• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの最近の記事

「契約社員/編集補佐」を募集します。


業務内容:編集補佐(データ入力、電話対応、コピー、書籍発送等)
応募資格:PC 操作必須 ※Mac尚可
雇用形態:契約社員(最長3年)
勤務地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:9:30~17:30
時  給:1,300円~(昇給あり)
待  遇:交通費全額支給、昼食補助制度あり、社会保険完備、保養所あり
休日休暇:土曜・日曜・祝日、年次有給休暇、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇
応募方法:下記書類をご郵送下さい。
     A.自筆履歴書(市販A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
     B.職務経歴書
応募先 :〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
     (株)河出書房新社「契約社員募集K」係 宛に郵送
応募締切:2020年10月11日(日) ※当日消印有効
選考:書類選考のうえ、10月19日頃応募者全員に結果を通知。
   通過者は10月26日(月) に面接予定。
選  考:書類選考
      ↓
     面接(1回)
      ↓
     採用
*応募書類は必ず郵送して下さい。当社への直接持参は受け付けできません。
*応募書類は返却いたしませんのでご了承下さい。


詳しくはリンク先の要項をよくお読みになり、奮ってご応募ください。
1222__OTc4NDg2Mzg1Mzk4MA-D--204x300.jpg
くどうれいんさんのエッセイ集『うたうおばけ』の刊行と2度めの重版を祝して、本屋B&Bよりオンラインでのトークイベントを行います。
対談相手は、『破局』(河出書房新社)で第163回芥川賞を受賞したばかりの遠野遥さん。

ツイッターで「デカい車みたいな小説を読みたいが、まだ誰もデカい車みたいな小説を書いていない可能性がある」とツイートをした遠野さんと、「わたしのいいところ:どんなときでもひとくちがデカい」とツイートしたくどうれいんさんによる<雑談>。
おふたりの口からどんな言葉が飛び出すか、ドキドキワクワクの2時間となることでしょう。どうぞお楽しみに!


出演 _ くどうれいん 遠野遥
日時 _ 19:00~21:00
場所 _ オンラインでのみ開催
入場料 
■配信のみ:1500円(税別)
■サインなし『うたうおばけ』1400+配信1500円(ともに税別)
■サインいり『うたうおばけ』1400円+配信1500円(ともに税別)

詳細・お申し込みはこちら

<内容>
・ふたりの自己紹介
・『うたうおばけ』のこと
・『破局』のこと
・賞ってなんだろう
・ふたりの「怖いもの」
・お互いに聞いてみたいこと
・質問コーナー

 

くどうれいんさんよりコメント
「うたうおばけの話」と「芥川賞の話」だけでない<雑談>が上手にできたらいいなあとおもいます。
  
遠野遥さんよりコメント
くどうさん、このたびは『うたうおばけ』の重版おめでとうございます。全然関係ない話をするのも楽しみです。

 
 

【出演者プロフィール】
くどうれいん(工藤玲音)
1994年生まれ。岩手県盛岡市出身・在住。会社員。樹氷同人、コスモス短歌会所属。
著書に『うたうおばけ』(書肆侃侃房、2020年)、『わたしを空腹にしないほうがいい』(BOOKNERD、2018年)、共著に『ショートショートの宝箱Ⅰ・Ⅱ』(光文社)。
講談社「群像」にてエッセイ「日日是目分量」連載中。

 

遠野遥(とおのはるか)
1991年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。東京都在住。2019年『改良』で第56回文藝賞を受賞しデビュー。2020年『破局』で第163回芥川龍之介賞を受賞。

------------------------------------

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

 

【書籍販売について】
配信のみでなく、書籍通販つきのチケットも販売します。
書籍の発送は国内に在住の方のみご利用いただけます。海外への発送は承っておりませんのでご注意ください。

・配信参加:¥1,500(税別)
書籍つき配信参加:¥1,500+『うたうおばけ』¥1,400(ともに税別)
サイン書籍つき配信参加:¥1,500+著者サイン入り『うたうおばけ』¥1,400(ともに税別)/販売期間9/30まで

※サインなしの書籍は随時発送、サイン入りの書籍はイベント当日までに到着するよう発送いたします。送料は無料です。

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

「正社員」募集


コメント 2020-08-12 170615.jpg
河出書房新社は正社員募集を行います。以下要項をよくお読みになり、奮ってご応募ください。


「正社員/編集経験者」募集

業務内容:書籍編集業務(ノンフィクション、新書、サイエンス、人文・歴史、文芸 書、実用書、翻訳書等)
応募資格:編集経験3年以上、即戦力として働ける方
雇用形態:正社員
勤務地:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:9:30~17:30(10:00~18:00・10:30~18:30の勤務も可)
給与:当社規定による
昇給・賞与:昇給 年1回、賞与 年2回
諸手当:住宅手当、家族手当、交通費全額支給、昼食費補助制度あり
休日休暇:土曜・日曜・祝日、年次有給休暇、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇 他
福利厚生:社会保険完備、保養所あり、リフレッシュ休暇制度あり


