ』/小熊英二/講談社(講談社現代新書)/本体1,300円+税

〈購入方法〉
①7月22日(月)10:00よりブックファースト新宿店 地下2階 Eゾーンレジカウンターにてイベント整理券を販売いたします。
② お電話でのご予約も承ります。下記の番号にお問い合わせください。

〈お問合せ〉ブックファースト新宿店03-5339-7611
 ※お掛け間違いのないようにご注意ください。

〈著者プロフィール〉
小熊英二(おぐま えいじ)
1962年、東京都生まれ。慶応義塾大学総合政策学部教授。
「単一民族神話の起源」、「〈日本人〉の境界」、「〈民主〉と〈愛国〉」、「1968(上・下)」
「日本という国」、「社会を変えるには」など著作多数。

〈注意事項〉
*イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
*整理券は数に限りがございます(先着50名様)。なくなり次第販売終了とさせていただきます。
*整理券をお持ちでない方の入場はできません。当日は、必ず、整理券をご持参ください。
*整理券の返品、交換、再発行は承れません。

宮部みゆき著『さよならの儀式』 の重版(2、3刷)におきまして、一部書籍に乱丁が発生いたしましたので、お詫びして訂正いたします。


【乱丁内容】
392頁が抜けており、390頁が重複している。


なお、ご購入された書籍が乱丁本の場合には、新しい書籍と交換いたしますので、お手数ですが料金着払いにて下記交換本係までご送付くださいますようお願い申し上げます。

この度は、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
今後、このようなことのないよう十分に留意してまいります。
今後とも小社刊行物をどうぞよろしくお願いいたします。


●交換本の送付先
河出書房新社 営業部 交換本係
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
電話:03-3404-1201
FAX:03-3404-6167


●本件に関してのお問い合わせ先
河出書房新社 営業部 交換本係
電話:03-3404-1201(平日9:30〜17:30)


欠落した392頁はこちらから確認できます。

月別 アーカイブ