• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせの最近の記事

編集部 契約社員(事務補佐)募集

編集部 契約社員(事務補佐)を募集します。
下記詳細をお読みになり、ご応募ください。


業務内容:編集部内での事務補佐
     (データ入力、電話対応、コピー、書籍発送 等)
応募資格:専門・短大卒以上、PC 操作必須(Word、Excel等)*Mac尚可
雇用形態:契約社員(最長3年)
勤務地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:9:30~17:30
時  給:時給1,100円~(昇給あり)
待  遇:交通費全額支給、昼食費補助制度あり、保養所あり、社会保険完備
休日休暇:土曜、日曜、祝日、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、年次有給休暇
応募方法:下記書類をご郵送ください。
     A.自筆履歴書(A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
     B.職務経歴書(書式自由)
応募先 :〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
     (株)河出書房新社「編集部 契約社員」採用係 宛に郵送
応募締切:2018年12月9日(日) *当日消印有効
選考  :書類選考のうえ、12月中旬に応募者全員へ結果を通知。
     書類選考通過者は12月19日以降に面接予定
     *応募書類は必ず郵送すること。
      当社への直接持参は受け付けできませんのでご了承ください。
     *応募書類は返却致しません。
スクリーンショット 2018-11-09 15.57.36.png
11月1日発売の角田光代訳『源氏物語 中』の発売を記念し、東京書店組合の加盟店でキャンペーンを開催中です。
『源氏物語 上』『源氏物語 中』の両方を購入すると、もれなくお好きな河出文庫を1冊プレゼントします。
加盟書店でお買い上げいただいた際のレシートを官製はがきに貼りご応募ください。


レシート対象期間:2018年11月1日から2018年11月30日
記入要件    :①欲しい河出文庫のタイトル1冊
         ②お名前
         ③郵便番号
         ④ご住所
         ⑤お電話番号
         ⑥ひとことコメント
         以上をご記入の上、レシートを
         のりでしっかりと貼り、お送りください。
応募宛先    :〒151-0051
         東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
                                河出書房新社営業部「源氏物語プレゼント」係
応募締め切り  :2018年12月31日
プレゼント発送 :2018年2月より順次

注意事項    :※景品表示法により、お送りできる河出文庫は
                                本体1,400円までのものとします。
                                また、品切れの商品は除きます。
                               (詳しくは河出文庫目録、弊社HP等でご確認下さい)
                               ※レシートは店舗名・日付・書名またはISBNコード・
                               金額が見えるように添付ください。
                               ※レシートが長い場合は折りたたんで添付ください。
                               ※レシートがはがれないよう、セロハンテープや
                                のりでしっかりと添付ください。
                               ※レシートが複数の場合は重ねて添付ください。
                               ※クレジットカードをご利用のお客様は、レシートの
                                クレジットカード情報部分は塗りつぶすか、
                                切りとって添付ください。

<お問い合わせ>
河出書房新社 営業部 TEL.03-3404-1201

※ご応募いただいた際の個人情報は、
 本キャンペーン以外には使用いたしません。
※いただいたコメントは、弊社宣伝物(HP・チラシ・オビなど)
 にてご紹介する場合がございます。


