トピックストピックスを購読

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cover-X6toSbRR6xv3JM1KNRcjqZ9nzLvLdb4i.png

いよいよ1年後に迫る2020年東京オリンピック競技大会の開幕。
その日が近づくとともに、オリンピックの商業利用の是非にまつわる議論も過熱していくことでしょう。

スポーツ業界、広告業界、法律業界では知られていますが、
IOC、JOC、大会組織委員会は、スポンサー以外による「オリンピックを想起させる表現」や「オリンピックのイメージ」を用いた広告や商行為を「アンブッシュマーケティング」と呼び、規制対象と位置付けています。

この方針については、
・どうして「オリンピック」って使っちゃダメなの?
・いったいどこまでがダメで、どこからなら良いのか?ボーダーラインはどこ?
・どうしてこんなルールができたの?
・ブランド保護やスポンサーが絡んでいるなら仕方ないのでは?
・だがオリンピックの盛り上がりに水を差すのでは?
・スポンサーのためのオリンピックになってないか?
など、様々な意見や戸惑いの対象になっています。

いったい、オリンピックは誰のものなのでしょうか?
本イベントは、そんな疑問に光を当てるために、
オリンピックマーケティング、アンブッシュマーケティングの本質を語れる日本代表をお招きして行うトークイベントです。
第1部がスピーカー3名によるプレゼンテーション、後半がプレゼンを受けてお互いに語り合うパネルディスカッション形式を予定しています。
今まさにオリンピックを迎えんとしている開催国の一員として、是非、みんなで考えていきましょう!


イベント詳細
日時:2019/7/29(月) 19:00~21:20
場所:サイボウズ株式会社内"サイボウ樹パーク"
住所:東京都中央区日本橋2丁目7−1 東京日本橋タワー27階
費用:1,200円
支払:VISA, Master、コンビニ, ATM、PayPal, JCB, AMEX
問合:ムゲンチザイ運営事務局 infinity.ip.com@gmail.com
  • スピーカー

足立 勝/ニューヨーク州弁護士。著書に『アンブッシュ・マーケティング規制法―著名商標の顧客吸引力を利用する行為の規制』(創耕舎)など。


加島 卓/社会学者、東海大学教授。著書に『オリンピック・デザイン・マーケティング―エンブレム問題からオープンデザインへ』(河出書房新社)など。


友利 昴/著述家、1級知的財産管理技能士(ブランド・コンテンツ)。著書に『オリンピックVS便乗商法―まやかしの知的財産に忖度する社会への警鐘』(作品社)など

司会:ちざたまご
unnamed11.jpgのサムネール画像

写真家・植本一子さんの最新刊『台風一過』(河出書房新社)とミュージシャン・マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの最新作『銀河で一番静かな革命』の刊行を記念し、トークイベントが開催されます。 

アンダーグラウンドシーンを牽引する存在として注目が集まる、ミュージシャンのマヒトゥ・ザ・ピーポーさんと、心揺さぶる文章、写真を発表し続ける写真家の植本一子さんが、それぞれの新刊の発売を記念して、トークイベントを開催します。
毎日の生活を営むことの重さ。そのなかで立ち現れる孤独。
それらをどう引き受けているのか――?
お二人の日常と、その中で考えていることを創作活動とともに語っていただきます。
トーク終了後にはサイン会を開催いたします。


場所 蔦屋書店3号館 2 音楽フロア

住所 東京都渋谷区猿楽町17 1  3号館 DAIKANYAMA T-SITE蔦屋書店

定員 60

申込 代官山 蔦屋書店オンラインストアにてお申込み。

   代官山 蔦屋書店  03-3770-2525

詳細 https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/6879-2032200517.html

主催  幻冬舎・河出書房新社


【内容紹介】
植本一子『台風一過』(河出書房新社)
2018年1月24日、末期癌を患ったラッパーで夫のECDが亡くなった。悲しみと喪失感が押し寄せるなか、激変していく毎日の暮らし。友人たちの支え、ふたりの娘の成長、そして新たな恋人との出会いの先で、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは――。気鋭の写真家が記録した、新しい家族のかたち。

