• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントの最近の記事

0930バリアフリー温泉チラシ画像.jpg

『さあ、バリアフリー温泉旅行に出かけよう!』の著者、山崎まゆみさんによるイベントが行われます。
旅する人に優しいバリアフリー温泉や旅館の選び方、便利な持ち物などとあわせて、これまでに訪ねた世界の温泉や、自分に最もあう温泉(泉質)の見つけ方など、知っていればもっと温泉を楽しめる話題や基礎知識もご紹介いただきます。奮ってご参加ください!■イベントタイトル:バリアフリー温泉の楽しみ方
■日時:2019年9月30日(月)19:00~20:30
■場所:日比谷図書文化館 4階スタジオプラス(小ホール)
■定員:60名(事前申込順、定員に達し次第締切)
■参加費:1,000円
■申込方法:以下のページよりお申込みください。https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20190930-copy_22014104/
■お問合せ先:日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)
スクリーンショット 2019-07-26 20.34.51.png

美術館「えき」KYOTO(京都)で9月21日から始まるショーン・タン原画展「どこでもないどこかへ」の開催にあわせて翻訳者岸本佐知子さんが京都来訪。新刊『セミ』も絶好調なショーン・タンの一連の書籍の翻訳者であり、自著のエッセイも大人気な翻訳家、岸本佐知子の日常生活は? 仕事とは? とりわけ最新刊のルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』と、これまで訳したショーン・タンの本を中心に岸本さんの魅力に迫りたいと思います。聞き手はショーン・タンの本を担当する編集者、河出書房の田中優子さん。



【日 時】9月22日(日)13:30〜(開場13:00)
【参加費】1,500円(要予約)
【申 込】下記申込フォームより
【定 員】60名
【その他】トークイベント終了後にサイン会あり
     ※岸本佐知子さんの著書・翻訳書は当日可能な限り揃えて販売します。
      この機会にどうぞお買い求めくださいませ。
【場 所】Montag Booksellers
                  〒602-8061
                  京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地2階Impact Hub Kyoto
            *企画内容、ご参加方法に関しては上記お問い合わせアドレスまで。

【ゲストプロフィール】
岸本佐知子(きしもと・さちこ)
訳家。訳書にリディア・デイヴィス『話の終わり』『ほとんど記憶のない女』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、スティーブン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』など多数。編訳書に『変愛小説集』『楽しい夜』『居心地の悪い部屋』ほか、著書に『なんらかの事情』ほか。2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞。

早霧せいなさん9/8(日)西宮ガーデンズでのイベントのチケットは、第一部、第二部ともに完売いたしました。
たくさんのお申込み誠にありがとうございます。
当日お会いできる皆様、お気をつけてお越しください。

910ypyUf1gL.jpg


『夢のつかみ方、挑戦し続ける力-元宝塚トップスターが伝える-』(河出書房新社)の刊行を記念し、早霧せいなさんのイベントを開催いたします。

 

場所:阪急西宮ガーデンズ4F ガーデンズホール

 

住所:〒663-8204 兵庫県西宮市高松町14-2-405 阪急西宮ガーデンズ4F

 

日時:201998 ()

   第一部 1300~(トーク&サイン本お渡し会) ※開場1245

トークショー    131340

サイン本お渡し会  1345分~1430

   第二部 1500~(トーク&サイン本お渡し会) ※開場1445

トークショー    15~1540

サイン本お渡し会  1545分~1630

   

第一部は819日(月)10時から、第二部は821日(水)10時から、ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店にてご予約を受け付けます。店頭とお電話【0798-62-6103】で承ります。

イベントの詳細・ご予約方法は下記イベントサイトをご確認ください。

http://www.book1st.net/event_fair/event/

主催:ブックファースト 阪急西宮ガーデンズ店

 

早霧せいな(さぎり・せいな)

長崎県佐世保市出身。2001年宝塚歌劇団に入団、宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台。同年宙組に配属。09年雪組に組替え。149月雪組トップスターに就任。主演作品に『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』『星逢一夜/ La Esmeralda』『るろうに剣心』など。177月『幕末太陽傳/Dramatic "S"!』で宝塚歌劇団を退団。その後は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『るろうに剣心』『まほろば』などの舞台や、テレビなどで幅広く活躍中。

Unknown.jpeg

夢のつかみ方、挑戦し続ける力-元宝塚トップスターが伝える-』(河出書房新社)の刊行を記念し、早霧せいなさんのイベントを開催いたします。


場所:西武池袋本店 別館8階=池袋コミュニティ・カレッジ 4番教室
住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店
日時:2019年8月25日 (日) 
   ①12:00~(トーク&サイン本お渡し会)
   ②13:00~(サイン本お渡し会)
   ③15:00~(トーク&サイン本お渡し会)