【開催店舗はこちら】
地域 書店名
千代田区 BOOK EXPRESS 東京駅京葉ストリート店
千代田区 ワタナベ書店
千代田区 丸善 お茶の水店
千代田区 丸善 丸の内本店
千代田区 紀伊國屋書店 大手町ビル店
千代田区 五車堂書房
千代田区 高岡書店
千代田区 三省堂書店 神保町本店
千代田区 三省堂書店 有楽町店
千代田区 至誠堂書店
千代田区 十字屋書店
千代田区 神谷書店
千代田区 大手町書房
千代田区 島田書店
千代田区 東京堂書店 
千代田区 農業書センター
千代田区 邦光堂 専修大学内売店
千代田区 友愛書房
千代田区 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
千代田区 廣文館書店
中央区 TRIOZ&COMPANY 
中央区 タロー書房
中央区 ミヤケ書店
中央区 丸善 日本橋店
中央区 丸竹書店
中央区 教文館
中央区 銀座堂書店
中央区 弘尚堂書店
中央区 相田書店
中央区 八重洲ブックセンター 本店
港区 トミタBOOKS
港区 ブックスフューチャー赤坂店
港区 ブックファースト 六本木店
港区 金松堂書店
港区 虎ノ門書房 本店
港区 山陽堂書店
港区 小川書店
港区 新橋書店
港区 崇文堂
港区 智識堂書店
港区 明徳堂書店
新宿区 あゆみBooks 早稲田店
新宿区 紀伊國屋書店 新宿本店
新宿区 新宿橋本書店
新宿区 成文堂 早稲田正門店
新宿区 伊野尾書店
新宿区 メディアライン曙橋店
新宿区 桔梗屋書店
新宿区 三陽堂
新宿区 盛好堂
新宿区 前野書店
新宿区 大観堂
新宿区 大石書店
新宿区 博文堂書店 本店
新宿区 福家書店 新宿サブナード店
新宿区 文象堂書店
新宿区 芳進堂(ラムラ店)
文京区 千駄木往来堂書店
文京区 塚本書店
文京区 南天堂書房
文京区 文京堂書店
文京区 文明堂書店
文京区 芳文堂
台東区 吉田書店
台東区 大作書店
台東区 明正堂 アトレ上野店
墨田区 好文堂
墨田区 児玉書店
墨田区 自成堂
墨田区 文栄堂書店
墨田区 峰松堂
墨田区 有隣堂 錦糸町テルミナ店
墨田区 廣文館イトーヨーカドー曳舟店
江東区 岸部書店
江東区 紀伊國屋書店 ららぽーと豊洲店
江東区 吉田書籍部
江東区 勝山書店
江東区 中沢書店
江東区 本間書店
江東区 木村屋書店
江東区 有隣堂 アトレ亀戸店
品川区 ブックファースト(大井町店)
品川区 中野屋書店
品川区 島津山書店
品川区 明昭館書店
品川区 有隣堂 アトレ大井町店
品川区 有隣堂 アトレ目黒店
目黒区 ブックストア田中
目黒区 一弘堂書店
目黒区 王様書房
目黒区 恭文堂
目黒区 自由書房
目黒区 新高堂書店
目黒区 町田書店
目黒区 八雲堂書店
目黒区 不二屋書店
大田区 くらや
大田区 井上書店
大田区 一二三堂
大田区 栄文堂書店
大田区 加藤玉泉堂
大田区 松村文川堂書房
大田区 須澤書店
大田区 石川台書店 井上書店
大田区 町田書店
大田区 藤乃屋書店
大田区 本吉康之書店
大田区 有隣堂 グランデュオ蒲田店
大田区 雄美堂書店
世田谷区 BOOKS DON
世田谷区 烏山書房
世田谷区 紀伊國屋書店 玉川高島屋店
世田谷区 暁星堂書房
世田谷区 光琳堂
世田谷区 甲文堂書店
世田谷区 三省堂書店 下北沢店
世田谷区 正文堂書店
世田谷区 千歳書店
世田谷区 大蔵書店
世田谷区 田中堂
世田谷区 藤波書店
世田谷区 梅木書店
世田谷区 ファミリー書房
渋谷区 アド書房
渋谷区 大盛堂書店