マヒトゥ・ザ・ピーポー『銀河で一番静かな革命』(幻冬舎)
海外に行ったことのない英会話講師のゆうき。長いあいだ新しい曲を作ることができないミュージシャンの光太。父親のわからない子を産んだ自分を責める、シングルマザーのましろ。陽のあたらない場所を生きる三人の生活が、「通達」ですべて変わってしまう。孤独で不器用な人々の輝きを切なく鮮やかに切り取る、ずっと忘れられない小説。
9784309256351.jpg

アニメ評論家、映画史・時代劇研究家として幅広く活躍されている藤津亮太さんと春日太一さんのトークイベントを開催します。今回は声優、俳優など様々な人物を取材されているお二人のインタビュー術などにスポットを当ててお話いただきます。


「藤津亮太と春日太一の語るインタビューのススメ」
日時:2019年7月4日(木)18:30開演、20:30頃終了予定(18:00開場)
場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
住所:東京都渋谷区宇田川町22-1
定員:40名様 ※定員になり次第受付終了
その他イベント詳細はこちら。

参加申込方法
参加には整理券が必要です。
電話(大盛堂書店03-5784-4900)、大盛堂書店サイトイベント予約フォームにてご予約後、大盛堂書店で5月28日発売 『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』(河出書房新社)、6月26日発売 『町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編』どちらか一冊をご購入の方にイベント&サイン会整理券をお渡しします。
(整理券の配布は6月1日以降です。春日さん著書ご購入希望のお客様は書籍発売日の6月26日以降にご来店ください。)


※配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の大盛堂書店宛の電話・イベント予約フォームでのご予約をお勧めしています。メールフォームに不具合がある場合は book@taiseido.co.jp宛てにメールを送ってください。件名にイベント名、 本文にお名前、緊急連絡先をご記入お願いします。

ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジカウンターにて対象書籍をご購入ください。その際イベント整理券をお渡しします。
・『プロフェッショナル13人が語る わたしの声優道』(1836円・税込)
・『町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編』(907円・税込)※6月26日発売 
イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。

※お一人1枚の整理券の配布となりますので、予めご了承ください。
※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
※お席は自由席です(ご入場は整理券番号順ではございません)。
※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※整理券をお渡し済みでも、イベント不参加の場合、サイン本のお渡しは出来ません。
※ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。 
※ご予約のお客様が不参加の場合、 イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。


■藤津亮太
アニメ評論家。1968年静岡県生まれ。新聞記者、週刊誌編集を経て、2000年よりフリーとなり、アニメ関係の取材・執筆を始める。著書に『「アニメ評論家」宣言』(扶桑社)、『チャンネルはいつもアニメ―ゼロ年代アニメ時評』(NTT出版)、『声優語―アニメに命を吹き込むプロフェッショナル』(一迅社)など。「アニメの門チャンネル」の配信や、連載「アニメの門V」などでアニメ時評も行なっている。東京工芸大学芸術学部アニメーション学科非常勤講師。複数のカルチャーセンターなどでも講座を持つ。

■春日太一
映画史・時代劇研究家。1977 年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら―東映京都撮影所血風録』『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』『すべての道は役者に通ず』(小学館)『市川崑と「犬神家の一族」』(新潮新書)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』『泥沼スクリーン』(文藝春秋)『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)など。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。
index_image.jpg

河出書房新社は校正課の正社員を募集しています。要項をお読みになり奮ってご応募ください。
仕事内容:
校正業務
雇用形態:
正社員
応募資格:
35歳以下(若年層の長期キャリア形成を図るため)
※経験者優遇、校正技能検定取得者優遇
勤務地:
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:
9:30~17:30(うち休憩1時間)
給与:
当社規定による
昇給・賞与:
昇給 年1回、賞与 年2回
諸手当:
住宅手当、家族手当、交通費全額支給、昼食費補助制度あり
休日休暇:
土曜・日曜・祝日、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、年次有給休暇 他
福利厚生:
社会保険完備、保養所あり
応募方法:
下記書類をご郵送下さい。
①自筆履歴書(A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
②職務経歴書
③作文 テーマ「校正者として必要なこと」
 (800字以内、400字詰原稿用紙を使用)
応募先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「校正 正社員募集 K係」宛
応募締切:
2019年6月30日(日) *当日消印有効
選考:
書類選考のうえ、2019年7月5日頃結果を通知。
通過者は7月12日に筆記試験実施予定。

