• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの最近の記事

2007年「市立高校」シリーズの第1弾『理由あって冬に出る』(創元推理文庫)でデビューされてから、「戦力外捜査官」シリーズ(河出書房新社)や「楓ヶ丘動物園」シリーズ(文春文庫)などの
人気作を次々と刊行されてきた似鳥鶏さんのデビュー10周年をお祝いするトークイベントを開催致します。


当日は似鳥さんと親交の深い、人気若手ミステリー作家、岡崎琢磨さんと知念実希人さんも駆けつけてくださいます!


10周年を迎えた似鳥さんの心境や、今後の作家としての野望、作家を10年以上続けていくコツなどなど、縦横無尽にお話しいただく予定です!
また、トークのあとにはサイン会も開催予定です。

何が飛び出すかわからない一夜の宴、みなさま、どうぞご参加ください!


【イベント詳細】
日時:2017年12月4日(月) 19:00~
会場:芳林堂書店 高田馬場店 8Fイベントスペース
登壇者:似鳥鶏・岡崎琢磨・知念実希人
参加方法:2017年11月24日(金)10:00~受付開始
*芳林堂書店高田馬場店で対象商品をお買い求めのお客様に参加券をお渡し致します。
お電話・メールでもご予約を承ります。「お名前」「お電話番号」を担当者にお伝えください。


【お問い合わせ】
芳林堂書店 高田馬場店
TEL: 03-3208-0241
メール:baba@horindo.co.jp

【対象商品】
似鳥鶏作品
破壊者の翼 戦力外捜査官』(河出書房新社)
『100億人のヨリコさん』(光文社)
『彼女の色に届くまで』(KADOKAWA)
『きみのために青く光る』(角川文庫)
『モモンガの件はおまかせを』(文春文庫)
『シャーロック・ホームズの十字架』(講談社タイガ)
『家庭用事件』(創元推理文庫)

岡崎琢磨作品
『さよなら僕らのスツールハウス』(KADOKAWA)

知念実希人作品
『崩れる脳を抱きしめて』(実業之日本社)

【諸注意】
・トークの後、登壇者全員のサイン会がございます。サインは上記の対象書籍のみとなります。
イベント当日にお持ちください。
・トーク中の撮影・録画・録音はご遠慮ください。


【著者略歴】
似鳥鶏
1981年、千葉県生れ。作家。鮎川哲也賞佳作入選『理由あって冬に出る』(東京創元社)でデビュー。魅力的な人物や精緻な物語で注目を集めている。デビュー作から続く「市立高校」シリーズ(東京創元社)、『モモンガの件はお任せを』などの「楓ヶ丘動物園」シリーズ(文藝春秋)、『破壊者の翼』などの「戦力外捜査官」シリーズ(河出書房新社)、『シャーロック・ホームズの十字架』など「御子柴」シリーズ(講談社)の他、『100億人のヨリコさん』(光文社)、『彼女の色に届くまで』(KADOKAWA)など、著書多数。

岡崎琢磨
1986年、福岡県生れ。作家。2012年『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社)でデビュー。同シリーズは現在5巻まで刊行されるほどの人気シリーズとなっている。他の著書に『病弱探偵 謎は彼女の特効薬』(講談社)、『新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい』(幻冬舎)、『道然寺さんの双子探偵』(朝日新聞出版社)、『季節はうつる、メリーゴーランドのように』『さよなら僕らのスツールハウス』(KADOKAWA)などがある。

知念実希人
1978年、沖縄県生れ。作家で現役の内科医。2011年、「レゾン・デートル」で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2012年、同作を『誰がための刃』(講談社)と改題し、デビュー。医学的知見を生かしたミステリー作家の新星として注目されている。他の著書に「天久鷹央」シリーズ『螺旋の手術室』(新潮社)『優しい死神の飼い方』(光文社)、『あなたのための誘拐』(祥伝社)、『仮面病棟』『時限病棟』『崩れる脳を抱きしめて』(すべて実業之日本社)などがある。

芳林堂書店 高田馬場店 イベントページ
11/24 『"ひとり出版社"という働きかた』著者・西山雅子さん×弊社編集者・田中優子
トークイベント開催!
"ひとり出版社"という働き方が韓国でなぜ注目を浴びたのか?


