トピックストピックスを購読

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定 2.jpg

*本イベントはかわくら会員 抽選無料招待 対象イベントです。
かわくら会員のかたはこちらからログインしてお申込みください(締切 10月18日 昼15時まで)

また、どなたでも無料で会員登録できます。登録はこちらから。



※2018年10月21日 (日)10時より受付を開始いたします。
※サイン対象本は『アメリカ死にかけ物語』『血液と石鹸』の2冊のみとなります。
 

アメリカが破綻する「声」を、市井の人々の出会いの中からユーモラスかつ切実に描いた、
ノンフィクションの傑作『アメリカ死にかけ物語』の刊行に伴い、著者のリン・ディンが来日します。
これに併せ、ディンを敬愛する川上未映子さんを特別ゲストにお迎えし、トークイベントとサイン会を行います。


リン・ディン×川上未映子 トーク&サイン会
開催日時 2018年11月18日(日) 18:00~19:30(開場17:30)
開催場所 青山ブックセンター本店内・大教室
     東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
参加申込 10月21日より下記リンク 青山ブックセンターウェブサイトで受付開始。
     イベント詳細もこちらからご確認ください。



プロフィール
Linh Dinh by Linh Dihn.jpg
リン・ディン
1963年、ベトナム、サイゴン生まれ。詩人、小説家、翻訳家。ベトナム戦争末期の75年、アメリカに居住。各地を転々とした後、フィラデルフィアに定住する。事務員やペンキ職人など様々な職業に就く一方で、詩や小説の執筆、朗読活動に取り組む。2007年、詩集『Borderless Bodies』(未邦訳)でAsian American Literary Award受賞。2018年、計36年住んだアメリカを離れ、ベトナムに戻った。著書に『血液と石鹸』(早川書房)、『Love Like
Hate』(未邦訳)など。

川上写真.jpg
川上未映子(かわかみ・みえこ)
1976年、大阪府生まれ。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2013年、短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』『あこがれ』、詩集『水瓶』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。最新刊は『ウィステリアと三人の女たち』。
 
 [司会]
小澤身和子
翻訳者。「クーリエ・ジャポン」の編集者を務めた後、取材コーディネーター及び通訳として海外メディアの日本取材に携わる。

9784309227511.jpg 
書籍紹介
リン・ディン 小澤身和子訳
3200円+税
旅をしながら出会ったホームレス、ドラッグ中毒、アル中といった市井の人々の「忘れられた声」に深く温かく切りこみ、アメリカの破綻を鋭く描いたノンフィクション。川上未映子氏、岸政彦氏推薦。
 

〈誰にも気づかれることなくやがて消えていくだけのさまざまが、たしかにそこで光を受けて存在していた、その一瞬が立ちあがる。価値のない、誰の人生も変えることのない、ただの美しさ。〉
ーー川上未映子

〈アメリカの荒廃した都市を生きる、声を持たない人びとの声を集めてできた、バーと路上の文学。猛烈に酒が飲みたくなる。〉
ーー岸政彦
9784309026725.jpg

花田菜々子さんの青春実録私小説『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』が第6回ブクログ大賞 「エッセイ・ノンフィクション」部門にノミネートされました。


ブクログ大賞とは
ブクログ大賞とは、本好きのみなさんで本当におもしろい本を決める書籍大賞です。対象作品の中からブクログで総合評価の高い作品をノミネート作品として選出し、みなさんの投票でそれぞれの部門の大賞作品を決定いたします。
ブクログ大賞は、みなさんの投票、つまりあなたの一票で決まります。
(当部門は2017年5月1日~2018年7月31日の期間に国内で発売された作品の中から、5作品がノミネート)。


投票はブクログアカウント、もしくはtwitterから誰でも参加できます。
東京締切は2018年10月22日(月)です。
投票・詳細はこちら。


なお、本作は9刷 37000部を突破しました。

9784309026725.jpg
【あらすじ】
夫に別れを告げ家を飛び出し、宿無し生活。どん底人生まっしぐらの書店員・花田菜々子。仕事もうまく行かず、疲れた毎日を送る中、願うは「もっと知らない世界を知りたい。広い世界に出て、新しい自分になって、元気になりたい」。そんな彼女がふと思い立って登録したのが、出会い系サイト「X」。プロフィール欄に個性を出すため、悩みに悩んで書いた一言は、「今のあなたにぴったりな本を一冊選んでおすすめさせていただきます」--。

