トピックストピックスを購読

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「営業部・契約社員」募集

「営業部・契約社員」募集

業務内容:
営業事務全般
(データ入力、電話対応、請求業務、書籍発送等)
応募資格:
専門・短大卒以上、Windows PC 操作必須(Word、Excel等)
雇用形態:
契約社員(最長3年)
勤務地:
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:
9:30~17:30
時給:
時給1,050円~
待遇:
交通費全額支給、社会保険完備、昼食補助制度あり、保養所あり
休日休暇:
土曜、日曜、祝日、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、年次有給休暇
応募方法:
下記書類をご郵送ください。
A.自筆履歴書(A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
B.職務経歴書(書式自由)
応募先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「営業部・契約社員募集」係 宛に郵送
応募締切:
2016年10月11日(火) *当日消印有効
選考:
書類選考のうえ、10月中旬に応募者全員へ結果を通知。
書類選考通過者は10月下旬に面接予定。
*応募書類は必ず郵送すること。当社への直接持参は受け付けできませんのでご了承下さい。
*応募書類は返却致しません。

「アラベスク」「日出処の天子」など、数々の名作を生み出してきた山岸凉子。その画業をたどる初の本格的な展覧会が、東京・弥生美術館にて開催されます。初展示を含む、ファン垂涎の原画約200点を一挙公開し、デビューから最新作までのメタモルフォーゼ(変容)をご覧いただきます。

本展開催にあたり、河出書房新社では、氏の初の本格的な自選画集となる『山岸凉子画集-光-』を刊行いたしました。


会場 弥生美術館

会期 2016年9月30日(金)~12月25日(日)

開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)

休館日 月曜日

※ただし10/10(祝月)開館、翌10/11(火)休館

料金  一般900円/大・高生800円/中・小生400円

 (竹久夢二美術館もご覧いただけます)


また、本展覧会場限定販売として、「日出処の天子」複製原画を、3種類・限定各200枚(先着順)にて発売いたします。デジタルアートプリント「プリマグラフィ」によって、原画の風合いが美しく再現され、また全点に、山岸凉子先生の直筆サインが入ります。お申込みは、弥生美術館ミュージアムショップ店頭でのみ受付。会場には複製画現物見本も展示してございます。(※複製画について詳細は下記のチラシ画像をご覧ください)

【プリマグラフィについて】

プリマグラフィ(Primagraphie)とは、インクを吹き付けて色付けを行うジークレー版画技法と、トッパンカラーマネージメント技術(色・質感)を融合した高品質なデジタルアートプリントの総称です。これまでの技法より微妙な色彩、原画の雰囲気を余すことなく再現できる、デジタル技術を駆使した新時代の複製技法です。


【ご注文方法など】

■お申込
弥生美術館ミュージアムショップ店頭にて、専用申込書のみでの受付とさせていただきます。電話・ファクス・メールなどの方法ではお申込みいただけません。

■お支払
お申込み後、指定の期日までに銀行または郵便局にて代金お振込をいただきます。入金確認をもってご注文確定となります。

■納品スケジュール
ご注文確定後、複製画生産を開始いたします。お申込み受付からご納品まで、約1ヶ月半を予定しております。ただし、納期は変動する可能性がありますことをご了承ください。

※以上お手続きについての詳細は、お申込受付にお渡しするご説明書に詳述いたします。

■その他注意事項

・この商品は受注生産のため、ご注文確定後のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください。

・展覧会限定販売品につき、会期終了後のお申込みはいただけません。

・シリアル・ナンバーのご指定は承りかねます。


■複製原画についてのお問い合わせ

河出書房新社営業部 TEL.03-3404-5516
山岸涼子展複製画案内A5.jpg
山岸涼子展複製画案内A5.pdf


講師:いとうせいこう

☆日時...10月21日(金) 18:30開場 19:00開演

☆会場...ジュンク堂書店池袋本店4階喫茶にて。

☆入場料1,000円(ドリンクつき)

☆定員...40名 

☆受付...ジュンク堂書店池袋本店1階 案内カウンターにて。電話予約承ります。 TEL.03-5956-6111

2014年11月に刊行を開始した「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」(全30巻)。
今年1月からの第Ⅱ期(全12巻)刊行開始を機に始まった、好評既刊の古典新訳を少人数でじっくりと読み解く連続講義。 
新訳をてがけた作家に、古典作品と新訳について、その難しさ・楽しさなどたっぷりと語っていただきます。