今、韓国でも"ひとり出版社"という働き方が大きな注目を集め、新しい出版のうねり
を感じさせています。西山雅子さんの著書『"ひとり出版社"という働きかた
は、今年1月に韓国語版が刊行、9月には韓国・坡州(パジュ)bookcity※で開催された出
版社セミナーに講演者として招聘されました。

神保町にある韓国ブックカフェ「チェッコリ」にて、西山さんと同セミナーに参加し
た弊社編集者・田中優子と"ひとり出版社"について、また各国の皆さんの様子を
お話し頂きます。
韓国の人々を魅了する出版の新しい潮流とは何なのか? 奮ってご参加ください!

※坡州(パジュ)...北朝鮮との国境近くにある国家文化産業都市。広大な敷地に出版関連
企業約300社、図書館、映画館などが集まっている。


【開催概要】
・日時:2017年11月24日(金)19:00-20:00
・場所:CHEKCCORI(チェッコリ)
・住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1−7−3 三光堂ビル
・参加費:1500円(ワンドリンク付)
・定員:30名

【申し込み方法】
下記URLからお申し込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/c4789b4a132944

詳細はこちら:
CHEKCCORI(チェッコリ)電話:03-5244-5425
http://www.chekccori.tokyo <http://www.chekccori.tokyo/>



西山雅子(にしやま・まさこ)
フリーランス編集者。カルチャー誌、児童書出版社の編集部勤務を経て、2015年『"ひ
とり出版社"という働きかた』(河出書房新社)を上梓。韓国のひとり出版
社UUプレスより刊行の翻訳版が現地でも話題を集める。国内若手絵本作家の出版プロ
デュース、絵本の書評も多数。 


田中優子(たなかゆうこ) 
エドワード・ゴーリーの一連のシリーズ、ショーン・タン『アライバル』、フラン
スBD『オリエンタルピアノ』などビジュアル本から海外フィクション&ノンフィク
ション、DK社の図鑑まで幅広いジャンルの編集を担当。海外版権交渉も長年にわたり
担当、国際会議を通じて海外の編集者、出版社とのつながりも深い。
南インドの出版社タラ・ブックス。手漉き紙にシルクスクリーンによる手刷り、一冊ずつかがる手製本でつくられたハンドメイドの絵本は、美しさと存在感ある佇まいで、世界中の本好きの心を一気につかみました。それらをはじめとする独創的な本の数々はどのように生まれ、どのようにつくられたのか。
 
タラブックスの創始者2人、ギータ・ウォルフさん、V・ギータさんに、"タラブックス"という出版社について語っていただきます。お話の聞き手は、板橋区立美術館副館長の松岡希代子氏です。
※同時通訳あり

会期 2017年12月01日(金) 
時間 <第1部>19:00~20:15
   <第2部>20:15~21:00 場所 BOOK EVENT SPACE
定員 <第1部>50名様
   <第2部>10名様
主催 銀座 蔦屋書店
共催・協力 株式会社河出書房新社 問い合わせ先 03-3575-7755


詳細はこちら
 
<第1部>トークイベント 19:00~20:15
タラブックス創始者の2人の来日に合わせて企画された本イベントは、本づくりからその舞台裏、日本とのかかわりまで、幅広い角度でタラブックスに迫るとっておきの機会です。
日本でもひとり出版社やごく少人数の出版社など、こだわりの出版社が増えてきています。これからの本づくりや出版社のあり方などを考えるヒントが見えてくるかもしれません。すべての本好きの方のためのイベントです。

<第2部>ワークショップ 20:15~21:00
タラブックスから絵本を出版された高橋香緒理さんを講師に迎え、1枚の紙を使って、小さな絵本をつくります。「あめが、ふったら...」からはじまる短いテキストを使って自由にアレンジし、自分だけの1冊に仕上げてみてください。画材は色鉛筆をご用意いたしますが、好きな画材をお持ちくださってもかまいません(水を使うもの、裏うつりのする画材はご使用いただけません)。

 
【参加条件】
銀座 蔦屋書店にて、下記の参加券いずれかをご購入で参加いただけます。
※<第1部><第2部>それぞれにイベント参加券が必要になります。
・<第1部>トークイベント参加券:1,500円/税込 
・<第2部>ワークショップ参加券:500円/税込
 
【お申し込み方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
・オンラインショップ
※オンラインショップでの受付は2017/11/29(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。
 
【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*参加券は当日レジにてお渡し致します。
*イベント会場はイベント開始の30分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
 