渋谷区 不二美書院
渋谷区 有隣堂アトレ恵比寿店
中野区 中野文化堂書店
中野区 はた書店
杉並区 TSUTAYA 浜田山店 
杉並区 サンブックス浜田山
杉並区 たつみ書房
杉並区 ブックスオオトリ高円寺店
杉並区 井荻書店
杉並区 久我山書店
杉並区 今野書店
杉並区 三佳書店
杉並区 秀文堂
杉並区 松文堂
杉並区 杉並栄文堂
杉並区 文公堂
豊島区 ジュンク堂書店 池袋本店
豊島区 旭屋書店 池袋店
豊島区 三省堂書店 池袋本店
豊島区 山﨑書店
豊島区 大松堂書店
豊島区 北野書店
北区 フタバ書店
北区 ブックスページワン イトーヨーカ堂赤羽店
北区 ブックスページワン 北赤羽店
北区 文書堂
北区 CROSSBOOKS サミット王子店
北区 TSUTAYA BOOKSTORE ビーンズ赤羽店 
北区 ビーブックス
北区 昇堅堂
荒川区 埼玉屋書店
荒川区 集文堂
荒川区 南進堂書店
荒川区 武藤書店
荒川区 有信堂書店
板橋区 こみや書店
板橋区 ヒコー堂山口書店
板橋区 ブックスページワン 板橋店
板橋区 やまさ書房
板橋区 高島平南天堂
板橋区 書林 朝日書店
板橋区 新清堂
板橋区 大山書店
板橋区 大地屋書店 大山店
板橋区 法文堂書店
板橋区 北田書店
板橋区 矢崎書店
練馬区 スヤ書店
練馬区 ブックスサクマ
練馬区 ブックス氷川台
練馬区 精美堂
練馬区 中村橋書店
練馬区 文雄堂
練馬区 有本書店
足立区 ㈱東武ブックス(西新井店)
足立区 みどり書店
足立区 永光堂書店
足立区 駅前の本屋まこと
足立区 三浦書店
足立区 住吉書房 五反野店
足立区 小泉書店
足立区 浅田書店
足立区 渡辺優文堂
葛飾区 ダイワビーアンドジー 大和書店
葛飾区 ブックスたかはし
葛飾区 栄真堂書店
葛飾区 太洋堂書店
葛飾区 文教堂書店 青戸店
葛飾区 第一書林 新小岩南口店
葛飾区 第一書林 新小岩北口店
葛飾区 今川書店
江戸川区 くまざわ書店 船堀店
江戸川区 ことぶき書房
江戸川区 住吉書房 小岩店
江戸川区 水島書店
江戸川区 椿書房
江戸川区 トクエー堂
江戸川区 芦田書店
江戸川区 江戸川書房
江戸川区 文教堂書店 西葛西店
江戸川区 有隣堂 シャポー小岩店
八王子市 くまざわ書店 本店
八王子市 ブックランド
八王子市 真光書店 堀之内店
八王子市 有隣堂 セレオ八王子店
立川市 オリオン書房ルミネ立川店
立川市 文昭堂
立川市 オリオン書房ノルテ店
立川市 ないとう
立川市 フレンド書房
立川市 錦堂谷書店
立川市 泰明堂
武蔵野市 紀伊國屋書店 吉祥寺東急店
武蔵野市 聚宝堂
三鷹市 三鷹高橋書店
青梅市 幸福書房
青梅市 ブックスタマ 千ケ瀬店
府中市 BOOKS隆文堂
府中市 府中書房
昭島市 book&cafeマルベリーフィールド
昭島市 たまべ書房
昭島市 井上書店
昭島市 伊藤書店
調布市 神代書店
調布市 ひたちや書店
調布市 ブックスとみざわ
調布市 真光書店
町田市 久美堂 本店
町田市 玉川学園購買部
町田市 有隣堂 町田モディ店
小平市 まつみ書店
日野市 黒田書店
東村山市 丸山書房
国分寺市 紀伊國屋書店 国分寺店
国分寺市 三石堂書店
国立市 増田書店
清瀬市 飯田書店
東久留米市 ブックセンター滝山
武蔵村山市 オリオン書房 イオンモールむさし村山店
武蔵村山市 波多野書店
多摩市 くまざわ書店 永山店
西東京市 むつみ書店
西東京市 博文堂書店 田無店
西東京市 アンビル宮脇書店 東京田無店

