• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの最近の記事

【トークイベント】
木村紅美 X 四方田犬彦「先生、まだ切手を集めているのですか?」
『女王の肖像──切手蒐集の秘かな愉しみ』(工作舎)
聖者のレッスン──東京大学映画講義』(河出書房新社)刊行記念 

日 時: 2019年10月28日(月)20:00~22:00(19:30開場)

場 所: 本屋B&B 
    〒155-0031東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
     TEL:03-6450-8272

入場料:■前売り/1,500yen+1 drink order(税別となります)
    ■当日店頭/2,000yen+1 drink order(税別となります)

申込方法:本屋B&Bウェブサイトにてお申込みいただきます。
      http://bookandbeer.com/event/20191028/

トーク終了後、B&Bで四方田犬彦『女王の肖像』、『聖者のレッスン』、さらに木村紅美『まっぷたつの先生』、『雪子さんの足音』、最新作「夜の底の兎」収録『群像』2019年9月号を購入された方には、サインをしていただけます。

9784309256436.jpg


著者自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる短編集『生命式』の発売を記念してサイン会を開催します。

916TlX3ASnL.jpgのサムネール画像


出演者: 村田沙耶香

日 時: 10月27日(日)14時〜

会 場: くまざわ書店 ペリエ千葉本店
     千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉6F

定 員: 100名様

参加申込: ★ペリエ千葉本店・ペリエ千葉本店エキナカ店にて『生命式』を買っていただいた方(予約分も含む)、先着100名様にイベント参加整理券を発行します。

詳 細: https://www.kumabook.com/event/7170/ (くまざわ書店HP)

お問合せ: 043-202-2900(くまざわ書店 ペリエ千葉本店)
muratasayaka.jpgのサムネール画像Photo:Sayo Nagase

『銀河の果ての落とし穴』表1_書影[1]-thumb-350x500-82895.jpg

耐えがたい現実をもとに、日常と非日常、笑いと悲しみを一瞬でくるりと反転させる超短篇の名手が、自作について大いに語ります。文学だけでなく、映画、グラフィックノベル、建築など、つねにユーモアを忘れないケレットさんの多面的な魅力を深く掘り下げます。世界40か国以上で翻訳されるイスラエル作家のお話を聞く貴重な機会をお見逃しなく!

「ユーモアとは耐えがたい現実とつきあう手段なのです。抗議する手段でもあり、ときには人間の尊厳を守る手段でもあります。やりたくないことをやらなければいけないとき、ユーモアをもつことは『ほら、まだおれは人間だぜ』と言っているのと同じなのです」──エトガル・ケレット


『銀河の果ての落とし穴』刊行&著者来日記念トークイベント
エトガル・ケレッ ト、大いに語る
現実の裏にあるシュールな真実
エトガル・ケレット(作家)×倉本さおり(書評家・ライター)

○日時|2019年10月13日(日)15:00開演 14:45開場 
○会場|紀伊國屋書店新宿本店9階 イベントスペース
○出演|エトガル・ケレット(作家)×倉本さおり(書評家・ライター) 
○申込|参加には整理券が必要です。(先着50名)

対象書籍|『銀河の果ての落とし穴』(発行:河出書房新社 2400円+税)



【整理券配布】
9月20日(金)より紀伊國屋書店本店2階中央レジカウンターにて、『銀河の果ての落とし穴』(発行:河出書房新社 2400円+税)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。
※整理券の残部がある場合に限り、お電話での予約を9月21日(土)10:00より承ります。店頭で参加券の配布が終了した場合はお電話での予約は受付けません。ご了承ください。
2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00-21:00)

お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで『銀河の果ての落とし穴』(発行:河出書房新社 2400円+税)をお買い上げのうえ整理券をお受け取りください。
※当日は対象書籍と整理券を忘れずにお持ちください。
※当店に繋がる他の電話番号にかけられても整理券のご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

エトガル・ケレット_近影[1]-thumb-200x267-82897.jpgエトガル・ケレット(Etgar Keret)
1967年イスラエル・テルアビブ生まれ。両親はともにホロコーストの体験者。兵役中に小説を書き始め、短篇集『パイプライン』(1992)でデビュー。短篇集『キッシンジャーが恋しくて』(1994)で英語圏でも人気を集め、『突然ノックの音が』(2010)はフランク・オコナー国際短篇賞の最終候補となる。ほかに、短篇集『アニフ』(2002)、エッセイ集『あの素晴らしき七年』、中篇「クネレルのサマーキャンプ」を原作としたグラフィック・ノベル『ピッツェリア・カミカゼ』(作画=アサフ・ハヌカ、2004)など。作品はこれまでに世界40か国以上で翻訳されている。絵本やグラフィック・ノベルの原作を執筆するほか、映像作家としても活躍。2007年には『ジェリーフィッシュ』で妻のシーラ・ゲフェンとともにカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞している。テルアビブ在住。

