• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2019年12月の記事一覧

斎藤真理子×ハン・トンヒョン トークイベント

大好評を博し、創刊以来86年ぶりの3刷となった「文藝」2019年秋季号
その特集「韓国・フェミニズム・日本」が内容を新たに完全版としてパワーアップ!
本書の責任編集の斎藤真理子さんと、執筆者のおひとりであるハン・トンヒョンさんによるトークを開催いたします。


【日 時】 2019年12月16日(月) 18:30開場 19:00開演
【出演者】 斎藤真理子(翻訳家)、ハン・トンヒョン(社会学者)
【料 金】 入場料1000円(ドリンク付)
【開催場所】ジュンク堂書店池袋本店 4階 喫茶スペース
      東京都豊島区南池袋2-15-5
【定 員】 40人程度
【参加申込】 
ジュンク堂書店池袋本店1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
 ※事前のご予約が必要です。
 ※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
 ※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。
  (電話:03-5956-6111) 

【関連URL】
【主催・問合せ】 ジュンク堂書店池袋本店 TEL 03-5956-6111
 
【講師紹介】

●斎藤真理子(さいとう・まりこ)

1960年、新潟市生まれ。翻訳家。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。80年より韓国語を学び、91~92年、韓国の延世大学語学堂へ留学。2015年にパク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳)で第1回日本翻訳大賞を受賞。他の訳書にチョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』、チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』、ハン・ガン『すべての、白いものたちの』、チョン・セラン『フィフティ・ピープル』ほか多数。現在の韓国文学ブームを牽引する翻訳家のひとり。

●ハン・トンヒョン

1968年、東京都生まれ。社会学者、日本映画大学准教授。専門はナショナリズムとエスニシティ、マイノリティ・マジョリティの関係やアイデンティティ、差別の問題など。主なフィールドは在日コリアンを中心とした在日外国人問題。著書に『チマ・チョゴリ制服の民俗誌』、共著に『平成史【完全版】』など。「文藝」2019年秋季号および『完全版 韓国・フェミニズム・日本』にエッセイ「違うということと、同じということ」を寄稿。



9784309290607のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像

うるさく、しずかに、ひそひそと』『目で見てかんじて』2冊刊行を記念してトークイベントを開催します。


<優雅でスタイリッシュな絵本は、子どものための最高の絵本>
『うるさく、しずかに、ひそひそと』
『目で見てかんじて』2冊刊行記念トークイベント

おはなし
広松由希子
(絵本家。『うるさく、しずかに、ひそひそと』『目で見てかんじて』翻訳者)
田中優子 
(河出書房新社。エドワード・ゴーリー、ショーン・タン、ブルーノ・ムナーリ等担当)


12月14日(土曜)
オープン14:00
スタート14:30〜16:00頃
参加費¥500➕1D
当日は絵本の販売も行います。
ぜひ本をめくりながら、お話をお聞きください。

絵本の読める小さな喫茶店
原宿シーモアグラス
渋谷区神宮前6-27-8京セラ原宿ビル地下1階
明治通り沿いカルバンクラインとなりの階段を降りる。
03-5469-9469
71w7SmXp8HL.jpg

作家デビュー12年目にして実現した、1冊まるごとの初の総特集
『文藝別冊 川上未映子』
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979878/

こちらの刊行を記念して、今年を代表する小説の1冊となった最新長編『夏物語』をはじめ、デビューからこれまでの12年、そしてさらに2020年以降の展望を、川上さんにご著書を振り返りながらお話いただきます。日程 2019年12月14日 (土)
時間 18:00〜19:30(開場 17:30〜)
料金 1,540円(税込)
定員 110名様
会場 青山ブックセンター本店 大教室トーク終了後、ご希望の方には著者サイン会も実施いたします。
イベント当日、青山ブックセンター本店にてご購入の本書『文藝別冊 川上未映子』のみ対象となります。

詳細とお申込はこちらより
http://www.aoyamabc.jp/event/keep-you-burning/
12.jpegのサムネール画像

翻訳家の岸本佐知子さんがにぎやかにおおくりする、代官山 蔦屋書店 不定期連続イベント「佐知子の部屋」。Vol.14の今回は、鬼才ジョージ・ソーンダーズの最新刊『十二月の十日』の刊行記念です!
中世テーマパークで働く青年、賞金で奇妙な庭の装飾を買う父親・・・・・・ダメ人間の日常をSF的想像力で描くベストセラー短編集。本書『十二月の十日』(2,640円税込 河出書房新社)の刊行を記念し、岸本佐知子さんをお招きしてトークショー&サイン会を開催いたします。
店内でのイベントです。60分ほどのトークのあとサイン会となります。

●会 期 2019年12月12日(木)
●定 員 50名
●時 間 19:30〜
●場 所 代官山 蔦屋書店 1号間2階イベントスペース

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、いずれかの対象商品をご予約・ご購入頂いたお客様がご参加いただけます。
書籍と参加券セットをご購入のお客様は、1時間ほどのトークのあとサイン会にご参加いただけます。

【対象商品】
・書籍『十二月の十日』+イベント参加券セット 3,000円(税込)
・イベント参加券のみ 1,100円(税込)

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
 ①代官山 蔦屋書店 店頭(1号館1階レジ)
 ②お電話 03-3770-2525(代官山 蔦屋書店/人文フロア)
 ③オンラインストア

●詳細ならびにお申込みはこちらより↓
DAIKANYAMA T-SITE


91RPg6R8Z1L.jpg

社会学研究者にしてBL研究家の金田淳子さんが、漫画「刃牙」シリーズへの熱い愛を語ったエッセイ
『『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ』の刊行を記念して、「刃牙」シリーズの良さをいまこそ伝えるプレゼン大会を開催します。乙女の目線から刃牙の魅力を提案する金田さんに加え、刃牙検定2級保持者の映画ブロガー・三角絞めさんが、刃牙未読のお菓子研究家・福田里香さんに、刃牙の濃さ・熱さ・素晴らしさをたっぷり語り尽くします。


日程 2019年12月5日(木)
時間  20:00~22:00 (19:30開場)
会場 本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)
入場料 前売1500円+ドリンク500円(共に税別)=2200円
当日2000円+ドリンク500円(共に税別)=2750円
詳細とお申し込みはこちらより

イベント: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