8月2日(金)から、三省堂書店のWEBでご予約を受け付けます。
イベントの詳細・ご予約方法は下記特設サイトをご確認ください。


主催:三省堂書店 池袋本店
早霧せいな(さぎり・せいな)
長崎県佐世保市出身。2001年宝塚歌劇団に入団、宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台。同年宙組に配属。09年雪組に組替え。14年9月雪組トップスターに就任。主演作品に『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』『星逢一夜/ La Esmeralda』『るろうに剣心』など。17年7月『幕末太陽傳/Dramatic "S"!』で宝塚歌劇団を退団。その後は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『るろうに剣心』『まほろば』などの舞台や、テレビなどで幅広く活躍中。


★9月8日(日)、関西某所でトーク&お渡し会を開催予定です。
 詳細は8月16日(金)告知いたします。

81CDzQgEgFL-1.jpg

5月に『はっとりさんちの狩猟な毎日』を刊行した 服部小雪さんと、
その夫・服部文祥さんによる夫婦対談!
横浜の住宅街ど真ん中で、
ニワトリを飼い、シカを解体し、獲った生き物を食べて暮らす、
5人家族「はっとりさんち」は、どんな日々を過ごしているのでしょう?


今回のイベントでは、自らも狩猟免許の取得を目指して勉強中の
「ターブル・オギノ」の荻野伸也シェフが、
服部家の食材を調理し、皆さんに提供してくださいます!

■日時:8月25日(日)11時〜12時30分
■場所:湘南 蔦屋書店

<参加費>
①書籍付き参加券 1,500円(税抜)
 └『はっとりさんちの狩猟な毎日』(河出書房新社)
②書籍なし参加券 700円(税抜)
<申込方法>
■電話受付 湘南 蔦屋書店 0466-31-1510(代表)
※お申し込みの際にイベントの日時とタイトルをお伝えください。
※店頭でのお申し込みの場合は2号館1階BOOKカウンターまでお越しください。
■オンライン受付
湘南 蔦屋書店オンラインショップにてお申し込みください。

詳細は、湘南蔦屋書店HPをご覧ください。
9784309227665.jpg

小熊英二先生の4か月連続新刊刊行を記念して、講演会「30年で変わったこと、変わらなかったこと」とサイン会のイベントを8/9(金)19:00より、ブックファースト新宿店地下2階Fゾーンイベントスペースにて開催いたします。



【日時】8月9日(金)19:00開演/18:30開場
【会場】ブックファースト新宿店 地下2階 Fゾーンイベントスペース
【定員】先着50名様  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
【参加方法】ブックファースト新宿店にて整理券(500円税込)をご購入をされた方
サイン会の対象書籍は、下記の4点に限らせて頂き、当日に会場にて販売いたします。
※すでにご購入の方は、下記の4点の中からお1人様1冊まで、当日ご持参頂ければ、サインを致します。
【対象書籍】
①『私たちの国で起きていること』/小熊英二/朝日新聞出版社(朝日新書)/本体930円+税
②『平成史【完全版】』/小熊英二/河出書房新社/本体3,000円+税
③『地域をまわって考えたこと』/小熊英二/東京書籍/本体1,600円+税
④『日本社会のしくみ』/小熊英二/講談社(講談社現代新書)/本体1,300円+税

〈購入方法〉
①7月22日(月)10:00よりブックファースト新宿店 地下2階 Eゾーンレジカウンターにてイベント整理券を販売いたします。
② お電話でのご予約も承ります。下記の番号にお問い合わせください。

〈お問合せ〉ブックファースト新宿店03-5339-7611
 ※お掛け間違いのないようにご注意ください。

〈著者プロフィール〉
小熊英二(おぐま えいじ)
1962年、東京都生まれ。慶応義塾大学総合政策学部教授。
「単一民族神話の起源」、「〈日本人〉の境界」、「〈民主〉と〈愛国〉」、「1968(上・下)」
「日本という国」、「社会を変えるには」など著作多数。

〈注意事項〉
*イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
*整理券は数に限りがございます(先着50名様)。なくなり次第販売終了とさせていただきます。
*整理券をお持ちでない方の入場はできません。当日は、必ず、整理券をご持参ください。
*整理券の返品、交換、再発行は承れません。

cover-X6toSbRR6xv3JM1KNRcjqZ9nzLvLdb4i.png

いよいよ1年後に迫る2020年東京オリンピック競技大会の開幕。
その日が近づくとともに、オリンピックの商業利用の是非にまつわる議論も過熱していくことでしょう。

スポーツ業界、広告業界、法律業界では知られていますが、
IOC、JOC、大会組織委員会は、スポンサー以外による「オリンピックを想起させる表現」や「オリンピックのイメージ」を用いた広告や商行為を「アンブッシュマーケティング」と呼び、規制対象と位置付けています。

この方針については、
・どうして「オリンピック」って使っちゃダメなの?
・いったいどこまでがダメで、どこからなら良いのか?ボーダーラインはどこ?
・どうしてこんなルールができたの?
・ブランド保護やスポンサーが絡んでいるなら仕方ないのでは?
・だがオリンピックの盛り上がりに水を差すのでは?
・スポンサーのためのオリンピックになってないか?
など、様々な意見や戸惑いの対象になっています。

いったい、オリンピックは誰のものなのでしょうか?
本イベントは、そんな疑問に光を当てるために、
オリンピックマーケティング、アンブッシュマーケティングの本質を語れる日本代表をお招きして行うトークイベントです。
第1部がスピーカー3名によるプレゼンテーション、後半がプレゼンを受けてお互いに語り合うパネルディスカッション形式を予定しています。
今まさにオリンピックを迎えんとしている開催国の一員として、是非、みんなで考えていきましょう!