倉本さおり_近影[1]-thumb-230x280-82899.jpg倉本さおり_近影[1].jpg倉本さおり(くらもと・さおり)
書評家/ライター。1979年生まれ。毎日新聞文芸時評「私のおすすめ」、小説トリッパー「クロスレビュー」担当のほか、文藝「はばたけ! くらもと偏愛編集室」、週刊新潮「ベストセラー街道をゆく!」連載中。TBSラジオ「文化系トークラジオLife」準レギュラー。共著に『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今』(立東舎)。
0930バリアフリー温泉チラシ画像.jpg

『さあ、バリアフリー温泉旅行に出かけよう!』の著者、山崎まゆみさんによるイベントが行われます。
旅する人に優しいバリアフリー温泉や旅館の選び方、便利な持ち物などとあわせて、これまでに訪ねた世界の温泉や、自分に最もあう温泉(泉質)の見つけ方など、知っていればもっと温泉を楽しめる話題や基礎知識もご紹介いただきます。奮ってご参加ください!■イベントタイトル:バリアフリー温泉の楽しみ方
■日時:2019年9月30日(月)19:00~20:30
■場所:日比谷図書文化館 4階スタジオプラス(小ホール)
■定員:60名(事前申込順、定員に達し次第締切)
■参加費:1,000円
■申込方法:以下のページよりお申込みください。https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20190930-copy_22014104/
■お問合せ先:日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)
スクリーンショット 2019-07-26 20.34.51.png

美術館「えき」KYOTO(京都)で9月21日から始まるショーン・タン原画展「どこでもないどこかへ」の開催にあわせて翻訳者岸本佐知子さんが京都来訪。新刊『セミ』も絶好調なショーン・タンの一連の書籍の翻訳者であり、自著のエッセイも大人気な翻訳家、岸本佐知子の日常生活は? 仕事とは? とりわけ最新刊のルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』と、これまで訳したショーン・タンの本を中心に岸本さんの魅力に迫りたいと思います。聞き手はショーン・タンの本を担当する編集者、河出書房の田中優子さん。



【日 時】9月22日(日)13:30〜(開場13:00)
【参加費】1,500円(要予約)
【申 込】下記申込フォームより
     【満員につき締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。】
【定 員】60名
【その他】トークイベント終了後にサイン会あり
     ※岸本佐知子さんの著書・翻訳書は当日可能な限り揃えて販売します。
      この機会にどうぞお買い求めくださいませ。
【場 所】Montag Booksellers
                  〒602-8061
                  京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地2階Impact Hub Kyoto
            *企画内容、ご参加方法に関しては上記お問い合わせアドレスまで。

【ゲストプロフィール】
岸本佐知子(きしもと・さちこ)
訳家。訳書にリディア・デイヴィス『話の終わり』『ほとんど記憶のない女』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、スティーブン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』など多数。編訳書に『変愛小説集』『楽しい夜』『居心地の悪い部屋』ほか、著書に『なんらかの事情』ほか。2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞。

Unknown.jpeg

夢のつかみ方、挑戦し続ける力-元宝塚トップスターが伝える-』(河出書房新社)の刊行を記念し、早霧せいなさんのイベントを開催いたします。


場所:西武池袋本店 別館8階=池袋コミュニティ・カレッジ 4番教室
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店
日時:2019年8月25日 (日) 
   ①12:00~(トーク&サイン本お渡し会)
   ②13:00~(サイン本お渡し会)
   ③15:00~(トーク&サイン本お渡し会)

8月2日(金)から、三省堂書店のWEBでご予約を受け付けます。
イベントの詳細・ご予約方法は下記特設サイトをご確認ください。


主催:三省堂書店 池袋本店
早霧せいな(さぎり・せいな)
長崎県佐世保市出身。2001年宝塚歌劇団に入団、宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台。同年宙組に配属。09年雪組に組替え。14年9月雪組トップスターに就任。主演作品に『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』『星逢一夜/ La Esmeralda』『るろうに剣心』など。17年7月『幕末太陽傳/Dramatic "S"!』で宝塚歌劇団を退団。その後は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『るろうに剣心』『まほろば』などの舞台や、テレビなどで幅広く活躍中。


★9月8日(日)、関西某所でトーク&お渡し会を開催予定です。
 詳細は8月16日(金)告知いたします。

81CDzQgEgFL-1.jpg

5月に『はっとりさんちの狩猟な毎日』を刊行した 服部小雪さんと、
その夫・服部文祥さんによる夫婦対談!
横浜の住宅街ど真ん中で、
ニワトリを飼い、シカを解体し、獲った生き物を食べて暮らす、
5人家族「はっとりさんち」は、どんな日々を過ごしているのでしょう?


今回のイベントでは、自らも狩猟免許の取得を目指して勉強中の
「ターブル・オギノ」の荻野伸也シェフが、
服部家の食材を調理し、皆さんに提供してくださいます!