採用の流れ:
書類選考

筆記試験

面接(2~3回)

採用
*応募書類は必ず郵送すること。当社への直接持参は受け付けできません。
*応募書類は返却致しませんのでご了承下さい。

その他詳細はこちら
1000033841_1.jpg

6月27日(木)から東京芸術劇場で上演される『プラータナー 憑依のポートレート』原作の刊行を記念し、来日予定の著者のウティット・ヘーマムーンさんと、同舞台の脚本と演出を手がけた岡田利規さんのトークイベントを行います。


日時:2019年06月22日(土) 19:00開場 19:30開演
料金:ドリンク付きで1000円(当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ)
場所:ジュンク堂書店  池袋本店 4F喫茶内
住所:東京都豊島区南池袋2-15-5
定員 :40人
申込:来店または電話予約にて受付
   ジュンク堂書店池袋本店
   TEL 03-5956-6111


主催:ジュンク堂書店池袋本店
   TEL 03-5956-6111


【講師紹介】
●ウティット・ヘーマムーン
小説家。現実/非現実、歴史/神話、政治/個人の間を飛び回りながら普遍的な問いに向き合う。『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞、セブン・ブック・アワード受賞。2014年『残り香を秘めた京都』タイ・日・英三ヶ国語版を出版。2018年タイ文科省よりSilpathornAward受賞。

●岡田利規(おかだ としき)
劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ、国内外で作品発表・創作を行う。『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞受賞。小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が第2回大江健三郎賞受賞。

●通訳:福冨渉(ふくとみ しょう)
タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。鹿児島大学グローバルセンター特任講師。著書に『タイ現代文学覚書』。共著書に『タイを知るための72章』や『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』など。本書『プラータナー憑依のポートレート』の翻訳を手がけた。
slack-imgs.jpgのサムネール画像

東京都 荻窪駅のギャラリー「6次元」でショーン・タンを語るトークイベントが開催されます。
5月11日から7月28日まで、東京・ちひろ美術館で初のソロ展覧会が開催中の作家ショーン・タン。
代表作『アライバル』から新作『セミ』まで、ショーン・タン作品を作ってきたデザイナーと編集者が、(たぶん)世界一完璧主義者の作家の本を、いかに共同印刷で海外で制作するか、というマニアックかつ普遍的な本作りの楽しみについて、制作の裏話やテクニックについて、徹底的に話します。グラフィックの翻訳、フォントの選択、イラストレーションの扱いなど、美術、絵本に関心がある方、お待ちしております。


登壇者:
デザイナー、永松大剛(ながまつ・だいごう)
1971年東京生まれ。単行本のほか写真集など書籍のデザインを主軸に、展覧会やアーティストに関わるグラフィック、ロゴ、Webなど広くデザインに携わる。第39回 造本装幀コンクール展 日本書籍出版協会理事長賞(文学・文芸部門)受賞。第41回 造本装幀コンクール展 審査委員奨励賞・日本印刷産業連合会会長賞受賞。2007年ソウル・インターナショナル・ブック・アーツ・フェア金賞受賞。昨年より東京都神宮前から神奈川県葉山町に居を移す。

編集者、田中 優子(たなか・ゆうこ)
河 出書房新社入社後、「文藝」編集部で日本文学と哲学を担当した後、海外文芸、翻訳書を中心に様々なジャンルの書籍編集に携わる。ショーン・タンの一連の作 品、またエドワード・ゴーリーのシリーズのほか、ビートルズや忌野清志郎等音楽関連書まで幅広いジャンルを担当。版権輸入交渉も長く担当し、最近は国外ラ イセンス事業、本から派生する二次利用事業で本以外のモノを作ったりアート作品を輸入したりもしている。


『ショーン・タンの世界』を創る~グラフィックの翻訳とは何か?」『セミ』刊行記念イベント
時間:19:30~21:00(19:00開場)
料金:1500円
会場:6次元 (〒167-0043東京都杉並区上荻1-10-3 2F)
※荻窪駅西口から徒歩約2分

予約:件名を「ショーン・タンナイト」として名前、人数を明記し、rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp ナカムラまで。 