「とんでもなく面白い」「続きが早く読みたい! 」「もう映画化とか決定してるんじゃ......?」
ネットで話題沸騰のあの衝撃の連載が、まさかの書籍化!
悩みまくる書店員・花田菜々子が初めて書いた、大人のための青春実録私小説。
9784309279435.jpg

プロレス きょうは何の日?』を出版した鈴木健.txtさん出演のトークイベントが開催されます。


「愛プロレス博2018後夜祭~『プロレス きょうは何の日?』発刊記念イベント2:鈴木健.txtと語る"私のプロレス記念日"」
〔日時〕10月20日(土)19:00開場/19:30開始
〔会場〕愛知・スポルティーバアリーナ(名古屋市中区千代田3-13-15)
〔出演〕鈴木健.txt
〔参加費〕チャージ500円+1時間1オーダー制
〔内容〕
第1部:『プロレス きょうは何の日?』に掲載された365日分のエピソードの中からリクエストを募り、また参加者それぞれの「プロレス記念日」をあげてもらってそれらについて語り合うトークライヴ。著書即売もあり
第2部:前日に開催される「愛プロレス博2018~ノリ・ダ・ファンキーシビレサス引退試合」についてスポルティーバエンターテイメント・斉藤涼代表とともに振り返る。大会裏話やエピソードも
〔予約・問い合わせ〕kenpitsu.txt@gmail.com まで氏名、当日連絡が取れる連絡先、参加人数を送信。著書購入を希望される方はその旨も明記してください
 

主催者お知らせページ
867fff791e4822992561b5bc3f2eddd8-1-710x1024.jpg

かわくら会員無料招待は締め切りました。
お申込みいただいた方には当落通知をお送りしております。
たくさんのご応募ありがとうございました。

*本イベントはかわくら会員 抽選無料招待 対象イベントです。
かわくら会員のかたはこちらからログインしてお申込みください(締切 10月15日 朝11時まで)

また、どなたでも無料で会員登録できます。登録はこちらから。




累計45万部、大好評の「日本文学全集」から、待望の角田光代訳『源氏物語』中巻が刊行されます。新訳『源氏物語 中』を上梓した角田光代氏と全集編者である池澤夏樹氏が、54帖中の最高傑作と言われる「若菜」など、物語の醍醐味を存分に味わえる中巻の魅力を語り尽くします。奮ってご参加ください。


【イベント概要】
日  時:2018年11月9日 19:00から(開場18:30)
開催場所:西武池袋本店 別館9階 池袋コミュニティ・カレッジ 20番教室
住  所:豊島区南池袋1丁目28−1
申込方法:三省堂書店店池袋本店 別館地下1階Aゾーンのレジにて参加券(税込2,000円)を販売いたします。
     参加券のご予約は、お電話でも承ります。
     受付電話番号 03(6864)8900 (電話受付時間 10時から22時)
料  金:前売2,000円
主  催:三省堂書店店池袋本店、河出書房新社
その他詳細はこちら(三省堂書店店池袋本店 イベントページ)


04ba4fdc8a6f964a0b93af612580209c-683x1024.jpg
撮影:KIKUKO USUYAMA
《プロフィール》
角田光代 (かくた・みつよ): 1967年、神奈川県生まれ。著書に『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『空中庭園』(婦人公論文芸賞)、『対岸の彼女』(直木賞)、「ロック母」(川端文学賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)、『紙の月』(柴田錬三郎賞)など多数。
0905291a31e482558e58ed122adfbf4f-680x1024.jpg
池澤夏樹 (いけざわ・なつき):1945年生まれ。作家・詩人。88年『スティル・ライフ』で芥川賞、93年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、2010年「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」で毎日出版文化賞、11年朝日賞、ほか多数受賞。他に『カデナ』『アトミック・ボックス』など。
9784309279763.jpg