応募方法:下記書類3点をご郵送下さい
A.自筆履歴書(A4見開きA3判・写真貼付・メールアドレス必須)
B.職務経歴書(これまでに手掛けた企画と内容詳細)
C.入社後に手掛けたい書籍の企画書3本


応募先:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「編集経験者募集係」宛
応募締切:2020年9月22日(火・祝)※当日消印有効
選考:書類選考の上、10月2日頃応募者全員に結果を通知、
通過者は10月8日に面接予定


採用の流れ:
書類選考
面接(3回)
採用
※応募書類は必ず郵送して下さい。当社への直接持参は受け付けできません
※応募書類は返却いたしませんので予めご了承下さい

採用ページはこちら。

■お電話での対応について
営業部代表電話【03-3404-1201】は、 8月3日(月)より 平日11:00から16:00の受付対応とさせていただきます。それ以外の時間帯につきましては、下記お問い合わせ窓口へお願いいたします。

■営業部へのお問い合わせ窓口
・書店様用メールアドレス

・書店様専用受注サイトWINB

・書店様用FAX【03-3404-6386/03-3404-0338】

・読者、その他の皆様用メールアドレス


※メール件名欄にご用件を簡単にご記入ください。
※ご返信にお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
※政府の対応いかんによって変更する場合があります。弊社HPにて随時更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
〇お電話での対応について
営業部代表電話【03-3404-1201】は、7月1日(水)より平日10:30から17:30の受付対応とさせていただきます。それ以外の時間帯につきましては、下記お問い合わせ窓口へお願いいたします。

〇営業部へのお問い合わせ窓口・書店様用メールアドレス

・書店様専用受注サイWINB

・書店様用FAX【03-3404-6386/03-3404-0338】

・読者、その他の皆様用メールアドレス

※メール件名欄にご用件を簡単にご記入ください。
※ご返信にお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
※政府の対応いかんによって変更する場合があります。弊社HPにて随時更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
9784309028385.jpg
 故氷室冴子を顕彰し第2の氷室冴子を発掘することを目的に創設された「氷室冴子青春文学賞」(北海道岩見沢・NPO法人氷室冴子青春文学賞主宰)。記念すべき第1回大賞を受賞され、受賞作『虹いろ図書館のへびおとこ』も大好評発売中の櫻井とりおさんをゲストに迎え、日頃の作家活動や執筆秘話を通して作品の魅力に迫ります! また、著者サイン本を当日先着50名限定で通信販売します。


虹いろ図書館のへびおとこ』(5分シリーズ+)
出演者:櫻井とりお
特別出演:いわた書店(北海道砂川市)
及川昌子聞き手:NPO法人氷室冴子青春文学賞事務局長 栗林千奈美
日時7月4日(土)21:00~22:00 (質疑応答の時間も含みます)


櫻井とりおさんトークライブ
開催場所:Zoom(LIVE配信)
定員:90人
申込:お申込み方法:メールのみの受付となります。

メールに以下、ご記入の上送信ください。
・Zoomで表示されるお名前 
・メールアドレス 
・居住都道府県
・櫻井とりおさんに質問したいことがあればお書きください。
※7月3日までに参加者のメールに参加のためのURLをお送りします。

締切:7月3日 20時30分
※先着につき定員を満たした場合は募集を締め切らせていただきます。 
お申し込み後、万一キャンセルされる際にはご一報願います。
費用:無料

本イベントは、Webサービス「Zoom」を使用しておこないます。
・参加にあたってはZoomのアカウント登録が必要となります。イベント開始30分前までに、あらかじめアカウントをご登録いただき、Zoomにサインインできる状態にしていただきますようお願いいたします。
・Zoomの設定方法等はご自身でご確認のうえご登録ください。
※ご参加される方の声や顔が画面に出ることはありません。

お問い合わせ先:NPO法人氷室冴子青春文学賞事務局 

TEL:080-4387-0607(栗林)

主催主催:NPO法人氷室冴子青春文学賞
共催:河出書房新社
協力:エブリスタ、いわた書店


櫻井とりお(さくらい・とりお)京都市生まれ。放送大学教養学部卒。都内区役所在職中、およそ10年間公立図書館で勤務。2018年、『虹いろ図書館のへびおとこ』で第1回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞。公立図書館で司書として勤めながら小説を書き続けている。

虹いろ図書館のへびおとこ』(5分シリーズ+)辻村深月さん絶賛! この小説の中盤、とある場面が登場した瞬間、私は「ああっ!」と顔を覆い、 その場にくずおれるほどの感動を味わいました。私は、この小説が大好きです。いじめがきっかけで学校に行けなくなった、小学6年生の火村ほのか。たどり着いたおんぼろ図書館でみどり色の司書、謎の少年、そしてたくさんの本に出会い、ほのかの世界は少しずつ動き出す! 図書館があなたのこころを彩る感動の物語。四六判/288頁/2019年11月20日発売/1200円+税
■在宅勤務の一部実施
2020年6月30日(火)までの平日9:30-17:30 