【プロフィール】
タラブックス (tara books)
南インドのチェンナイにある出版社。ギータ・ウォルフとV・ギータの二人のインド人女性が中心となって1994年に設立され、企画・編集から印刷・製本までこだわりをもった独自のスタイルで質の高い本をつくり続けている。インド各地の民族画家による絵を原画とし、手漉きの紙にシルクスクリーンで刷り、一冊ずつ手でかがって製本するハンドメイド絵本はとくに有名で、世界中で高く評価されている。また、ハンドメイド絵本以外でも、環境問題や社会問題、さまざまなタイプのデザイン書など多様なテーマで出版活動を行っている。固定観念に縛られない、本のテーマや内容にふさわしい独創的なデザインや形式は、多くの読者に本の魅力を伝えるきっかけともなっている。

高橋 香緒理 (タカハシ カオリ)
1990年岡山県生まれ。筑波大学でビジュアルデザインを学んだ後、同大学院にて本の形態と物語の関係性について研究・制作を行う。2015年インド・タラブックスより絵本「Knock! Knock!」(邦題「ぱたぱた絵本 くまさんどこかな?」河出書房新社刊)を出版。
この11月に『オリンピック・デザイン・マーケティング:エンブレム問題からオープンデザインへ』を刊行した、社会学者の加島卓さん。デザインと広告の歴史を遡り、それらが社会や経済とどう関わりあって人々を動かしてきたのかを加島さんは社会学的に考察してきました。本書では、オリンピック・エンブレム問題に迫りました。
 
「パクリか?」「出来レースか?」とメディアを騒がせたあの問題の背後には、デザインとオリンピックの関わりあいの歴史、デザイナーと広告代理店とメディアと市民が織りなす現代的な社会問題が隠れていたことを、本書は解き明かします。2020年の東京大会に至るまでの「過去」を整理し、エンブレム問題以降の、東京大会以降の「未来」において、デザインは一体どうなるのかを考えるために重要な一冊です。
 
今回の対談のお相手は、思想・文学・科学・デザインなどに通じた文筆家/ゲーム作家の山本貴光さん。『文学問題(F+f)+ 』を上梓したばかりの山本さんですが、『文体の科学』では、広告をはじめ、聖書から数式、小説、Twitterまで、メディアとその目的が自ずと最適な文体を獲得することを解き明かしました。
 
その山本さんの視点から本書の読みどころを紹介していただきながら、オリンピックとデザインの関係、これからのデザインは一体どうなるのかを、お二人で語り合っていただきます。どうぞ、ご期待下さい。


●日時 2017年12月20日(水) 19:00~21:00 (18:30開場)
※開場前でも書店コーナー・喫茶コーナーでお待ちいただくことができます(喫茶コーナーでお待ちの際はワンドリンクオーダーいただいております)。

●場所 神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)東京都新宿区神楽坂6-43 K's Place 2F
●チケット 前売り¥1,500(ワンドリンク込)

●お申し込み方法
①か②の方法

①Peatix(Webチケット販売サイト)

②電話予約(当日店頭払い)
03-3266-0517

※当店スタッフにお声を掛けていただいてもご予約いたします。
南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。
1994 年に設立され、ギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しています。
タラブックスといえば美しいハンドメイドの絵本が知られています。
ふっくらとした風合いの紙に、民俗画家による絵を版画の技法で印刷し、1冊ずつ職人が糸で製本しています。インド各地には、多様な民俗画家たちが存在し、壁や床に絵を描いたり、民芸品をつくったりしています。そのような、生活の中で営まれてきた表現活動を、タラブックスは出版に結びつけました。


一方でタラブックスはハンドメイド本以外にも、多彩な本を刊行しています。
画家、編集者、デザイナー、印刷職人らによるチームワークから生み出される本には、社会問題をテーマにしたもの、本の形状に特徴があるものなど、ユニークなものが多くあります。ワークショップや講演会なども積極的に行い、出版活動を通してより良い社会をつくり出すための活動に継続的に取り組んでいます。


本展は、タラブックスの本づくりの全容を伝える初の展覧会です。
ハンドメイド本を中心に、本や原画、さらには写真やメイキング映像など約300点の資料を通じて、その魅力をたっぷりとご覧いただきます。