住所・お電話番号等店舗詳細はこちら。
9784309026725.jpg

花田菜々子さんの青春実録私小説『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』が第6回ブクログ大賞 「エッセイ・ノンフィクション」部門にノミネートされました。


ブクログ大賞とは
ブクログ大賞とは、本好きのみなさんで本当におもしろい本を決める書籍大賞です。対象作品の中からブクログで総合評価の高い作品をノミネート作品として選出し、みなさんの投票でそれぞれの部門の大賞作品を決定いたします。
ブクログ大賞は、みなさんの投票、つまりあなたの一票で決まります。
(当部門は2017年5月1日~2018年7月31日の期間に国内で発売された作品の中から、5作品がノミネート)。


投票はブクログアカウント、もしくはtwitterから誰でも参加できます。
東京締切は2018年10月22日(月)です。
投票・詳細はこちら。


なお、本作は9刷 37000部を突破しました。

9784309026725.jpg
【あらすじ】
夫に別れを告げ家を飛び出し、宿無し生活。どん底人生まっしぐらの書店員・花田菜々子。仕事もうまく行かず、疲れた毎日を送る中、願うは「もっと知らない世界を知りたい。広い世界に出て、新しい自分になって、元気になりたい」。そんな彼女がふと思い立って登録したのが、出会い系サイト「X」。プロフィール欄に個性を出すため、悩みに悩んで書いた一言は、「今のあなたにぴったりな本を一冊選んでおすすめさせていただきます」--。

「とんでもなく面白い」「続きが早く読みたい! 」「もう映画化とか決定してるんじゃ......?」
ネットで話題沸騰のあの衝撃の連載が、まさかの書籍化!
悩みまくる書店員・花田菜々子が初めて書いた、大人のための青春実録私小説。
9784309027111.jpg

全国の書店員さんが選ぶ「ノンフィクション本大賞2018」に青山透子『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』がノミネートされました。
日本航空123便墜落事故から33年、今なお事故原因が解明しつくされていません。本書は、当時同僚だった元客室乗務員の著者が、目撃された戦闘機の追尾、墜落現場特定と救助はなぜ遅れたのか、事故原因はなぜ意図的に漏洩されたのか──等を中心に証言を集め、根拠を明らかにして事故の真相に迫る渾身のノンフィクションです。


大賞はノミネート作10作品より、本屋大賞実行委員会とYahoo!ニュースによる選考を経て、2018年11月初旬に発表されます。

詳細はこちら(Yahoo!ニュースの特設ページに飛びます)。
去る8月23日(木)山の上ホテルにて、選考委員・磯崎憲一郎氏、斎藤美奈子氏、町田康氏、村田沙耶香氏により、第55回文藝賞の選考会がおこなわれました。

受賞作は下記の2作に決定いたしました。
受賞作・選評・受賞の言葉は、10月6日(土)発売の「文藝」冬季号に掲載されます。

尚、授賞式につきましては、10月中旬、山の上ホテルにて執りおこないます(受賞者には、正賞として記念品、副賞として賞金50万円が贈られます)。



受賞作「はんぷくするもの」日上秀之(400字×132枚)

日上秀之(ひかみ・ひでゆき)/男性
1981年、岩手県生まれ。36歳。
秋田大学工学資源学部卒。現在、フリーター。岩手県在住。

【内容紹介】
僅かタタミ十畳――プレハブの仮設店舗で問われる"生の倫理"
彼は言った。「あなたは津波に家を流されたじゃないですか。我が家はね、全く無事だったんですよ。波の飛沫すら一滴もかかりはしなかった」と――。
被災地の仮設店舗で、病気の母とともに今にも潰れそうな商店を続ける毅(つよし)。訪れる客といえば、近所に住む腰の曲がった老婆の風峰さんと、支離滅裂な万引き論を熱く繰り広げる同級生の武田、そしてツケで買い物をする古木さん。古木さんはツケの3,413円を、電話では何度も払うと言いながらいっこうに払いに来ない。そんな中、母の体調が悪化し、その原因は古木さんにあると考えた毅は取り立てを決意する。しかし毅が古木さんの家へ向かおうとする度に、カラス、猫、石、そして街が突然不吉な気配を放ち、彼を止めてしまう。ある日、常連客の風峰さんの身体に突然の不調が訪れ、毅はその責任が自分にあると考え始めるが......。
被災地の日常の中、時に笑いにまで昇華される底知れぬ畏れ――生の倫理を根源的に問う、驚異の新人登場。

 
受賞作「いつか深い穴に落ちるまで」山野辺太郎(400字×213枚)