9784309025445.IN01.jpgのサムネール画像のサムネール画像   INU-OH_web.jpgのサムネール画像
                      ©"INU-OH" Film Partners

古川日出男『平家物語 犬王の巻』がタイトル「犬王」として、
長編アニメーション映画化することが決定しました。

後世日本の文学や演劇などに大きな影響を与えた軍記物の名作「平家物語」。

その現代語訳を手掛けた古川日出男により「平家物語」に連なる物語として、南北朝~室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王の実話をもとに新たに生まれた「平家物語 犬王の巻」が、ミュージカル・アニメーションとして描かれます。


600年以上の歴史を誇り、現存する世界最古の舞台芸術と言われる "能楽"を題材とする本作の映像化にあたり、日本を代表するトップクリエイターたちが集結!


監督を務めるのは、国内外から注目を集め、最新作『きみと、波にのれたら』の公開を6月21日に控えるアニメーション監督湯浅政明。本作では自身初の"能楽"のアニメーション化に挑戦します。

今回、湯浅監督と「ピンポン THE ANIMATION」以来5年ぶり、2度目のタッグを組み、キャラクター原案手掛けるのは6月12日より新連載「東京ヒゴロ」(ビッグコミックオリジナル/小学館)がスタートしたばかりの漫画家松本大洋。原作「平家物語 犬王の巻」の装画を務めた彼が初めて小説原作のキャラクター原案を手がけます。

脚本にはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」など数々のヒット作を世に送り出している野木亜紀子。ドラマ・映画と活躍し、今年、向田邦子賞、市川森一賞をW受賞した彼女が自身初のアニメーション映画脚本に挑みます。

 

 

 およそ600年の時を超えて、歴史に消えたポップスター・犬王が現代に再び姿を現すとき、どんな物語が謳われるのか―。映画史を揺るがす『犬王』の誕生にご期待ください。


映画『犬王』日本公開は2021年を予定しています。


______


【犬王(いぬおう)】[生年不詳~応永20(1413)年5月9日没]

南北朝~室町期の能役者、能作者。同時代を生きた観阿弥、世阿弥の父子と同様に三代将軍足利義満の愛顧を受けて、むしろこの二者よりも贔屓にされていたと伝えられる。事実、後進である世阿弥には多大な影響を与えた。その死に関しては「紫雲が立った」と記述する書も残る。数々の名作を描いたらしいが、作品はいっさい現存していない。

―「平家物語 犬王の巻」より

 

 

古川日出男コメント

私が書いたのは芸能についての小説だ。芸能とは歌であり演奏であり、感情、感動である。私は文字だけでその物語化を成し遂げようと試みた。今回、それらは一冊の本の内側から解き放たれる。すなわち音が、声が、色彩が。それから感情が、もちろん感動が。その監督やその脚本家やそのキャラクターの設計家や、音楽家や、その他その他によって、それらはついに放たれるのだ。

 

湯浅政明コメント

歴史にはわずかにしか書き記されていない、「犬王」という猿楽師を大胆に解釈された古川さんの物語。野木さんの脚本。松本さんのイメージ。・・・これは面白くなるしかないですね。楽しみにしててください!

 

松本大洋コメント

湯浅監督はじめ作品に関わる人間が楽しんで作ることができたら、きっとすごいアニメーションになると期待しています。僕も邪魔にならないように、少しでも力になれたら嬉しい。

 

野木亜紀子コメント

古川さんが著した『平家物語 犬王の巻』を読んだときの高揚と切なさをどう脚本に落としこむのか、地の文からどう世界をすくい上げるのか、難しくもやり甲斐のある仕事でした。アニメ表現は無限であり実写の何倍も出来上がりの予想がつきません。松本さんのキャラクターと湯浅監督が織りなす『犬王』がひたすらに楽しみです。

 

 

スタッフ

【古川日出男(ふるかわ ひでお)】

小説家。1998年、長篇小説『13』でデビュー。第4作となる『アラビアの夜の種族』(2001年)で日本推理作家協会賞と日本SF大賞をダブル受賞。『LOVE』(2005年)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015年)で野間文芸新人賞と読売文学賞をダブル受賞。2016年、池澤夏樹=個人編集「日本文学全集」第9巻『平家物語』の現代語全訳を手がける。2018年にはデビュー20周年を記念した作品集『とても短い長い歳月 THE PORTABLE FURUKAWA』(河出書房新社)が刊行された。