■日時:8月25日(日)11時〜12時30分
■場所:湘南 蔦屋書店

<参加費>
①書籍付き参加券 1,500円(税抜)
 └『はっとりさんちの狩猟な毎日』(河出書房新社)
②書籍なし参加券 700円(税抜)
<申込方法>
■電話受付 湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
※お申し込みの際にイベントの日時とタイトルをお伝えください。
※店頭でのお申し込みの場合は2号館1階BOOKカウンターまでお越しください。
■オンライン受付
湘南 蔦屋書店オンラインショップにてお申し込みください。

詳細は、湘南蔦屋書店HPをご覧ください。
9784309227665.jpg

小熊英二先生の4か月連続新刊刊行を記念して、講演会「30年で変わったこと、変わらなかったこと」とサイン会のイベントを8/9(金)19:00より、ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペースにて開催いたします。



【日時】8月9日(金)19:00開演/18:30開場
【会場】ブックファースト新宿店 地下2階 Fゾーンイベントスペース
【定員】先着50名様  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
【参加方法】ブックファースト新宿店にて整理券(500円税込)をご購入をされた方
サイン会の対象書籍は、下記の4点に限らせて頂き、当日に会場にて販売いたします。
※すでにご購入の方は、下記の4点の中からお1人様1冊まで、当日ご持参頂ければ、サインを致します。
【対象書籍】
①『私たちの国で起きていること』/小熊英二/朝日新聞出版社(朝日新書)/本体930円+税
②『平成史【完全版】』/小熊英二/河出書房新社/本体3,000円+税
③『地域をまわって考えたこと』/小熊英二/東京書籍/本体1,600円+税
④『日本社会のしくみ』/小熊英二/講談社(講談社現代新書)/本体1,300円+税

〈購入方法〉
①7月22日(月)10:00よりブックファースト新宿店 地下2階 Eゾーンレジカウンターにてイベント整理券を販売いたします。
② お電話でのご予約も承ります。下記の番号にお問い合わせください。

〈お問合せ〉ブックファースト新宿店03-5339-7611
 ※お掛け間違いのないようにご注意ください。

〈著者プロフィール〉
小熊英二(おぐま えいじ)
1962年、東京都生まれ。慶応義塾大学総合政策学部教授。
「単一民族神話の起源」、「〈日本人〉の境界」、「〈民主〉と〈愛国〉」、「1968(上・下)」
「日本という国」、「社会を変えるには」など著作多数。

〈注意事項〉
*イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
*整理券は数に限りがございます(先着50名様)。なくなり次第販売終了とさせていただきます。
*整理券をお持ちでない方の入場はできません。当日は、必ず、整理券をご持参ください。
*整理券の返品、交換、再発行は承れません。

cover-X6toSbRR6xv3JM1KNRcjqZ9nzLvLdb4i.png

いよいよ1年後に迫る2020年東京オリンピック競技大会の開幕。
その日が近づくとともに、オリンピックの商業利用の是非にまつわる議論も過熱していくことでしょう。

スポーツ業界、広告業界、法律業界では知られていますが、
IOC、JOC、大会組織委員会は、スポンサー以外による「オリンピックを想起させる表現」や「オリンピックのイメージ」を用いた広告や商行為を「アンブッシュマーケティング」と呼び、規制対象と位置付けています。

この方針については、
・どうして「オリンピック」って使っちゃダメなの?
・いったいどこまでがダメで、どこからなら良いのか?ボーダーラインはどこ?
・どうしてこんなルールができたの?
・ブランド保護やスポンサーが絡んでいるなら仕方ないのでは?
・だがオリンピックの盛り上がりに水を差すのでは?
・スポンサーのためのオリンピックになってないか?
など、様々な意見や戸惑いの対象になっています。

いったい、オリンピックは誰のものなのでしょうか?
本イベントは、そんな疑問に光を当てるために、
オリンピックマーケティング、アンブッシュマーケティングの本質を語れる日本代表をお招きして行うトークイベントです。
第1部がスピーカー3名によるプレゼンテーション、後半がプレゼンを受けてお互いに語り合うパネルディスカッション形式を予定しています。
今まさにオリンピックを迎えんとしている開催国の一員として、是非、みんなで考えていきましょう!


イベント詳細
日時:2019/7/29(月) 19:00~21:20
場所:サイボウズ株式会社内"サイボウ樹パーク"
住所:東京都中央区日本橋2丁目7−1 東京日本橋タワー27階
費用:1,200円
支払:VISA, Master、コンビニ, ATM、PayPal, JCB, AMEX
問合:ムゲンチザイ運営事務局 infinity.ip.com@gmail.com
  • スピーカー

足立 勝/ニューヨーク州弁護士。著書に『アンブッシュ・マーケティング規制法―著名商標の顧客吸引力を利用する行為の規制』(創耕舎)など。


加島 卓/社会学者、東海大学教授。著書に『オリンピック・デザイン・マーケティング―エンブレム問題からオープンデザインへ』(河出書房新社)など。


友利 昴/著述家、1級知的財産管理技能士(ブランド・コンテンツ)。著書に『オリンピックVS便乗商法―まやかしの知的財産に忖度する社会への警鐘』(作品社)など

司会:ちざたまご
ミヤギフトシ×町屋良平「親密さと距離、そのあわい」
ディスタント』(河出書房新社)刊行記念トークイベント

9784309027968.jpg


日時_
2019年07月27日(土)

時間 _
15:00~17:00 (14:30開場)

場所 _
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料 _
■前売1,500yen + 1 drink order
■当日店頭2,000yen + 1 drink order

詳細はこちら

イベント: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