会 期:2017年11月25日(土)〜2018年1月8日(月・祝)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日:月曜日(1月8日は祝日のため開館)、12月29日〜1月3日
観 覧 料:一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円
*土曜日は小中高校生は無料で観覧できます
*20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
主催:板橋区立美術館
後援:インド大使館、公益財団法人 日印協会
企画協力:Tara Books、ブルーシープ 日印友好交流年事業 
詳細 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 特設ページ(板橋区立美術館のサイトに飛びます)
DM-1.jpgのサムネール画像


『総特集 木原敏江 ~エレガンスの女王~』出版記念原画展を開催します。
漫画家生活48年間を総括する個展です。
代表作『摩利と新吾』『アンジェリク』『夢の碑』などの美麗カラーイラスト、カラーマンガ原稿『封印雅歌』などたっぷり展示します。
書籍・複製画・オリジナルグッズの販売も行います。
入場無料です。またとない貴重な機会、ぜひご来場ください。


●会期/2017年11月3日(金・祝)~11月14日(火)
11:00~19:00  ※11月8日休・入場無料

●会場/銀座スパンアートギャラリー


※詳細はこちら
銀座スパンアートギャラリー特設ページ

第10回目を迎える文学とBD(バンド・デシネ)の祭典「読書の秋」。今年もフランスで話題の作家たちを招聘し、10月~11月に亘り、日本各地で多彩なイベントを開催します。


この一環で、東洋と西洋の音楽が出会う物語『オリエンタルピアノ』のゼイナ・アビラシェドさんの来日が決定。
札幌では池澤夏樹さんと、京都では『テルマエ・ロマエ』の作者、ヤマザキマリさんとの対談が開催されます。また東京では、デッサンと音楽を取り混ぜたイベントが開催されます。初めての試みである「コンサート・デシネ」に是非お越しください。



【各イベント詳細】
◎読書の秋2017スペシャル・イベント
『オリエンタルピアノ』を語る
対談:ゼイナ・アビラシュッド + 池澤夏樹
11月1日(水)
18:00〜19:30
会場:北海道立文学館


◎ディスカッション:ゼイナ・アビラシェド&関口涼 子&小沼純一
10月29日(日曜日)
15時00分-16時30分
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場無料 フランス語日本語(同時通訳付) 要予約
問い合わせ先 : 03-5206-2560


◎東洋と西洋の間を奏でるピアノ演奏とライブペインティング
10月29日 (日)
17時00分-18時15分
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場無料
問い合わせ先 : 03-5206-2560


◎読書の秋2017 ゼイナ・アビラシェドとヤマザキマリの対談 
「ベイルートからパリそして日本からイタリア」
11月5日(日)
14:00~16:00
会場:京都国際マンガミュージアム 1 階 多目的映像ホール
逐次通訳付 入場無料・但し、ミュージアムの入館料は別途必要(大人:800 円、中高生:300 円、小学生 100 円)
先着 200 名 ※ 10 時より館内にて整理券を配布
共催:京都国際マンガミュージアム / 京都精華大学国際マンガ研究センター
「クリスマスを探偵と」プレゼントキャンペーン

感想を送って、伊坂幸太郎サンタからプレゼントをもらおう〜


ハガキかtwitterで感想をお送りいただいた方から、

抽選で合計30名様にクリスマスイブにプレゼントが届く!


クリスマスを探偵と(文・伊坂幸太郎 絵・マヌエーレ・フィオール

発売を記念して、プレゼントキャンペーンを開催します。

ぜひご応募ください。

詳細は特設ページにて。


9784309026169.jpgのサムネール画像


* * * キャンペーン応募要項 * * *


【応募期間】

2017年10月26日(木)10時00分 ~ 11月30日(木)23時59分

【ハガキの場合は締切日必着】


【応募条件】

*Twitterでご応募される場合

・Twitterアカウントをお持ちであること

・河出書房新社公式Twitterアカウント「@kawade_shobo」をフォローしていること

書名『クリスマスを探偵と』と指定のハッシュタグ#伊坂絵本をつけて、『クリスマスを探偵と』に関する感想をツイートしていること。


※お一人様何回でもご応募いただけます。

※アカウントの非公開設定をオンにされている方は、キャンペーン応募対象外になります。


【応募方法】

*Twitterでご応募される場合

1.  河出書房新社公式Twitterアカウント「@kawade_shobo」をフォローしてください。

2.  書名『クリスマスを探偵と』とハッシュタグ 「#伊坂絵本」 をつけて感想をツイートしてください。

3.  上記で応募は完了となります。


*ハガキでご応募される場合

1.  ハガキに①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業 ⑥電話番号

⑦メールアドレス ⑧本書への感想 を記入する

2.  【宛先】151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2

       河出書房新社営業部『クリスマスを探偵と』係

までお送りください


3.  上記で応募は完了となります。



【当選発表】

・キャンペーン応募期間終了後、順次、当選された方にTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にて当選通知をご連絡させていただきます。
なおその際、「@
kawade_shobo」アカウントのフォローをはずされておりますと当選通知ができなくなりますので、ご注意ください。

※抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。


・ハガキでご応募いただいた方への当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。


【キャンペーンについてのお問い合わせ】

メール:kouhou@kawade.co.jp



今年もまた巡りきたドラフトの季節。
ただ、脚光を浴びた全てのドラフト1位がその後、成功できる訳ではない。
ドラフト1位で華々しく入団しながら一転プロの壁にぶち当たり、期待外れの視線の中、悔しさを噛みしめ、どん底から這い上がろうともがき苦しんだ7人の野球エリートたち。
選手引退後、今は「全く新しい道」で次の人生に挑んでいる7人の元ドラ1の格闘する姿に迫った『敗者復活 地獄をみたドラフト1位、第二の人生』の刊行を記念し、インタビューされた一人、増渕竜義さん(2006年ヤクルトドラフト1位)が、今だから言葉にできる思いを著者・元永知宏さんを聞き手に語ります。


※トーク終了後、元永知宏さん、増渕竜義さんのサイン会を行ないます。
※お買い求めいただいた書籍以外の物には、サインはできません。
★こちらのイベントは、八重洲ブックセンター本店「ゴールド会員」の方は無料で聴講いただけます。
事前のお申込みとゴールドカードのご提示が必要です。

◎日時 2017年11月18日 (土) 16時00分〜(開場:15時30分)
◎会場 八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー
◎募集人員 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法
八重洲ブックセンター本店で対象書籍をお買い上げのお客さまに1階カウンターにて参加整理券をお渡しいたします。
また、お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)
※参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。
主催:八重洲ブックセンター    協賛:河出書房新社
詳細はこちら


出演者紹介
増渕竜義(ますぶち たつよし)
1988年埼玉県生まれ。鷺宮(埼玉)のエースとして甲子園出場を目指したが、高校3年の夏は埼玉県大会決勝で敗れた。
2006年、東京ヤクルトスワローズにドラフト1位入団。高卒ルーキーながら入団1年目で1勝をあげる。2015年、27歳で現役引退。現在、野球スクール『Go every baseball』塾長。プロ通算成績:157試合登板、15勝26敗29ホールド。防御率4.36。

元永知宏(もとなが ともひろ)
1968年愛媛県生まれ。立教大学野球部4年時に23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。大学卒業後、複数の出版社勤務を経て、フリーランスに。
著書に『期待はずれのドラフト1位――逆境からのそれぞれのリベンジ』『敗北を力に!甲子園の敗者たち』(岩波ジュニア新書)、『殴られて野球はうまくなる!?』(講談社+α文庫)がある。

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称〈よんとも〉は書評家の豊崎由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。とびきりのガイブン"目利キスト"である豊崎さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。

 

今回は、海外の小説家とも交流の深い作家の茅野裕城子さんをお迎えして、海外文学の魅力について大いに語り合っていただきます。

 

20171027日(金) 1930分スタート/21時頃終了予定

  *イベント当日、お店は18時にてクローズ致します

会場 Title 1階特設スペース (東京都杉並区桃井1-5-2)

参加費 1000円+1ドリンク500

定員 25

 

お申し込み

手順1:メールの件名にイベント名、メール本文にお名前(氏名)/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記して、以下のアドレスに送信ください。

title@title-books.com

手順2:「予約完了」の返信をいたします。(メールの受信設定にご注意ください)。

手順3:参加費は当日会場受付でのお支払いとなります。

お申し込み・ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます

 

 

【出演者略歴】

豊崎由美(とよざき・ゆみ)

ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」「共同通信」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(大森望氏との共著)、『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)、『まるでダメ男じゃん!「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。Twitterアカウントは@toyozakishatyou

 

茅野裕城子(ちの・ゆきこ)

作家。小説に『韓素音の月』、『大陸游民』、『西安の柘榴』、『ミッドナイト・クライシス』(以上、集英社)など。エッセイに『バービーからはじまった』(新潮社)など。

 

 

イベント: 月別アーカイブ