イベント詳細
日時:2019/7/29(月) 19:00~21:20
場所:サイボウズ株式会社内"サイボウ樹パーク"
住所:東京都中央区日本橋2丁目7−1 東京日本橋タワー27階
費用:1,200円
支払:VISA, Master、コンビニ, ATM、PayPal, JCB, AMEX
問合:ムゲンチザイ運営事務局 infinity.ip.com@gmail.com
  • スピーカー

足立 勝/ニューヨーク州弁護士。著書に『アンブッシュ・マーケティング規制法―著名商標の顧客吸引力を利用する行為の規制』(創耕舎)など。


加島 卓/社会学者、東海大学教授。著書に『オリンピック・デザイン・マーケティング―エンブレム問題からオープンデザインへ』(河出書房新社)など。


友利 昴/著述家、1級知的財産管理技能士(ブランド・コンテンツ)。著書に『オリンピックVS便乗商法―まやかしの知的財産に忖度する社会への警鐘』(作品社)など

司会:ちざたまご
ミヤギフトシ×町屋良平「親密さと距離、そのあわい」
ディスタント』(河出書房新社)刊行記念トークイベント

9784309027968.jpg


日時_
2019年07月27日(土)

時間 _
15:00~17:00 (14:30開場)

場所 _
本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料 _
■前売1,500yen + 1 drink order
■当日店頭2,000yen + 1 drink order

詳細はこちら
20.png

「情報公開と知る権利--今こそ日航123便の公文書を問う」が開催されます。奮ってご参加ください。


日時:2019年7月16日(火)18時15分∼20時15分
場所:早稲田キャンパス 8号館・B102教室
【第1部 基調講演】
「情報公開と知る権利--日航123便を事例として」三宅弘(弁護士)
「日航123便墜落の解説」 青山透子(元日航客室乗務員、ノンフィクション作家)
【第2部】
「日本経済から見る1985年」 森永卓郎(獨協大学教授)
シンポジウム
日航123便公文書/日本人遺族と英国人遺族の視点から
※当日のシンポジウムの撮影はご遠慮お願い致します。

共同開催:早稲田大学法学部・早稲田大学比較法研究所
世話人:水島朝穂(法学学術院教授)
問い合わせ:03-5286-1803(法学部)/03-3208-8610(比較法研究所)

unnamed11.jpgのサムネール画像

写真家・植本一子さんの最新刊『台風一過』(河出書房新社)とミュージシャン・マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの最新作『銀河で一番静かな革命』の刊行を記念し、トークイベントが開催されます。 

アンダーグラウンドシーンを牽引する存在として注目が集まる、ミュージシャンのマヒトゥ・ザ・ピーポーさんと、心揺さぶる文章、写真を発表し続ける写真家の植本一子さんが、それぞれの新刊の発売を記念して、トークイベントを開催します。
毎日の生活を営むことの重さ。そのなかで立ち現れる孤独。
それらをどう引き受けているのか――?
お二人の日常と、その中で考えていることを創作活動とともに語っていただきます。
トーク終了後にはサイン会を開催いたします。


場所 蔦屋書店3号館 2 音楽フロア

住所 東京都渋谷区猿楽町17 1  3号館 DAIKANYAMA T-SITE蔦屋書店

定員 60

申込 代官山 蔦屋書店オンラインストアにてお申込み。

   代官山 蔦屋書店  03-3770-2525

詳細 https://store.tsite.jp/daikanyama/event/art/6879-2032200517.html

主催  幻冬舎・河出書房新社


【内容紹介】
植本一子『台風一過』(河出書房新社)
2018年1月24日、末期癌を患ったラッパーで夫のECDが亡くなった。悲しみと喪失感が押し寄せるなか、激変していく毎日の暮らし。友人たちの支え、ふたりの娘の成長、そして新たな恋人との出会いの先で、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは――。気鋭の写真家が記録した、新しい家族のかたち。

マヒトゥ・ザ・ピーポー『銀河で一番静かな革命』(幻冬舎)
海外に行ったことのない英会話講師のゆうき。長いあいだ新しい曲を作ることができないミュージシャンの光太。父親のわからない子を産んだ自分を責める、シングルマザーのましろ。陽のあたらない場所を生きる三人の生活が、「通達」ですべて変わってしまう。孤独で不器用な人々の輝きを切なく鮮やかに切り取る、ずっと忘れられない小説。

イベント: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