 

【湯浅政明(ゆあさ まさあき)】

アニメーション監督。映画『マインド・ゲーム』で2004年に監督デビュー。第8回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞、第59回毎日映画コンクール大藤信郎賞、2005年モントリオール・ファンタジア映画祭 アニメーション部門最優秀賞、監督賞、脚本賞ほか六部門を受賞。映画『夜明け告げるルーのうた』では、アヌシー国際アニメーション映画祭にて金賞にあたるクリスタル賞を受賞。代表作に「ピンポン THE ANIMATION」、『夜は短し歩けよ乙女』、「DEVILMAN crybaby」など。最新作『きみと、波にのれたら』は、6月21日(金)公開。現在制作中の作品に「映像研には手を出すな!」「SUPER SHIRO」などがある。

 

 

【松本大洋 (まつもと たいよう)】

漫画家。1987年デビュー。代表作に「花男」「鉄コン筋クリート」「ピンポン」「GOGOモンスター」「ナンバーファイブ 吾」「竹光侍」「Sunny」「ルーヴルの猫」(すべて小学館)など。「鉄コン筋クリート」で米アイズナー賞を、「竹光侍」で第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、「Sunny」では、第61回小学館漫画賞の一般向け部門、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。6月12日より新連載「東京ヒゴロ」(ビッグコミックオリジナル/小学館)がスタートしている。

 

 

【野木亜紀子(のぎ あきこ)】

脚本家。2010年『さよならロビンソンクルーソー』で第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、同作でデビュー。今年、自身のオリジナル脚本となる「アンナチュラル」で第7回 市川森一脚本賞、「獣になれない私たち」で第37回 向田邦子賞を受賞。その他の代表作にドラマ「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」、映画『アイアムアヒーロー』など。待機作に映画『罪の声』(2020年公開予定)がある。

 

概要

タイトル     :犬王

原作       :「平家物語 犬王の巻」古川日出男著/河出書房新社

監督       :湯浅政明

脚本       :野木亜紀子

キャラクター原案 :松本大洋

アニメーション制作:サイエンスSARU

公開       :2021年予定



9784309025445.IN01.jpgのサムネール画像のサムネール画像

古川日出男『平家物語 犬王の巻

時は室町。京で世阿弥と人気を二分しながらも、歴史から消された能役者がいた。その名は犬王――鳴り響く琵琶は呪いか祝福か。窮極の美を求めた異貌の男の一生が物語られる。平家物語異聞。