第8回の講師は、第10巻『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』収録の「曾根崎心中」を新訳したいとうせいこうさんです。
江戸時代の戯作者・近松門左衛門が実際の心中事件を元にして描いた人形浄瑠璃の傑作「曾根崎心中」。「近松の音楽性を今の言葉に映せたら」と語るいとうさんはこの物語をどのように新訳したのか、たっぷりと語っていただきます。
なお、今回は10月発売の新刊でのトークとなりますので、トーク終了後にサイン会を開催いたします。【当日ご購入の方に限ります】

☆対象書籍『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』岡田利規/伊藤比呂美/いとうせいこう/桜庭一樹/松井今朝子/三浦しをん/いしいしんじ訳/河出書房新社刊 は10月20日頃の発売予定です。
※当日店頭でご購入の方へ、トーク終了後サイン会を開催予定です。

☆ご参加の方から、事前に「曾根崎心中」および「日本文学全集」に関して感想・質問などを募集いたします。下記メールアドレスまでお願いいたします。
当日、いただいた感想・質問をトークで紹介させていただく場合がございますので、ご承知おきください。
【感想・質問の送付先】kouhou@kawade.co.jp
※メールの件名に「10/21イベント参加」の旨をご明記ください。

【講師紹介】
いとうせいこう●プロフィール 1961年生まれ。作家、クリエーターとして、音楽や舞台、テレビなど、多方面で活躍。著書に『ノーライフキング』、『ボタニカル・ライフ』(第15回講談社エッセイ賞受賞)、『想像ラジオ』(第35回野間文芸新人賞受賞)、『我々の恋愛』など。共著書にみうらじゅんとの『見仏記』、奥泉光との『小説の聖典』などがある。


★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
第46回「読んでいいとも!ガイブンの輪」 豊﨑由美 × 石倉三郎(ゲスト)

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は書評家の豊﨑由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。
とびきりのガイブン"目利キスト"である豊﨑さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。

今回は、橋爪功さんのご紹介で、俳優で大の読書家として知られる石倉三郎さんをお招きします!

日時◆2016年10月2日(日) 14:00開演/13:45開場
会場◆紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
定員◆50名様
参加料◆500円
参加方法◆9月13日(火)午前10時より店頭またはお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)

ご予約電話番号:03-3354-5702
新宿本店2階売場直通(10:00~21:00)

※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

注意事項◆
・参加料500円はイベント当日、会場にてお支払いいただきます。(お支払い方法は現金のみとさせていただきます)
・イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
・イベント会場での撮影・録音は固くお断りします。
・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。
・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。 
・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

出演者プロフィール◆
豊﨑由美(とよざき・ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」「共同通信」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)、『まるでダメ男じゃん!「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。Twitterアカウントは@toyozakishatyou 

石倉三郎(いしくら・さぶろう)
俳優。1946年香川県小豆島生まれ。67年に東映に入社し大部屋俳優として活動。72年に東映退社、商業演劇に活動の場を広げ、現在に至るまで俳優として数多くのテレビ・ドラマ、映画、舞台に出演。主な出演作に『オルゴール』(89/黒土三男監督)『どら平太』(00/市川崑監督)『座頭市』(03/北野武監督)『あなたへ』(12/降旗康男監督)などがあり、最新作は映画初主演作『つむぐもの』(16/犬童一利監督)。
君を読む』(河出書房新社刊)の出版を記念して蒼井ブルーさんのサイン会を開催いたします。

====================================================
【大阪】
日時|2016年10月10日(月・祝) 14:00~
会場|紀伊國屋書店梅田本店 2番カウンター奥特設会場

参加方法|
紀伊國屋書店梅田本店①番カウンターにて『君を読む』(税込1,296円)を
お買い上げの先着100名様に整理券を配布いたします。
お電話でのご予約も承ります。
整理券の配布はお一人様1枚までとさせて頂きます。
   
お問合せ|紀伊國屋書店梅田本店 06-6372-5821
        [9月] 9:30~22:00 [10月] 10:00~22:00
イベント詳細はこちら

====================================================
【東京】
日時|2016年10月11日(火) 19:00~ 
場所|紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース

参加方法| 
9月14日(水)10:00より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにおいて『君を読む』(河出書房新社)を新規にご購入の方先着100名様に参加整理券をお配りいたします。
*整理券の配布はお1人様1枚とさせて頂きます。

○電話予約:お電話でのご予約は整理券に残部がある場合に限り
9月16日(金)10:00より承ります。2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00-21:00)
お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで書籍と整理券をお求めください。

問合せ先|紀伊國屋書店 新宿本店 2階文学・文庫売場 tel:03-3354-5702
イベント詳細はこちら

====================================================

*定員に達し次第、整理券の配布を終了させて頂きます。終了のご案内は当HPおよびツイッターにて速やかに行います。
*サインの対象は『君を読む』のみです。それ以外の既刊や色紙には一切お入れできません。
*イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。
*整理券をお持ちでない方は会場へ入ることはできません。
*整理券の紛失に伴う再発行は一切致しかねます。
*お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。
*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。
9784309025025.jpg
河出書房新社・中央公論新社創業130周年
関西大学創立130周年記念トークイベント