ピアニストで多くの著作をもつ青柳いづみこさんが、『高橋悠治という怪物』(河出書房新社)を刊行されました。
作曲家・ピアニスト・評論家としてさまざまに同時代の表現行為をきりひらいてきた高橋悠治。
初の高橋悠治論となる本書は、グレン・グールドとの対比から、クセナキス、武満徹ら20世紀音楽との関わり、そして「水牛楽団」という、独自な民衆音楽への志向性を辿っています。
今回B&Bでは、本書を記念してイベントを開催します。
お相手にお迎えするのは、高橋悠治さんご本人。
高橋悠治さんが演奏するアジアの作曲家の作品、そして、日本古来の楽器を使った高橋作品のCDをかけながら、アジアとの関わり、作曲家との交友について語っていただきます。
どうぞお聴き逃しなく。


イベントのご予約はこちらから!


日時  2018年11月7日(水)20:00~22:00 (19:30開場)
出演  青柳いづみこ(ピアニスト、文筆家)
    高橋悠治(作曲家、ピアニスト)  
場所  本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料 前売1,500yen + 1 drink order
    当日店頭2,000yen + 1 drink order
※イベント詳細はこちら(本屋B&Bのサイトに移動します)

第159回芥川賞候補作、そしてこのたび第40回野間文芸新人賞の候補にもなった町屋良平さん『しき』の刊行を記念して、トークセッションを行います。町屋良平さんの小説を愛してやまないあの方をゲストに、縦横にお話していただきます。

みなさま是非ふるってご参加くださいませ。

machida.jpg
日時:平成30年10月22日(月)20時30分~21時30分
会場:三省堂書店神保町本店2階特設会場


ミッドナイトトークセッションには参加券が必要です。
10月9日以降に当店で河出書房新社「しき」(税込1,512円)をご購入、
もしくは参加料¥1,000をお支払の方先着30名様に
ミッドナイトトークセッション参加券を差し上げます。
お電話でのご予約も承ります。
ミッドナイトトークセッションご参加の方は当日20時までに
1階レジでミッドナイトトークセッション参加券を受け取り、
20時に2階にお越しください。
(閉店後の20時から会場設営のため少しお待たせする場合がございます)

※閉店後のイベントとなります。また、イベントの様子はYou Tube Liveにて同時配信を行います。あらかじめご了承くださいませ。

参加ご希望の方はお電話でご予約ください。
ご予約お電話:03-3233-3312(午前10時~午後8時・おかけ間違いにご注意ください。)


『しき』河出書房新社
高二男子の"踊ってみた!"春夏秋冬――特技ナシ、反抗期ナシ、フツーの高校二年生・星崎が、悩める思春期を、16歳の夜を突破する。「恋」と「努力」と「友情」の、超進化系青春小説!

shiki.jpg

町屋良平さんプロフィール
1983年、東京都生まれ。2016年、『青が破れる』で第53回文藝賞受賞。2018年、『しき』で第159回芥川賞候補、同作は現在第40回野間文芸新人賞候補にノミネート中。

新井見枝香コメント
今、最も芥川賞に近いと私が思う作家は、町屋良平さんです。読みやすいのに独特な文体で、一度読むと「町屋節」の虜になります。

image1.jpeg

詳細はこちら


9784309227368.jpg

このイベントのお申し込みには日経IDが必要です。

会員登録、お申込みはこちら。https://eventregist.com/e/hirameki1811



ひらめきブックレビューは、『いま読むべき必読書』をピックアップ。必読書の書評・要約をお届けしている書籍紹介サイトです。
第5回の『ひらめきブックセミナー』では、『WIRED』日本版編集長 松島倫明さんをお招きします。松島さんには、9月に刊行された『ホモ・デウス』を題材に、将来、訪れるAI・データ社会に向けて、未来のテクノロジーが私たちの生活、社会、文化をどう変えていくのかという『WIRED』のコンセプトの下、ビジネスパーソンは何を身につけるべきか、示唆に富んだ解説をしていただきます。次世代を担うビジネスパーソン必見のセミナーです。