後世日本の文学や演劇などに大きな影響を与えた軍記物の名作「平家物語」。その現代語訳を手掛けた
川日出男により「平家物語」に連なる物語として、南北朝~室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分し
た能楽師・犬王の実話をもとに新たに生まれた「平家物語 犬王の巻」が、ミュージカル・アニメー
ションとして描かれます。
600
年以上の歴史を誇り、現存する世界最古の舞台芸術と言われる
能楽 を題材とする本作の映像化に
" "
あたり、日本を代表するトップクリエイターたちが集結!監督を務めるのは、国内外から注目を集め、
新作『きみと、波にのれたら』の公開を
6
21
日に控えるアニメーション監督
湯浅政明
本作では
自身
初の 能楽 のアニメーション化に挑戦
" "
します。今回、
湯浅監督と「ピンポン
THE ANIMATION
」以来
5
年ぶり、
2
度目のタッグを組み、キャラクター原案手掛けるのは
6
12
日より新連載「東京ヒゴロ」
(ビッグコミックオリジナル/小学館)がスタートしたばかりの漫画家
松本大洋
。原作「平家物語 犬王の
巻」の装画を務めた彼が
初めて小説原作のキャラクター原案
を手がけます。脚本には
ドラマ「逃げるは
恥だが役に立つ」「アンナチュラル」など数々のヒット作を世に送り出している
野木亜紀子
。ドラマ・映
画と活躍し、今年、向田邦子賞、市川森一賞を
W
受賞した彼女が
自身初のアニメーション映画脚本
に挑
みます。
およそ
600
年の時を超えて、歴史に消えたポップスター・犬王が現代に再び姿を現すとき、どんな物語
が謳われるのか 。映画史を
るがす『犬王』の
生に
待く
い。
映画『犬王』日本公開は
2021
年を
定しています。
【犬王(いぬおう)】
生年
不詳
応永
20
1413
)年
5
9
没]
南北朝~室町期の能役
、能作
時代を生きた
阿弥、世阿弥の
子と
同様
足利義満
を受けて、むし
この二
よりも
贔屓
れていたと
えられる。
実、後
である世阿弥には
大な
影響を与えた。その
しては「
紫雲
が立った」と記
する書も
る。数々の名作を描いたらしいが、
はいっ
い現存していない。
「平家物語 犬王の巻」より
1
6
12
日(
15
:00解禁
秘密
Confidential
古川日出男コメント
が書いたのは芸能についての小説だ。芸能とは
であり演
であり、
感情
感動
である。
は文
だけでそ
の物語化を
げようと
みた。今回、それらは一
の本の内
から
たれる。すなわち
が、
が、
色彩
が。それから
感情
が、もち
感動
が。その監督やその脚本家やそのキャラクターの
設計
家や、
楽家や
その
その
によって、それらはついに
たれるのだ。
湯浅政明コメント
歴史にはわ
かにしか書き記
れていない、「犬王」という
楽師を大
解釈さ
れた古川
んの物語。野木
んの脚本。松本
んのイメージ。・・・これは
面白く
なるしかないです
。楽しみにしてて
い!
松本大洋コメント
湯浅監督は
め作
わる人
が楽しんで作ることができたら、きっとす
いアニメーションになると期
しています。
邪魔
にならないように、
しでも
になれたら
しい。
野木亜紀子コメント
古川
んが著した『平家物語 犬王の巻』を
んだときの
高揚
をどう脚本に
としこむのか、
の文か
らどう世界をす
い上げるのか、
もやり
甲斐
のある
仕事
でした。アニメ表現は
無限
であり実
何倍
出来上がりの
予想
がつきま
ん。松本
んのキャラクターと湯浅監督が
りなす『犬王』が
たすらに楽しみ
です。
スタッ
【古川日出男(
るかわ
でお)】
小説家。
1998
年、長
小説『
13
』で
ビュー。
4
作となる『アラビアの
種族
』(
2001
年)で日本
作家
協会
賞と日本
SF
大賞を
ダブ
ル受賞。『
LOVE
』(
2005
年)で
三島由
賞、『女たち
三百
人の
裏切
の書』(
2015
年)で野
文芸新人賞と
読売
文学賞を
ダブ
ル受賞。
2016
年、
池澤夏樹=個
人編集「日本文学
集」
9
巻『平家物語』の現代語
訳を手がける。
2018
年には
ビュー
20
年を記
した作
集『とても
い長い
THE PORTABLE FURUKAWA
』(河出書房新社)が
刊行さ
れた。
【湯浅政明(
あき)】
アニメーション監督。映画『マインド・
』で
2004
年に監督
ビュー。
8
回文化
ディ
ア芸術
ニメーション
部門
大賞、
59
日映画コンクール大
藤信郎
賞、
2005
ントリオール・
ファ
ンタジア映画
アニメーション
部門
優秀
賞、監督賞、脚本賞
六部門
を受賞。映画『
明け
げるルーのうた』では、
シー国
アニメーション映画
にて
賞にあたるクリスタル賞を受賞。代表作に「ピンポン
THE
ANIMATION
」、『
けよ
女』、「
DEVILMAN crybaby
」など。最新作『きみと、波にのれたら』
は、
6
21
日(
)公開。現
在制
の作
に「映像
には手を出すな!」「
SUPER SHIRO
」などがある。
【松本大洋
(まつもと たいよう)】
漫画家。
1987
ビュー。代表作に「
男」「
コン
クリート」「ピンポン」「
GOGO
ンスター」「ナ
ファ
」「
竹光侍
」「
Sunny
」「ルー
ルの
(
て小学館
)
など。「
コン
クリート」で
アイ
ナー賞を、「
竹光侍
」で
15
回手
塚治虫
文化賞マン
大賞、
11
回文化
ディ
ア芸術
マン
ガ部門
優秀
賞を、「
Sunny
」では、
61
回小学館漫画賞の一
向け
部門
20
回文化
ディ
ア芸術
マン
ガ部門
優秀
賞を受賞。
6
12
日より新連載「東京ヒゴロ」(ビッグコミックオリジナル/小学館)がスタートしてい
る。
【野木亜紀子(の
あきこ)】
脚本家。
2010
年『
よならロビン
ンクルー
ー』で
22
テレ
ングシナリオ大賞を受賞し、
ビュー。今年、自身のオリジナル脚本となる「アンナチュラル」で
7
回 市川森一脚本賞、「
になれな
たち」で
37
回 向田邦子賞を受賞。その
の代表作にドラマ「
重版
出来!」「逃げるは恥だが役に立
2
秘密
Confidential
つ」、映画『アイア
アヒーロー』など。
待機
作に映画『
(2020
年公開
)
がある。
概要
タイトル     
犬王
原作       
「平家物語 犬王の巻」古川日出男著
/
河出書房新社
監督       
湯浅政明
脚本       
野木亜紀子
キャラクター原案 
松本大洋
アニメーション
:サ
イエンス
SARU
公開       
2021