出版から考える戦後日本

今年創業130周年を迎えている河出書房新社と中央公論新社。長い歴史を持ちながら、現在も新しいコンテンツを世に送り続ける両社を中心に、出版文化とは何なのかを、世代の異なる3人の論客が戦後史から検証します。

【内容】
講演:大澤聡(批評家、近畿大学文芸学部准教授)
「「知の大衆化」再考――全集、新書、文庫の時代」
講演:片山杜秀(慶應義塾大学法学部教授)
「刊行物で辿る二つの出版社――ごくごく私的に」
鼎談:竹内洋(ファシリテーター)、大澤聡、片山杜秀
「出版と読書の変容」

【日時】2016年10月21日(金) 18:40~21:00(18:00受付開始)

東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー9階
(JR東京駅日本橋口隣接・東京メトロ大手町駅B7出口直結)
電話:03-3211-1670

【参加費】無料

【申込方法】関西大学東京センターHPからお申し込みください。
申込フォーム→http://bit.ly/2aUDAPQ

イベントの詳細はこちら

【講師紹介】
大澤聡(おおさわ・さとし)
1978年生まれ。批評家/メディア研究者。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、近畿大学文芸学部准教授。博士(学術)。各種媒体にジャーナリズムや文芸に関する論考を発表。著書に『批評メディア論 戦前期日本の論壇と文壇』(岩波書店)、『1980年代』(共著、河出書房新社)など。最近では『文学』5・6月号(岩波書店)の特集「文壇のアルケオロジー」の責任編集をつとめた。

片山杜秀(かたやま・もりひで)
1963年生まれ。評論家/思想史研究者。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位修得退学。文学、歴史、芸術など幅広い分野にわたる論文、エッセイやコラムを執筆。現在、慶應義塾大学法学部教授。著書に『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング、両書で吉田秀和賞とサントリー学芸賞受賞)、『未完のファシズム』(新潮選書、司馬遼太郎賞受賞)など。

竹内洋(たけうち・よう)
1942年生まれ。歴史社会学/教育社会学。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。教育学博士(京都大学)。京都大学大学院教育学研究科教授、関西大学文学部教授、同人間健康学部教授を歴任。現在、関西大学東京センター長、関西大学名誉教授・京都大学名誉教授。社会批評、エッセイ、書評を執筆。著書に『日本のメリトクラシー』(東京大学出版会、第39回日経・経済図書文化賞受賞)『革新幻想の戦後史』(中央公論新社、第13回読売・吉野作造賞受賞)『教養主義の没落』(中公新書)など。
今年も東京国際ブックフェアに出展いたします。
ぜひお越しください。

日時:2016年9月23日(金)〜9月25日(日)10時〜18時
場所:東京ビッグサイト 西展示棟
ブース番号:6-25
公式サイトはこちら

【河出書房新社ブースでの特別企画】

・ブース内で販売する書籍はすべて20%off
・10000円以上お買い上げのお客様にはプレミアグッズをプレゼント。
 ※プレミアグッズは3点あり、お好きなものをお選びいただけます。
1) 図書カード(500円)
2) オリジナル・トートバッグ
3) オリジナル・ピンバッジ
  ※トートバッグとピンバッジはご希望の方には販売もいたします。
   各1000円(税別)

※数に限りがございますので先着順とさせて頂きます。


【イベント】
9月24日(土)12:45〜13:45
・大人の塗り絵体験セミナー
講師:サクラクレパス サクラアートミュージアム 主任学芸員 清水 靖子 
初心者歓迎!気軽にアートが楽しめる「大人の塗り絵」。色の選び方など丁寧にお教えします。
場所=西展示場棟 特別セミナー会場A(1階)
定員=60名
※参加整理券は、当日10時より、河出書房新社ブースにて先着順でお配りします。

【人文・社会科学イベントスペース】でのイベント
・9月23日(金)13時30分~
『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』の楽しみ方・リターンズ
出演者:日本文学全集編集部
内容:シリーズ累計部数32万部突破の「日本文学全集」。この秋は「枕草子」「徒然草」「平家物語」など古典名作の新訳が続々刊行予定。編集部がいち早く情報をお届けします!
※予約不要。観覧フリー。

・9月25日(日)13時30分~
 『「文藝」戦後文学史』刊行記念座談会
出演:佐久間文子(著者)、田邊園子(元「文藝」編集部)、阿部晴政(河出書房新社編集本部長)
内容:文学の〈現場〉とはどのようなものだったのか?
坂本一亀編集長時代に編集部員だった田邊氏をゲストに迎え、その実相に迫る。
※予約不要。観覧フリー。
河出書房新社の130年を物語る書物たち展