『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来』とは
ユヴァル・ノア・ハラリ著・柴田裕之訳。全世界で800万部以上刊行の『サピエンス全史』の続編で、35ヵ国以上ですでに400万部を突破した世界的ベストセラー。人工知能やビッグデータといった情報工学や、遺伝子工学などのバイオテクノロジーを用いて、人類は自らをホモ・デウス(神のヒト)へと作り替えようとしており、これらテクノロジーの発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊すると説く、人類の未来をかつてないスケールで描く衝撃の書。



開催日時 2018年11月6日(火)19:00~20:30 (開場18:40)
会 場  スペースNIO (東京都 千代田区大手町 1-3-7 日経ビル 2F)
主 催  日本経済新聞社クロスメディア営業局
協 賛  河出書房新社
参加費  5,000円(消費税込み)
定 員  80名
申込締切 10月29日(月)

お問い合わせ:ひらめきブックセミナー事務局
TEL:03-3545-2517(受付時間/平日10:00 〜18:00 土・日・祝を除く)


●当日プログラム(予定)
18:40      開場
19:00~20:00 『WIRED』日本版編集長 松島 倫明氏による講演
20:20~20:30 質疑応答

※プログラムは変更となる場合があります。
※ご応募には日経IDへのご登録が必要です。
※お申し込みは同じIDにつき1回でお願いいたします。
※ご入金が完了した段階でご参加確定となり、受講メールをお送りいたします。
※ご入金後の払い戻しはいたしません。
※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本セミナーの実施目的以外には使用いたしません。

76cc6a69af7cea806b0e246394ba7123b27590a2.jpg
【講師プロフィール】
松島 倫明(まつしま みちあき)氏(『WIRED』日本版編集長)
1972年生まれ、東京都出身、一橋大学にて社会学を専攻。96年にNHK出版に入社。村上龍氏のメールマガジンJMMやその単行本化などを手がけたのち、2004年から翻訳書の版権取得・編集・プロモーションなどを幅広く行う。14年よりNHK出版放送・学芸図書編集部編集長。手がけたタイトルに、デジタル社会のパラダイムシフトを捉えたベストセラー『FREE』『SHARE』『MAKERS』『シンギュラリティは近い』のほか、15年ビジネス書大賞受賞の『ZERO to ONE』や『限界費用ゼロ社会』、Amazon.com年間ベストブックの『〈インターネット〉の次に来るものなど多数。18年6月に『WIRED』日本版編集長に就任。
9784309027081.IN01.jpgのサムネール画像のサムネール画像
吉川浩満さんの新刊『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』刊行を記念して、東浩紀さん、大澤真幸さんとのトークイベントを開催いたします。イベントではミシェル・フーコーの人間論の再解釈へ挑みます。「いま我々は人間=自分のことをなんだと思っているのか?」という問いと、フーコーの予言のその後を、三者で徹底討議!!
チケット発売後、半日足らずですでに申し込み多数とのこと、ぜひご参加ください!

日 時:2018年10月9日(火) 19:00~21:30(開場18:00)
場 所:ゲンロンカフェ
料 金:前売2600円(1ドリンク付き)/ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で2100円(1ドリンク付き)に!

イベント詳細、ご予約はこちらから。


《プロフィール》
大澤真幸(おおさわ・まさち)
1958年、長野県松本市生まれ。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授などを歴任しながら、主体とは、近代とは、資本とは、宗教とは......と、社会学的領域のみならず哲学・文学・宗教など多様な角度から人間と社会のありようを論じ続けている。著作に、『不可能性の時代』(岩波新書)、『ふしぎなキリスト教』(橋爪大三郎氏との共著/講談社現代新書)、『二千年紀の社会と思想』(見田宗介氏との共著/太田出版)、『夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学』(岩波新書)、『〈世界史〉の哲学』(講談社)など多数。


吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)
文筆業。1972年生まれ。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、単車、デジタルガジェットなど。著書に『理不尽な進化』、共著に『脳がわかれば心がわかるか』『問題がモンダイなのだ』(山本貴光との共著)、翻訳に『先史学者プラトン』『マインド 心の哲学』(山本との共訳)など。近刊に『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社、2018年7月)。


東浩紀(あずま・ひろき)
1971年生まれ。東京都出身。哲学者・作家。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。株式会社ゲンロン代表、同社で批評誌『ゲンロン』を刊行。著書に『存在論的、郵便的』(新潮社、第21回サントリー学芸賞)、『動物化するポストモダン』(講談社現代新書)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)など多数。2017年刊行の『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン)で第71回毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受賞。
https://twitter.com/hazuma

軽量化 水の生きものアートプリント 白鳥.jpg

手漉きの紙に、シルクスクリーンの印刷、製本にいたるまでひとつひとつ手作りの出版社 「タラブックス」。
南インドからやってくるタラブックスの絵本は独特の色、デザイン、 手触り、香り...それらに魅了されてベストセラーとなったタイトルもいくつもあります。
その中でも代表格が『水の生きもの』。
今回のフェアでは『水の生きもの』のページの中から選りすぐりの6点をアートプリントにし、 
展示販売をいたします。
また製作過程で出来るフルークペーパーの販売もいたします。 フルークペーパーは試し刷りをした紙ですが、いくつかの図柄の偶然の重なりは世界に 1枚の作品ともいえます。
手しごとからのみ生みだされる、特別な佇まいの絵本の世界をお楽しみください。

軽量化 水の生きものアートプリント タツノオトシゴ.jpg軽量化 水の生きものアートプリント 魚.jpg軽量化 水の生きものアートプリント タコ.jpgのサムネール画像

タラブックス『水の生きもの』アートプリント展 
期間:2018年09月19日(水) - 2018年10月17日(水)
場所:代官山蔦屋書店 1階 ギャラリースペース(東京都渋谷区猿楽町17−5)

※販売数に限りがございます。
※アートプリントの納期は展示終了後から1ヶ月ほどです。
※アートプリントはすべて額装をほどこしてのお届けとなります。
※フルークペーパーはお持ち帰りいただけます。

詳細はこちら↓

「水のいきもの」書籍の紹介はこちら↓
名称未設定 3.jpg

ぼくは本当にいるのさ』の刊行を記念し、大盛堂書店(東京都渋谷区)にて少年アヤさんトークイベント&サイン会を開催します。お申込みサイトはこちら(大盛堂書店の公式サイトに飛びます)


【イベント詳細】
●日時:2018年10月10日(水)19:00~20:00終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。
     サインは大盛堂書店でご購入頂いた
                『ぼくは本当にいるのさ』、
                  文庫『焦心日記』(各1冊計2冊まで)のみ。
    ※イベント前に大盛堂書店でご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。 
●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース(東京都渋谷区宇田川町22-1)
●定員:40名様 ※定員になり次第受付終了
    ※お席は自由席となっております。
    ※ご入場は整理券番号順ではございません。
●申込:参加には整理券が必要です。


大盛堂書店公式サイトでご予約を承ります。


ご予約完了メールを受信後、大盛堂書店で
『ぼくは本当にいるのさ』、『焦心日記』の
どちらかをご購入の方にイベント&サイン会整理券をお渡しします。
整理券の配布は発売日以降となります。


『ぼくは本当にいるのさ』(9月21日頃入荷予定)、
『焦心日記』(10月5日頃入荷予定)
 ※書籍の入荷日は前後する場合がございます。
 ※ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジにて、
 『ぼくは本当にいるのさ』(1566円・税込)、
 『焦心日記』(799円・税込)のどちらかをご購入ください。
  (両方購入も可)その際整理券をお渡しします。
  イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。
  時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


※お一人1枚の整理券の配布となりますので、予めご了承ください。
※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※整理券をお渡し済みでも、イベント不参加の場合、サイン本のお渡しは出来ません。
※他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。
※ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。
お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、
ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。
サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。


イベント詳細・お申込みサイトはこちら(大盛堂書店の公式サイトに飛びます)