写真家・植本一子さんの最新刊『台風一過』(5月28日発売)の刊行を記念し、トークイベントが開催されます。
unnamed11.jpg

『かなわない』『家族最後の日』『降伏の記録』と書き継がれてきた日記の最終章となる本書は、末期癌を患った夫でラッパーのECDさんを亡くした後、ふたりの娘たちと暮らすことになった日々を鮮烈に描いています。

家族とは、女性とは、子育てとは、親子とは――これまで植本さんは、誰もが暮らしのなかで感じる不安や迷いに真っ直ぐ寄り添って、その経験を日記に綴ってきました。その植本さんにとって、いま、家族とは、そして自分自身とはどのようなものなのでしょうか。対談のお相手に、筑摩書房より『夫婦ってなんだ?』を刊行されたトミヤマユキコさんをお招きし、縦横無尽にお話いただきます。この機会にぜひご参加ください。

日程 2019年6月2日 (日)
時間 18:00~19:30 ※開場 17:30~
料金 1,500円(税込)
定員 110名様
会場 青山ブックセンター本店 大教室

詳細・お申込はこちら
9784309290188[1].jpg

書籍『I LIKE YOU 忌野清志郎』発売記念トークイベント大阪編
大好きな"俺たちのキヨシロー"を語り尽くします!

日 時  2019年6月1日(土) 18:30~(17:30開場)
出 演  編者 岡本貴之さん 他
場 所  ロフトプラスワンウエスト
住 所  大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F
主 催  ロフトプラスワンウエスト 

●お問合せ先  ロフトプラスワンウエスト
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/115729

毎年恒例の〈河出書房新社 企画説明会2019〉を、下記の通り開催いたします。
本年の説明会では、9月に刊行する『古今亭志ん朝 二朝会 CDブック』をはじめ、スヌーピー生誕70周年記念企画の決定版「ピーナッツ全集(全25巻予定)」、今秋の大型企画『WOMEN 世界の女性史 大図鑑(仮題)』など、注目の新企画をご説明申し上げます。
また、大ベストセラー『サピエンス全史』『ホモ・デウス』に続くユヴァル・ノア・ハラリの最新刊も11月に刊行予定です。いち早く内容の一部を公開する小冊子をご用意いたします。


〈河出書房新社 企画説明会2019〉
日 時  5月29日 水曜日
     受付開始  14時00分より
     企画説明会 14時30分〜16時30分


場 所  日本出版クラブ会館 3階ホールA 
      東京都千代田区神田神保町1-32 
      電話TEL 03-5577-1771


メディア、業界の方々へ向けた説明会ではありますが、この会に愛読者代表として、河出書房新社のファンクラブ「かわくら」会員の方から10名を特別にご招待しております。
お申込みは以下のページからログインして行ってください。


*お申込みには「かわくら」会員登録が必要です。
*招待状、招待メールをお持ちでない方のご入場はできません。ご了承ください。