■お電話での対応について
営業部代表電話【03-3404-1201】は、 6月1日(月)より 平日11:00から16:00の受付対応とさせていただきます。それ以外の時間帯につきましては、下記お問い合わせ窓口へお願いいたします。
編集部代表電話【03-3404-8611】は、お電話いただいても対応が難しい状況です。できるだけメールにてお問い合わせいただきますようお願いいたします。

■営業部へのお問い合わせ窓口
・書店様用メールアドレス

・書店様専用受注サイトWINB

・書店様用FAX【03-3404-6386/03-3404-0338】

・読者、その他の皆様用メールアドレス

■編集部へのお問い合わせ窓口

※メール件名欄にご用件を簡単にご記入ください。
※ご返信にお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
※政府の対応いかんによって変更する場合があります。弊社HPにて随時更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
9784309028866.jpg数々の文学賞を受賞し、『雲を離れた月』(書肆侃侃房)でデビューした注目の作家・相川英輔さんの新刊『ハンナのいない10月は』が、5月25日に小社より刊行されました。本作は、猫のハンナと研究室で暮らす大学の万年講師が、次々と起きる大学存亡の危機に立ち向かう、感動の青春ミステリです!刊行を記念して、著者の相川英輔さんと、ライターで日本語教師の北村浩子さんがオンラインでブックトークを行います。新刊のこと、お二人がおすすめする猫や大学をテーマにした本のこと、コロナ禍の日々について、お二人にたっぷり語っていただきます。面白い本を読みたい方、最近何を読んだらいいか分からない方にも気軽に楽しんでいただけると幸いです。『ハンナのいない10月は』未読の方も大歓迎! ぜひ、ご参加ください。※イベント参加者には、特別書下ろし『ハンナのいない10月は』スピンオフ短編を全員にお送りいたします。また、希望者には北村さんお勧めのご本をプレゼントします( 希望多数の場合は抽選になる可能性がございます)。
※イベントはzoomで開催します。相川さんと北村さんをzoomでつなぎ、参加者にもzoomで参加していただきます。zoomでの参加方法は、下記の【イベント詳細ページ】をご覧くださいお申し込み方法など、【イベント詳細ページ】はこちら↓
https://aikawaeisuke-booktalk.peatix.com/【日時】6月28日(土)14:00〜16:00(途中休憩有り)
【会場】Zoom(オンライン)※お問い合わせは、【イベント詳細ページ】の中ほど右側にある、
「主催者に連絡」ボタンよりお願いいたします。
■全社在宅勤務の実施
2020年5月29日(金)までの平日9:30-17:30 

■お電話での対応について
営業部代表電話【03-3404-1201】は、終日不通とさせていただきます。
編集部代表電話【03-3404-8611】は、お電話いただいても対応が難しい状況です。できるだけメールにてお問い合わせいただきますようお願いいたします。

■営業部へのお問い合わせ窓口
・書店様用メールアドレス

・書店様専用受注サイトWINB

・書店様用FAX【03-3404-6386/03-3404-0338】

・読者、その他の皆様用メールアドレス

■編集部へのお問い合わせ窓口

※メール件名欄にご用件を簡単にご記入ください。
※ご返信にお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。
※政府の対応いかんによって変更する場合があります。弊社HPにて随時更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
9784309028682.jpgのサムネール画像のサムネール画像4月11日にブックスキューブリックで開催を予定していた本イベント。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け開催を延期しておりましたが、
このたびオンライン配信での開催が決まりました当初より掲げていたイベントテーマ
「古い仕組みから抜け出し、これからの仕事をつくる」は、
むしろ新型コロナ・ウイルスによって、これまで以上に喫緊の、
誰にとっても避けがたい課題になっています。19年前に小さな総合書店「ブックスキューブリック」を創業した大井さん。
14年前に小さな総合出版社「ミシマ社」を創業した三島さん。ともに独立系の書店・出版社として、時代に先駆けた取り組みを
続けてきた二人は、仕事のあり方、経営のあり方についても、
常にトライ&エラーを積み重ねてきました。ものづくり、小売、組織、リアルな空間、コミュニケーション...etc.
いまあらためて浮き彫りになっている課題を、
二人はどう捉え、次に向けて動き出しているのでしょうか?コロナ禍のこの数ヶ月で動き出した新しい取り組み、
これまでの仕事のあり方の見直しについて、
逆に変わらずに大切にしようとしていることなど、
いまだからこその具体的な話の数々を語り合います。ライブ配信では、チャット機能を使って質問もできますので、
個人レベルの小さな話から、業界や社会全体の大きな話まで、
ぜひ気になることを投げかけていただけますと幸いです。先行きの見えない状況で、ともに日々格闘する人間として、
ひとりでも多くの方と、思いと智恵を共有していければと思います。ご参加、心よりお待ちしております。お申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
https://mishimasha.com/mishinews/mishimakunihiro/001826.html【日時】5月29日(金) 19:00~21:00【会場】Zoomのウェビナー機能を使って配信
※当日18:00より開場(配信テスト開始)いたしますので、接続方法など不安な方はお早めにアクセスください。
※終了時刻は前後する可能性がございます。予めご了承ください。
※オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。
※やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。【問い合わせ先】
株式会社ミシマ社
https://mishimasha.com/

イベント: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