 

河出書房新社は、20165月、創業130周年を迎えました。創業当初は、農業書、理工書、教育書を中心としていましたが、その後、文学、教養書へと分野を広げ、現在は、日本文学、海外文学、人文、社会、自然、芸術、実用、児童書、雑誌「文藝」、「大人の塗り絵」など、多岐にわたる出版活動を行っています。

 

この展示では、その130年の歩みをビジュアル年表でたどりつつ、歴史の証人とも言える貴重本・貴重資料(パンフレットなど)をガラスケースで展示します。また、50人超の豪華作家陣による「私が薦める河出の本」を推薦コメントとともに一挙公開。あわせて、河出書房新社と千代田図書館のスタッフからの推薦本も紹介します。

 

ぜひこの機会に、時代を超えて読み継がれてきた書物たちを「体感」してください。

 

【会期】2016926日(月)~1126日(土)

※貴重本・貴重資料を展示するガラスケース内は展示替えあり。

926日~1024日「文藝の河出」

1025日~1126日「趣味と教養の河出」

 

【場所】 千代田図書館9階=ミニ展示コーナー

住所 東京都千代田区九段南1-2-1 千代田区役所本庁舎内

電話 03-5211-42894290

アクセス 東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅下車 徒歩5

開館時間 月~金 10002200

  土 10001900

  日・祝 10001700

展示期間中の休館日 1023日(日)

 

【主催】 河出書房新社/千代田区立千代田図書館

千代田small-1.jpg

千代田small-2.jpg

大人の塗り絵コンテストは、大人の塗り絵クラブ(主催:河出書房新社)が開催する、日本で唯一の「大人の塗り絵」を対象にした本格的なコンテストです。
第11回目となる今年も9月1日より募集を開始いたします。
あなたが自由に塗った「大人の塗り絵」作品をご応募ください。
河出書房新社「大人の塗り絵」シリーズ全点が対象です。
入賞・入選作は来年1月、読売新聞紙上、大人の塗り絵公式サイトで発表され、
東京渋谷 Bunkamuraギャラリー、兵庫西宮 西宮市立北口ギャラリーで開催される
大人の塗り絵コンテスト展覧会で展示されます。
詳しくは大人の塗り絵クラブでご確認ください。

8月の新刊電子書籍

河出書房新社では、8月に下記作品を新刊電子書籍として配信開始いたしました。
各電子書籍ストアにてお買い求めください。

ドナ・タート 著/岡真知子 訳『ゴールドフィンチ 2』

ドナ・タート 著/岡真知子 訳『ゴールドフィンチ 3』

ガブリエル・タルド 著/村澤真保呂 訳/信友建志 訳『社会法則/モナド論と社会学』

劒持奈央『たった一人の自分を満たせば、たった一人の男と最高に愛しあえる。』

長野まゆみ『テレヴィジョン・シティ』

H・V・クライスト 著/種村季弘 訳『チリの地震』

ライフ・エキスパート『イラスト図解版 ゴルフ ミス・ショットが驚くほどなくなる本』

藤原 亜姫『イン ザ クローゼット 上』

藤原 亜姫『イン ザ クローゼット 下』

藤原 亜姫『イン ザ クローゼット 上下合本版』

藤原 亜姫『クローゼット・フリーク 上』

藤原 亜姫『クローゼット・フリーク 下』

藤原 亜姫『クローゼット・フリーク 上下合本版』

ライフ・エキスパート 編『イラスト図解版 ゴルフ 10打縮まる心のつくり方』

ライフ・エキスパート 編『イラスト図解版 ゴルフ 確実にうまくなる練習 かえってヘタになる練習 間違いだらけの方法とサヨナラするイラスト図解版 』

小林ユミヲ『にがくてあまい公式レシピ』

千葉公慈『知れば恐ろしい 日本人の風習』 

松田青子『スタッキング可能』 

東浩紀『クリュセの魚』

博学こだわり倶楽部 編『お寺と神社 素朴な疑問が解ける本 』

ロム・インターナショナル『JR山手線の謎学』

小佐野カゲトシ『京浜急行スゴすぎ謎学』

なかやまうんすい『知るのが怖い!名前によい文字 悪い文字』

ジル・ドゥルーズ 著 / 宇野邦一 訳『フランシス・ベーコン 感覚の論理学』

ライフ・エキスパート『イラスト図解版 「ゴルフって簡単!」と思える頭のつかい方 劇的にスコアが縮まる "大崩れ"や"自滅"でくやしがっている人へ――』