山野辺太郎(やまのべ・たろう)/男性
1975年、福島県生まれ。宮城県育ち。42歳。
東京大学文学部卒業、同大学院人文社会系研究科修士課程修了。現在、会社員。東京都在住。
 

【内容紹介】
日本社会のシステムを戦後史とともに"真顔のユーモア"で描きつくす!
戦後から現在まで続く「秘密プロジェクト」があった。発案者は、運輸省の若手官僚・山本清晴。敗戦から数年たったある時、新橋の闇市でカストリを飲みながら彼は思いつく。「底のない穴を空けよう、そしてそれを国の新事業にしよう」。かくして「日本ブラジル間・直線ルート開発計画」が「温泉を掘る」という名目の元、立ち上がった。その意志を引き継いだのは建設会社の子会社の広報係・鈴木一夫。彼は来たるべき事業成功の際のプレスリリースを記すために、この謎めいた事業の存在理由について調査を開始する。ポーランドからの諜報員、作業員としてやってくる日系移民やアジアからの技能実習生、ディズニーランドで待ち合わせた海外の要人、ブラジルの広報係・ルイーザへの想い、そしてついに穴が開通したとき、鈴木は......。
様々な人間・国の思惑が交差する中、日本社会のシステムを戦後史とともに真顔のユーモアで描きつくす、大型新人登場。

スクリーンショット 2018-07-04 16.21.33.png

今年10月20日の「いわて銀河プラザ」オープン20周年を記念し、岩手県遠野市出身の芥川賞作家若竹千佐子さんの著書「おらおらでひとりいぐも」をご持参いただいたファンの皆様の中から、抽選で20名に若竹さんのサイン色紙をプレゼントします。 
詳細はこちら。(いわて銀河プラザ公式サイトに飛びます)
スクリーンショット 2018-06-28 17.51.17.png


芥川賞・文藝賞ダブル受賞のベストセラー 若竹千佐子さん『おらおらでひとりいぐも』がオーディオブックになりました。
朗読は、若竹さんと同じ岩手県出身の人気声優・桑島法子さんです。

9784309979427.jpg

第159回芥川賞の候補作に町屋良平「しき」が選出されました。本作は「文藝」最新号の夏季号に掲載されています。
町屋良平さんは1983年 東京都生まれ。2016年秋、「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞しデビューしました。「しき」が発表3作目の作品です。
選考会は7月18日、東京・築地の「新喜楽」で開かれます。


候補作はこちら(著者名50音順)。
【芥川賞】古谷田(こやた)奈月「風下の朱(あか)」(早稲田文学初夏号)▽高橋弘希「送り火」(文学界5月号)▽北条裕子「美しい顔」(群像6月号)▽町屋良平「しき」(文芸夏号)▽松尾スズキ「もう『はい』としか言えない」(文学界3月号)
『僕はロボットごしの君に恋をする』の著者・山田悠介さんが、同作品のプロモアニメの主題歌を担当したTHE SxPLAY(菅原紗由理)さんのツイキャス配信に特別出演します。
THE SxPLAYさんのツイキャスとしては、今回はなんと初の番外編!?スペシャルゲストとしての参加です。
昨年10/21に、山田悠介さんの長編小説『僕はロボットごしの君に恋をする』が刊行されてから約半年!
そして、発行部数15万部突破のW記念としてインタビューの模様を生中継します!

2018年初配信    
★SxPLAY Studio Show 番外編★
~"僕ロボ"15万部突破記念公開インタビュー~
    
配信先:ツイキャス
※THE SxPLAY(菅原紗由理)Twitterアカウント
日程:4月26日(木)
時間:20:15~21:00頃まで
Special Guest:山田悠介さん
decision38_jisei.jpgのサムネール画像
飛浩隆『自生の夢』が第38回日本SF大賞を受賞しました。
第38回日本SF大賞は、2016年9月1日から2017年8月31日までに発表されたSF作品のうち、もっとも優れた作品に贈られるものです。
2018年2月25日、都内で選考会が開催され、同作と、小川哲『ゲームの王国』(早川書房)に2作に贈られることが決定しました。なお功績賞は、山野浩一氏に贈られます。
リリースはこちらをご覧ください。

お知らせ: 月別アーカイブ